初詣に行ってきました

今年は勉強の年ということで

吉田松陰の故郷山口県萩市に行ってきました。

f:id:wakuwaku77777:20180104183627j:plain

f:id:wakuwaku77777:20180104184202j:plain

写真は松下村塾の写真です。

 

松下村塾とは

幕末に、吉田松陰が松本村(現在の山口県萩市)で主宰した私塾。塾生やその門下に、久坂玄瑞(くさかげんずい)、高杉晋作、伊藤博文など明治維新の功労者や元勲を輩出したことで知られる。
松下村塾の前身は、長州藩士で兵学者だった松陰の叔父が開講。松陰も幼少期にこれに学んだ。松陰は長じて藩校明倫館で教鞭(きょうべん)を執るが、脱藩して東北地方などに遊学。1854年に伊豆・下田で、再来したペリー提督の黒船で密航を企てたが、失敗して長州に戻され獄につながれた。翌55年からは生家での幽閉となり、一室で近隣の者に講義を始めた。松下村塾の名を継ぐと共に、受講者の増加に伴い57年に生家隣の小屋を改装、増築した。これが、後に同地に建立された松陰神社境内に、今も残る塾舎である。藩校が正規の武士の子弟以外入学できなかったのに対して、松下村塾は下級の家臣や町人など身分にかかわらず塾生として受け入れた。この時教えを受けたのが、「松門四天王」と呼ばれる久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿(としまろ)、入江九一(くいち)を始めとする塾生である。更に、「松門四天王」のそれぞれの門下には、伊藤博文、山県有朋らが並び、桂小五郎(木戸孝允)や井上馨(かおる)にも大きな影響を与えた。松陰の唱える尊皇攘夷(じょうい)を思想的な軸に、儒学や兵学、史学などが広く教授され、講義だけでなく師弟や塾生が活発に議論も行ったという。松陰は58年の安政の大獄に連座し、59年に捕らえられて刑死するが、多くの塾生が短期間に育った。松下村塾は久坂玄瑞らにより引き継がれるが、門下生らは京都や江戸で倒幕や尊皇の運動に身を挺(てい)するようになり、数年後には閉鎖となる。その後何度か再開と閉鎖を繰り返すが、官職を辞した松陰の実兄、杉民治が80年ごろ再興。漢学を中心とした教育を行い、近代学校制度の整う90年前後まで続いた。

(金谷俊秀 ライター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

 

ここで初代総理大臣伊藤博文などは勉強していたのです。

そして、ここから明治維新があり、今の日本があるのですね。

そう思うと「すごいところに行ったな」と思います。

1月3日でもなかなか混んでいました。

萩はあまり人がいないのですが松陰神社だけは賑やかでした。

外国の方もチラホラ

さすが世界文化遺産!!

松下村塾の方々に負けないくらい勉強をするぞ~

 

ちなみに、今年で明治維新からちょうど150年経つんですね。

方位学に従って山口県萩市に行ったのですが

そんな記念すべき年に行けるなんて今年は何か違うぞ!!

絶対何かある!今年は今までの『限界をぶち抜く』そんな年にします!!