相場師朗の本買うならどっち??

 相場師朗の本買うならどっち??

<img src="株は技術だ"alt=相場師朗 本>

株は技術だ

私が読みやすいと思ったのは旧作の株は技術だです

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)
by カエレバ

 

 

理由としては初心者の人または相場師朗さんのことをあまり知らない人が、読みやすいように作られています。

本にも書いてある通り本人が書いたものでしょう。

一番良いなと思ったことは、投資を始めて、最初のうちはチャートの読み方等分からないと思います。そういう人にも分かりやすくチャートの見方・練習をする方法が書かれていて、これだけあれば他の投資の本はいりません。それぐらい作りこまれていると思います。

 

新作 一生モノの株のトリセツ

<img src="一生モノの株トリセツ"alt=相場師朗 本>

一生モノの株トリセツ

新作の一生モノの株のトリセツ
はどちらかというと相場師朗さんのことをある程度知っている人のために書かれた本だと思います。

相場師朗さんの忍法が株は技術だよりも多く載っていて、お得感があります。

ただ気になったのが、前作よりも読みにくいと感じました。

ライターさんが書いたのでしょうか?

しかしながら、今回は前回よりも必殺技が多くなっています。
7の法則下半身ニチダイ等何回も読んでチャートを見れば
分かる技術が多く買っても損はないです。

 2つの本に共通していること

ここまで、移動平均線を極めている人は日本にはいないのではないでしょうか?

相場師朗さんの強みは何と言っても、相場師朗さんの教える忍法にあると思います。簡単に言うと、必殺技ですが、この必殺技を知っているのと知らないのでは、まったく相場に対する優位性が違うと思います。この必殺技を習得すればどんな人でも稼げます!!

ただ注意しないといけないのが、本を読んでも多少稼げるようになるかもしれませんが、この本を隅々まで読んで、死ぬほど練習しなければ、まったく意味がないです。
相場師朗さんはよく言います。
頭で分かっていることとできることは違う

 

相場師朗さんの本を買ったことのない人は株は技術だをオススメします。

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)
by カエレバ

 

 

 一度購入経験のある方・または中級・上級者の方は

一生モノの株のトリセツ
by カエレバ