仮想通貨バブル崩壊ではない可能性 2月5日 リップル ビットコイン イーサリアム

イーサリアム(Ethereum)

バブルは崩壊していない?

週末に考えてみたのですが、まだ調整局面じゃないかと思うんですよね。
理由は

jp.cointelegraph.com

このニュースでもあるように、ビットコインの分岐の多いい理由はお金目当ての人たちが多いいから。

こういう大して技術のない人が入ってくるわけなので、まだまだ需要はかなりあると思いました。

こういうお金目当ての人達がカモられてはじめてバブル崩壊なのかなと週末にフト思いました。

3月のG20次第ではありますが、今年いっぱいぐらいまで仮想通貨全体が強いのではないかと思っています。

何にも中身のない仮想通貨がなくなり始めるまで、このバブルはまだ続くと思いました。

なので買い増しに動きたいと思います。
しかし、難問が・・・
コインチェックさん早くしてくれ~

リップル

<img src="コインチェックTRADEVIEW"alt=コインチェック チャート リップル>

100円が重くなってきました。
一度50円ぐらいまで下げての上昇でしょうかね?
リップルはこのチャートの形だと手が出ません。
もう少しチャートが良くなるか、50円台突入で買いを追加したいです。

ビットコイン

f:id:wakuwaku77777:20180205151755g:plain

ビットコインは白ラインが重いですね。
もう一段下に下がりそうです。

たぶん今までの感じだと、一回下に大きく下げてカモを狩ってからの方がビットコインは上がりやすくなると思います。

なので一度大きく下げてほしいですね。

イーサリアム

f:id:wakuwaku77777:20180205152326p:plain

イーサリアムのチャートを見ているとなんかいつも上がりそうなんだよなと思ってしまいます。

ただ、上がりそうと思っていると下がってくることがイーサリアムは多いいので、ビットコインが回復するまで待とうと思います。

結果今週は為替の方が面白そうですね。

そして、先週言っていたビットコイン下がると株も利確のため下がってくる連鎖が起きてきていますね。

仮想通貨は今週注目です。

仮想通貨ニュース

jp.cointelegraph.com

この中でリー氏はコインチェックについて語っている。

取引所がハックされたのは不運だということ。予想できなかったことではない。だが仮想通貨の世界の掟はこういうものなのだ。「金銭的な自由を持つ」というのは自分の金銭を自分で完全にコントロールするということだ。だが取引所に管理を渡してしまえば、取引所があなたのお金をコントロールしてしまい簡単に無くしてしまうだろう。そしてこれが取引所がハックされる最後のケースではないだろう。

引用:コインテレグラフ

今回のハッキングは会社のみの責任ではなく、個人の責任もかなりあるということだ。
確かにどの取引所でもハッキングのリスクはかなり高いのであろう。

自分の資産を守る為には、
自分自身で保管するのが一番なのであろう。

Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレット 【正規品】

どうやら
今回のコインチェックの一件で売れまくってるみたいです。

そして仮想通貨のこれからについても

チャーリー氏: 聞くもの、見るものに大きく影響されるのはまさに人間の性だ。私は価格面でライトコインとビットコインにとても強気だ。だが短期では上下どちらにも大きく動き得るし、予測するのは難しい。

投資哲学は

資金を失う多くの人は、高値もしくは上がる途中で買う。価格が大きく下落し、売らなくてはならなくなる。なぜなら失うには大きすぎる資金だからだ。そして安値で売り、次の上昇に乗ることができない。

人々は(私のツイート)を誤解し、私がライトコインが90パーセント下落するから売れと言っているのだと理解した。90パーセントの下落はあり得ることだ。だが、私は可能性を挙げているだけだ。価格変動が大きすぎるため、失っても良い資金しか投資するべきではないと言っているのだ。長期では視界は良好だが、短期では誰にも分からない。

確かにそうだと思った。

多くのお金持ちになる人は、基本逆張りでお金持ちになる。
下がるから売るのはカモ、下がるから買うのが賢い投資

ものに例えると
欲しい車を最高値で買うのと、少し待って50%の割引期間で買うのは、どちらで買うのが賢いだろうか?

今の相場でどこが底かは誰にも分からない。
なので、最悪を考えながらも仕込んでいった人が金持ちになる。
この原理は変わっていないと思う。

どうやら下の正規店でも世界的に品薄が続いているようです。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

それだけ衝撃の事件だったということでしょう。

コメント