2018年1月25日円相場(ドル円 ポンド円) 

トレード戦略

ポンド円の研究

今日は仕事が休みだったので、一日中ポンド円のスキャルピングの研究をしていました。
いや~今年のマイブームになりそうです。
しかしながら、ポンド円の勝率はまだ悪いです。

昨日のショートまだ持っています。
昨日はイギリスの雇用統計を頭に入れてなかったのが悔しいです。
155.50付近でショートを追加しています。
しつこくショートです。
たぶんそろそろ落ちてくると思っています。
目標値は150円です。

ポンド円のスキャルピングは、終値をラインで結んでバルタン星人を探すと勝率が結構高いです。

30分足の150分線の上にいる時ロングで入り下にいるときショートで入るとかなり勝率が高くなります。

ポンド円の場合
下がりそうなチャートを、1分足でしていても即効否定される可能性が高いので30分足を見ながらやったほうが勝率が上がりました。

ポンド円目線

<img src=ポンド円1分足"alt=ポンド円1分足>

今見ていない30分間の間に50pointぐらい上がっています。
うち最初の5分間で、30point上がっています。
これ取れたらヤバいです。
普通に1日のデイトレでとれる平均ぐらいを、たった5分で取れてしまうのですから
逆に言えば損失が一気に膨らみますからね。
なので悪魔の通貨と言われるのですね。

ドル円

ドル円はあっという間に108円台に突入しました。

最近毎年1月は下がっていますね。

<img src="ドル円"alt=ドル円 日足チャート 1月25日>

今日の終値次第で調整が入るか、そのまま明日も下落か決まりそうな形をしています。

ポンド円とか豪ドル円とかに、こだわらず、ドル円をやっておけばかなりの収益になっていったなとかなり後悔しています。

気になるニュース

jp.reuters.com

長らく「強いドル」を掲げてきた米通貨政策。異例ともいえる今回の財務長官発言は、現在のところ市場では「通商問題で強硬姿勢をアピールしようとしただけではないか」(外銀)などとして、通貨政策の抜本的な変更を示唆したものではないとの受け止めが優勢。大統領も火消しに回れば、ドルは多少切り返す可能性もある。

引用ロイター

明日のトランプ大統領の講演で、来週のドル円の方向が決まりそうです。

DMM FX

コメント