【相場師朗の手法まとめ】相場師朗さんの手法は初心者の方でも簡単です!

ローソク足・チャートパターン

相場師朗さんの手法について詳しく知りたいな。複雑なインディケーター使ったり、難しい手法なのかな?

 

相場師朗さんの手法はたくさんあります。しかし、どれも分かれば簡単な手法です。また、高額なインディケーター・ツールなどは必要なく、誰でも、どの証券会社でも無料で手に入る【移動平均線】を使います。

今回は相場師朗さんの手法について書いていきます!

相場師朗の手法は移動平均線を使う!【色も重要】

相場師朗さんの手法は【移動平均線(SMA)】を使います。

移動平均線(SMA)の設定値は

  • 5(赤)
  • 20(緑)
  • 60(青)
  • 100(紫)
  • 300(オレンジ)

基本は、この数字を使います。

相場師朗さんの移動平均線の色も同じにしておくと、本・セミナー・YouTubeなどのチャートを使った解説も分かりやすくなります。

【相場師朗の手法】下半身・7の法則・ものわかれ・N大【初級編】

相場師朗さんの手法【初級編】を紹介していきます。

  • 下半身・逆下半身
  • 7の法則
  • ものわかれ
  • ニチダイ・逆ニチダイ

以上4つを下で詳しく解説していきます。

下半身・逆下半身

これが一番分かりやすい忍法です。

  • 下半身⇒5日線の上に陽線で体半分出た形のこと
  • 逆下半身⇒5日線の下に陰線で体半分出た形のこと

f:id:wakuwaku77777:20180106103556g:plain

下半身・逆下半身については⇓の記事にまとめています。

7の法則

【7の法則】は相場師朗さんの手法です。

どんな上昇も連続7営業日(7つのローソク足)以内で上昇は一回休憩するという法則。

7の法則・9の法則については⇓の記事に詳しくまとめています。

ものわかれ・逆ものわかれ

【ものわかれ・逆ものわかれ】が起きる時は、相場の流れが強い可能性が高いです。

トレンドが出来ている時が多いので、一番利益になりやすいです。

形としては、チャートを見ていただければ分かりやすいです↓

<img src="img_5f8c04e00f2dc.png" alt="チャート ものわかれ 逆ものわかれ 説明 ドル円 MT4">

5日線(赤)が20日線(緑)の所で反発しています。このことを、【ものわかれ・逆ものわかれ】といいます。

また、【ものわかれ・逆ものわかれ】の形が崩れたら損切りをすればよいので、損切りポイントが明確だし、損切りが浅くなりやすいという特徴があります。

【ものわかれ・逆ものわかれ】については↓の記事にまとめています。

ニチダイ・逆ニチダイ

ニチダイがハマるとかなり大きな利益を取ることが出来ます。

N大と書いてニチダイと読みます。

5日線と20日線が一度くっつきそうになり5日線がNの形をするのが、ニチダイ・逆ニチダイです。モノワカレの後のNの形が要注意です!!

これが強い相場の前触れであることが多いいです。

f:id:wakuwaku77777:20180106110500g:plain

気をつけなければいけないのが、ニチダイの最初の方はいいですが、3回4回と20日線に触れてくると相場が弱ってきている証拠なので狙うなら1回目か2回目ぐらいでしょうか。

3回目以降は勝率が下がり、急落が怖いので、あまり手を出さないほうが良いと思います。

※逆ニチダイも同じように考えます。

【相場師朗の手法】クチバシ・高校生タイム・バルタン星人・パンパカパン【中級編】

  • クチバシ・逆クチバシ
  • 高校生タイム
  • バルタン星人
  • パンパカパン

相場師朗さんの手法の中で、パンパカパンが出た時はラッキータイムです。大きく値幅が狙えて、稼げます。

クチバシ・逆クチバシ

クチバシとは5日線が20日線を下からクロスする形がクチバシみたいなのでクチバシと呼ばれています。逆クチバシは上から5日線が20日線をクロスした形のことを言います。

少し投資をかじったことがある人は分かると思いますが、ゴールデンクロス・デットクロスに似ていますが、少し違います。

違いは、ゴールデンクロス等は移動平均線がクロスしたことを言います。

しかし、クチバシとはクロスした後、5日線と20日線が同じ向きを向いていなければいけません。

f:id:wakuwaku77777:20180106135815g:plain

f:id:wakuwaku77777:20180106140102g:plain

このクチバシ・逆クチバシは一番注目するところです。

大相場になる前には必ず出てくるものなので覚えておきましょう!

高校生タイム

f:id:wakuwaku77777:20180106140900g:plain

20日線と5日線がより寄り添って上を向いています。

これが高校生タイムです。

強い相場の時によく現れます。ちょっとやそっとではトレンドが崩れません。

これを知っておけば早い利確を防げます。

また、押し目をうまく拾っていけば、利益を最大まで伸ばすことも可能!!

バルタン星人

<img src="バルタン星人"alt=相場師朗 バルタン星人>
バルタン星人とは、一度上昇した後、調整してもう一度前の高値を目指したが駄目だった時がバルタン星人です。相場師朗さんの手法の【トライ届かず】とも言います。

トレーダーの間では、ダブルトップ・ダブルボトムという名前で呼ばれています。

バルタン星人は相場の転換点で見られる形なので、必ず覚えましょう!

パンパカパン

これは究極に相場が強い状態を言います。

上から5日線・20日線・60日線・100日線・300日線

の順番になっている状態を言います。

ちょっとやそっとのニュースでも、ビクともしないのがこのパンパカパンです。

f:id:wakuwaku77777:20180106162906g:plain

強い下落相場では、逆パンパカパンといい、この逆の並びになります。

相場さんに「資金の少ない人が効率よくお金を増やす方法はありませんか」と聞いた人がいました。返ってきた返答は【N大(ニチダイ)】だと答えています。パンパカパン中のニチダイはラッキータイムです!
上位足でこのパンパカパンが出ていたら注意が必要です。例えば、4時間足でトレードしていて4時間足のチャートが崩れてきたとします。なので、5分足逆ニチダイでショートを入れました。しかし、日足を見たらパンパカパンが出ていました。その場合、あまり相場が崩れない場合が多く、Wボトムでそのまま上がってきてしまうというパターンが多いです。なので、上位足でパンパカパンが出ていたら、あまり逆らわず、下位足の形が整ってから順張りしましょう!

パンパカパンについては⇓の記事に詳しくまとめています。

もっと詳しくし相場師朗さんのことを知りたい方は本の購入をお勧めします。

 

コメント