練習は裏切らないどう取り組めばいいか by相場師朗 8月7日株塾まとめ

 

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

 

 

<img src="相場師朗の株塾"alt=相場師朗 株塾>

相場を通じて自分を磨く

相場師朗の株塾 | ラジオNIKKEI

今週も株塾がありました。
相場師朗さんが嘆いていました。ラジオ日経で大事なことをやってしまうため自分でやっているセミナーに来てくれないと。そのぐらい毎回かなり価値のある内容をやっていると思います。

今週の言葉はグサッときました。

 


今週の言葉とは、小久保選手がスランプに陥った時にイチロー選手に「モチベーションが上がらない時はないの?」みたいなことを言ったときのイチロー選手の言葉です。「僕は自分の中に磨き上げたい石がある。それを野球を通じて輝かせたい」

どうですか?めちゃ感動しますよね。
つまり、イチロー選手は野球を通じて自分を磨いているんです。だから、モチベーションに左右されないんです。昔からイチロー選手が好きでしたが、もっと好きになりました。

B局面(横ばい)でどうやってトレードするか?

まずは、B局面での想定を固める。
その後、もし自分とは反対の方向へ行ったら最低でもスクエアにできるように練習または実戦経験を積む。

確定的なことを求める人が多いいが、その意識では相場では混乱します。
相場は不確実・裏切るものだと心に刻んだ方がいいです。

不明確な時ほど試し玉!!その後の動きを見て玉を追加していった方がリスクは少なく済みます。

相場師朗さんはチャートギャラリー等のデモで練習してから本番に臨むようにと言っていますが、私は少額でもいいので、実戦で経験値を積んだ方がいいと考えています。

理由は

  • お金がかかっている時とかかっていない時は気合が違う。
  • 練習と本番の経験値が違う
  • 本番の失敗の方が練習よりも頭に残る

相場は自分を磨くためのもの。もし想定通りトレードをしないのならば、それは自分の悪いところ。自分を磨くことにはならない。自分を磨きたいのならば、ルール通りにやること!!

思いのベクトルが変われば、過程も結果も変わる。 by shiro

相場師朗さんのことを詳しく知りたい方は

相場師朗の株塾 | ラジオNIKKEI

か本をお読み下さい。

 

www.toushinokamo.com

www.toushinokamo.com

 

 

www.toushinokamo.com