お金で損する人・得する人の心理学  メンタリストDAIGO

お金で損する人・得する人の心理学


お金で損する人、得する人の心理学

そして、ある一定までは、お金を稼ぐと幸せが得られる。
しかし、ある一定以上になると次第に人生の幸福度は減少する。

理由は、お金を稼ごうとすると人は一人になろうとする。
だから、人生の幸福度は減っていく。

DAIGOさんの対処の仕方として、
お金を稼ぐ勉強と並行して、人間関係の勉強をするべきだと言っています。

確かに私は、お金を稼ぐことに集中して、人間関係一切にかかわらずに過ごしています。もう少しお金が稼げるようになったら、気をつけねば。

相対思考

 

人間は、チャンスを逃す方向にお金を使う。
これは、最初の直感でお金を使う方向を間違えている。
なので、チャンスを逃さない方向にお金を使わないといけない。
つまり、他の人が見ていない方向にお金を使うようにしなくてはいけない。

 

人間はありえない損を恐れる

例えば、9.11のテロがあった時に、飛行機に乗らなくなる。
ただ、このことはオカシイ。
理由は、確率的に低いため

横断歩道を交通事故を恐れてビクビク歩く人は少ない。

理由は、交通事故が起きる確率が低いことを知っているから。

テロが起きる確率はハッキリ言って交通事故が起きる確率よりもはるかに低い。

このように、人間はありえないことを恐れてしまう。

人間の高い・安いの決め方

元々の値段から安い・高いを決める。

例えば、
自転車のレンタルが家の目の前の店で2500円
歩いて10分の店で1000円でレンタルできるとすると
あなたはどっちを選びますか?

 

たぶん、歩いて10分の方を選んだのではないでしょうか?

次の例を挙げると、
車が家の目の前の店で100万2500円で売られていたとします。
歩いて10分の店で100万1000円で売られてました。
あなたはどちらで買いますか?

 

たぶん、目の前の店で買うのではないでしょうか?

同じようにカメラの付属品が10万円・20万円するとしたら高いと感じます。
しかし、車の付属品が10万・20万だったらそこまで高いと感じません。

これが相対思考になります。

旅行会社の海外ツアーは良くない?

理由は、
めちゃくちゃ高いから。
人間は面倒なものを嫌う性質があるため海外ツアーで行きたがりますが、かなり高いですので、自分で飛行機・ホテル等は取るようにしましょう。

どのくらい違うかというと、ツアーで行くとエコノミークラスです。しかし、ツアーと同じ旅行の費用で、同じところに行くのでも、自分で飛行機・ホテルを予約するとビジネスクラスで行けちゃうみたいです。

ツアーで行くような人は、いつまで経ってもお金が貯まりません。

余談ですが、飛行機の航空券が一番安いのは6ヶ月前・3ヶ月前みたいです。
なんか株とか為替の相場みたいですね。株・為替のトレンドも3ヶ月・6ヶ月周期ですからね。

心理会計

人間は心理的財布がわかれています。

例えば、普通に買うと1本1万円のお酒でも、ホテルに行くと3万円以上します。
普段は3万円のお酒なんて高くて買えないと思っている人でも、場所がホテルなどになるとついつい財布のヒモが緩くなってしまうことを言います。

こんなことをしていると、お金が出ていくだけです。

マイカーとタクシーどっちがお得!?

タクシーに乗ると少しリッチな気分になったりします。
なので、もったいない気がしてタクシーを使う人は少ないのではないでしょうか?

しかし、マイカーよりもタクシーを使った方がお得なのをご存知ですか?

マイカーだと駐車場代や車検等の維持費に結構お金がかかります。
タクシーは維持費はかからないので、タクシーの方が安いのです。

タクシー代は、1週間に1万円も使えるのです。
なかなか、1週間にタクシー代1万円もならないですよね!?