豪ドル円の目線変更!? 2018年9月

豪ドルは反発?


ラジオNIKKEI「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」 9月13日

 

ザイFX!の西原さんのコラムをyoutubeで詳しく解説されています。

 

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX! の西原さんのコラムでは、

 

中国当局が2630ポイントレベルを意識していて、そこをサポートにするのでは…という見方もあります。

【参考記事】
9月入りで相場のセンチメントに変化…!? 米国株調整入りなら豪ドル下値余地拡大!(9月6日、西原宏一)

 結果、2638ポイントを目前に下げ渋っている時間が経過している間に、個人的に指針としている、デマーク(※)チャートを見てみると、ダブル13を点灯させ反発を示唆していました。

(※編集部注:「デマーク」とはTDシーケンシャルなどのテクニカル指標を開発したトーマス・R・デマーク氏のこと)

上海総合指数が反発するサインが出てきている為、 反発する可能性があるみたいです。

なので、豪ドルもいったん短期的に反発するのではないかと考えているみたいです。

 豪ドル円のチャートで考えてみる。

週足

<img src="豪ドル円"alt=豪ドル円 チャート ヘッドアンドショルダー 9月15日>

こっちのヘッドアンドショルダーの方がシックリきます。
先週までは、

f:id:wakuwaku77777:20180907194643g:plain


こっちで考えていましたが、

 

www.toushinokamo.com

上のチャートの形のキレイな方で考えます。

 

このチャートを見る限り、今の上昇は一時的なものだと考えています。
たぶん来週か再来週までの上昇に終わると思います。

理由は、

先週も言いましたが、ヘッドアンドショルダーのネックラインを抜けてきているので、ネックライン試しの上昇が一回来て、上げきれずに下落パターンだと考えています。

そして、これも先週言いましたが、60週線が100週線を下回ろうとしています。次のローソク足が出れば間違いなく貫いてきます。そうすると、移動平均線の順番が、上から300・100・60・20・5週線の順番になり逆パンパカパンになります。よって、かなり強い下落になる可能性が高いです。

 

www.toushinokamo.com

しかし、注意点が一つあります。
それは、100週線の向きが、まだ若干上向きなので完ぺきな逆パンパカパンではないということです。これが下を向くまでに、1~2週間かかると考えています。本格下落はそれからだと考えています。

日足

<img src="豪ドル円 チャート"alt=豪ドル円 チャート 9月15日 日足>

日足を見てみると、
ラインブレイクして、下に下がった調整が今起きていると考えています。
4日上昇してからの金曜日のライン上抜け失敗です。

今は、5日線の上にローソク足があることから、完全なパンパカパンではないのですが、ローソク足が5日線の下に出てきたらオモシロイ展開になると思います。

私の予想では、前回ラインブレイクしてラインの攻防で、5日ぐらいやっているので、今回も5日ぐらいラインの攻防をするのではないかと考えています。

なので80.50以上は死ぬほど売っていきたいと思います。

 

MT4スプレッド2