今週はポンド円はやりにくいか。豪ドル円も微妙か!?

FX ポータル

先週までポンド円・豪ドル円のトレードを中心にやってきましたが、ポンド円は日足で微妙な形になってきたので、今週は、日足でやりやすそうなドル円・ユーロ円に絞っていこうと思います。

ポンド円のチャート

 

f:id:wakuwaku77777:20181119112722p:plain

先週までは、移動平均線に支えられていたので、移動平均線付近でロングを持てればかなりやりやすかったです。

今は、木曜日の急落で20・60・100日線をすべて割ってしまったので、下に抵抗ラインがない形となっているためロングはかなりやりづらいです。

直近安値のある38.2%付近まで下げることがあれば、そこをバックにロングを持っても良いように感じますが、まだ何とも言えない状況ですね。

f:id:wakuwaku77777:20181119113323p:plain

週足でも先週20・100週線を下抜けているのでさらに下がる可能性があります。
ショートで持つことも考えられますが、それも先週の急落に対するショートカバーの状況を見て決めていきたいです。

今の所上にも下にも、なかなかいかないので、今週は手を出さないことにします。

豪ドル円

f:id:wakuwaku77777:20181119113820p:plain

豪ドル円のチャートの形はまだ上に行きそうな形をしているので、上がる可能性もあります。

しかしながら、今は前回止められた青の抵抗ラインに来ています。
なので、ここは抜けるのか下げるのかを見ていきたい局面となっています。

一応モノワカレになっているので、上げる可能性も高いと思います。
しかし、このまま上げてくると、また5日線(赤)と20日線(緑)が大きく離れることになります。

前に紹介したように

www.toushinokamo.com

 赤と緑が離れすぎることはあまりないです。
今年の平均が大体120~130pipsぐらい赤と緑が離れています。
この前まで170PIPS 離れていました。
なので上げすぎと判断していました。

今は赤と緑が約120PIPS離れています。
今回モノワカレで上昇するとなると、
今年の平均値からまた離れていくことになります。

なので、ここでレンジを作るか下がるかのどちらかではないでしょうか?

f:id:wakuwaku77777:20181119114302p:plain

週足を見ると、いい感じに上げてきているのが分かると思います。
ただ、よく見ると先週の高値が先々週の高値を抜けていません。
なので、ロングが少し弱くなってきたことが感じられます。

直近の最安値から4週間で約450PIPS上げています。
週足ベースでみるとそろそろ調整が入ってもいいのではないでしょうか?

一回5週線または20週線を今週・来週に試しに行くと考えています。
ただ、まだまだ上がってしまう可能性もありますので、明確なサインが出るまでは様子見をしようと考えています。

 

SBI FXトレード