為替FX会社良いところ・悪いところ OANDA ヒロセ通商 JFX

FX会社

 前回紹介した会社

FX会社で悩んでいる方は、こちらもご参考にしてください。

www.toushinokamo.com

為替FX会社のメリット・デメリット OANDA ヒロセ通商 JFX

今回も、日本の私が使ったことがあるFX会社を紹介していこうと思います!

結論を言いますと、
MT4を使いたいなら⇒OANDA 一択です!

スキャルピングをやりたいなら⇒ヒロセ通商・JFXが良いと思います。

OANDA JAPAN

MT4スプレッド

OANDAを紹介したいと思います。

ここの会社の良いところは

  • 1通貨から取引可能個人のレバレッジは25倍なので、ドル/円だと、4円から取引が可能です。取引単位も1通貨の為、1通貨刻みの細かい取引が可能です。強制ロスカットも、1通貨ギリギリまで耐えられるため、値動きが反転するのを待つ事も可能です。
  • 国内FXでは数少ないMT4が使える。
  • チャート
    日本の業者には滅多に無い5秒足まで見れるため、デイトレーダーの方には重宝されています。

悪いところ

  • 証拠金率が100%を切ると強制ロスカットがある。
  • 初回入金が10万円以上
  • ドル円とかのスプレッドが若干広いドル円のスプレッドは他の会社が0.3なのに対し0.4と若干広い
  • よくわからないところでスプレッドが広がったりする。

まぁ悪いところはその人のトレードスタイルにより結構変わるので、気にならない人は気にならないと思っています。

初回入金額も他の会社に比べると高いですが、FXをやるのなら口座に5~10万円は最低欲しいと思いますので、そこまで悪いとは思いません。

全体の感想としては、MT4なので使いやすいと思います。
約定拒否はなかったです。
しかし、
ちょっとした流動性の変化についていけないのか、指標でもなんでもないところでドル円とか5PIPSぐらい広がったりします。

1~2分で収まりますが、そこが気になりました。

MT4スプレッド2

ヒロセ通商

lionfx

ヒロセ通商 LION FX

良いところ

  • 1,000通貨から取引可能!しかも手数料が無料!
  • 小林芳彦のマーケットナビが全て無料で見れる!
  • お得なキャンペーンを毎月開催!
  • スキャルピングOK
  • スマホではチャートを見ながらワンクリックトレードできるのが便利。

悪いところ

  • 証拠金維持率100%で強制ロスカット
  • チャート画面に
    マーケットA・B・チャート
    3つのチャート画面があるのですが、
    例えば
    マーケットA のチャートを変更しても 、マーケットBとチャート画面には変更したことが反映されず、一つずつ変更しなければならないのが不便
  • チャート画面に移動平均線が3本しか引けない

全体的な感想

約定拒否はなかったです。

毎月食べ物とかもらえるキャンペーンが魅力なので、FXやりながらプラスαを求める人にはオススメです。

何処の証券会社もそうですが、スプレッドが急に広がるのはやめてほしいです。(指標以外で)

スマホでトレードするなら今の所、ここと次に紹介する会社JFXは取引ツールが同じなので一番使いやすいと思います。

為替

JFX

マトリックスレーダー

JFXは上のヒロセ通商 LION FXの子会社になります。
そのため取引ツールはほとんど同じになります。
なので、良いところ・悪いところはほとんど同じになります。

しかし、
パソコンではスキャルピングに特化した取引チャートがあります。

ですが、私のパソコンの性能が悪いためまったく使い物にならなかったのが残念です。

LION FXよりも取引高に応じてお金のキャッシュバックに力を入れている印象をうけます。

MATRIX TRADER

コメント