リスクオン相場!まだまだ上昇は続くのか!? 11月3日

SBI FXトレード

先週は急激な上昇にビックリしました。
私は昨日からベトナムに来ているので、
豪ドル円はストップをいつもよりもタイトにしていましたので、いつもよりも損切りが少なく済んで結果オーライな展開になりました。

そして、ドル円も予定ラインまで下げてくれたので、今は含み益を抱えている展開となっています。

ドル円の上昇はどこまで!?

 

この前の予定通り

www.toushinokamo.com

<img src="ドル円 チャート"alt=ドル円 チャート 11月3日 日足>

112.50~112.60のラインがかなり強い抵抗があり一度50割れを目指しに行きましたが、失敗に終わり下値を徐々に切り上げながら上昇していきました。

結果113.324円まで上げてきた展開です。
欲を言えば、水曜日の113.38の高値を超えてほしかったです。

しかしながら、W底をつけてWの抜けてほしい部分を終値ベースで抜けてきているので、これはかなり強い上昇が期待できるのではないでしょうか。

本格上昇になるのは、
20日線(緑)が上を向いてくれば、パンパカパンの形に戻ります。そしたら、前の高値を目指し抜いてくる展開になるのではないでしょうか。

 

www.toushinokamo.com

もし、直近の高値を越えると118.60ぐらいまで抵抗ラインがないのでさらなる上昇が期待できます。

ひとつ気をつけなければならないのは、
ファンダメンタルズですね。
11月にアメリカ大統領中間選挙
12月にドイツ銀行の決算発表
等がありますので、これ次第では世界的に株が崩れ一気にリスクオフになる可能性も考えとかなければなりません。

なので、戦略的にはトレールで利益を確保しつつ、節目節目で利食っていきたいと思います。

豪ドル円

<img src="豪ドル円 チャート"alt=豪ドル円 チャート 11月3日 日足>

先週はかなり豪ドル円が急騰しました。

限界運動量が70PIPSぐらいなのに、平気で100PIPSも上げてきていたので、かなり強いのが分かります。

 *限界運動量とは、私の場合1ヶ月と3ヶ月の平均値幅を見ています。

しかしながら、一旦上昇が一服した感じがあります。
理由は、日足が100日線を越えて終わり値が引けたのですが、長い上髭で引けています。なので、一回ヘッドアンドショルダーのネックラインの赤ラインまで下がってくると考えています。
その後のプライスアクション次第ではもう一度ショートを構築していきたいと思っています。

理由は、まだまだ週足がかなり弱い形をしているためです。

しかし、中期的にドル円がかなり強く上昇してきそうな感じがあるので、しばらくは横横の動きになるかもしれないので様子見ですね。

 

SBI FXトレード