リップルついに50円の壁決壊!! 仮想通貨全般 ユーロ円

トレード戦略

リップルついに50円の壁決壊

f:id:wakuwaku77777:20180629202900p:plain

昨日のブログの通り

www.toushinokamo.com

リップルがついに、50円の壁が決壊しました。

f:id:wakuwaku77777:20180629202730j:plain

こんな感じの人も多いのではないでしょうか?
私もリップルホルダーなので、正直きついですね。

しかし、割れて前回の安値も割れているのに、価格が走らないですね。

誰か買っているのでしょうか?

f:id:wakuwaku77777:20180629203955p:plain

という記事を書いていたら、急にリップルが走り始めました。

どこまで下がるのでしょうか?
仮想通貨全体の流れからすると、急騰前の水準の25円付近まで、下がることも考えなければいけませんね。

今後に注目です。

ユーロ円

ラジオNIKKEI「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」 6月28日

ユーロ円とは関係ありませんが、ファンダメンタルズ等の最新情報が欲しい方はおすすめです。

FX ポータル

または木曜日に更新されたコラムも参考になります。

今日は休みだったので、ずっと為替市場に張り付いていました。

f:id:wakuwaku77777:20180629204926p:plain

そのせいでなかなかチャートが、汚くなってしまいました。

左のチャートの大陽線で、結構損失を出してしまいました。

今日は損失からのスタートでした。

しかし、今は何とか取り戻しプラスに転換しています。
この大陽線にはマジで(・.・;)こうなりました。

この大陽線の原因は、なんと急に難民問題が合意してしまったのです。

誰もが予想していなかったと思います。

これにより損失を出しましたが、ボラティリティが高いおかげで何とか利益はプラス転換しました。

ハッキリ言って、めちゃくちゃ疲れました。

自分の手法通りにほぼ動いてくれて良かったです。

ちなみに今の大きな波は、ショートで考えています。
左のチャートの一番上の青ライン、フィボナッチ数列ですが、これを30分足のローソク足が終値ベースでぶち抜かない限り下で考えています。

目標は青ライン61.8%の127.90付近急騰の全戻しを考えています。

世紀の相場師 ジェシー・リバモア

www.toushinokamo.com

世紀の相場師ジェシー・リバモア (海外シリーズ)

前にも紹介した本です。
今やっと6割ぐらい読み終わりました。

その中で心に残った言葉を何個か

  • 偶然にかける男がつましく暮らす例はない(サミュエル・ジョンソン)
  • 相場で成功できない投資家は、希望と縁のきれない人達。市場では希望は貪欲と表裏一体
  • 相場で傷を負いたくなかったら、事実・現実・論理から一ミリたりとも離れないこと。
  • 好ましくない結果が生じたとすれば、市場が間違った間違ったのではない、トレーダーが間違いを犯したのだ。

これは一部ですが、
どうしても損失が膨らんでくると希望に頼ってしまいます。
しかし、利益があるときは、手法通りにきっちりやっているので、利益が残っています。
知らず知らずのうちに、自分のルールを破っている時があります。
その時に8割以上の損失を抱えている気がします。

ジェシー・リバモアでさえ、ルールを破った時に破産しています。
やはり人間はルールに忠実にやったほうがいいのですね。

この本のいいところは、ジェシー・リバモアの失敗を書いている所ではないでしょうか?

多くの本は自慢話が多いいのですが、この本はそんなことはなく、失敗は失敗と書きその時の
心の在り方・対処法を書いているのが良い点だと思います。

コメント