【相場師朗の秘技?】300日線を正しく使えば儲かる!!

トレード道具

いつも急落・急騰中の逆張りでやられてしまいます。急落とか急騰がどこまで続いて、どこで反発する可能性があるのか知りたいです。

 

このようなお悩みの方に向けて書いています。結論⇒300日線を表示すると良いですよ!

スプレッド最狭水準宣言

【相場師朗の秘技】300日線は正しく使えば儲かる!

300日線は正しく使えば儲かります。

以下で詳しく解説していきます。

300日線とは

<img src="300日線の攻防"alt=300日線の攻防 8月17日 チャート ドル円>

相場師朗さんが使う300日線は単純移動平均線(SMA)です。

オレンジ色の線が300日線です。

チャートを見ていると、300日線で見事に反発・反落している所が結構あると思います。

300日線は1年の平均線なので、かなり意識されています

300日線の考え方

相場師朗さんは、
・ローソク足が300日線の上にある場合「人間
・ローソク足が300日線の下にあるときは、「妖怪
と読んでいます。

どういうことかというと、人間の時は買い圧力が強く、妖怪の時は、売り圧力が強いと考えています。300日線の上にあるチャートは人間なので買い目線でいいということになります。

300日線の向き

300日線の向きはかなり大切です。

  • 300日線が上向き⇒買い目線
  • 300日線が下向き⇒売り目線

300日線が下向きということは、売り圧力が強いということ。逆に上向きなら買い圧力が強いということ。そして、横ばいということは、売り買いの攻防があるということ。

300日線から相場の流れが変わる

300日線を基準に相場の流れが変わることが多いです。

300日線を抜けるときは、一度で長いローソク足が出て貫くか、または3回以上つついて抜けていくかのどちらかだと思います。

1度で抜けていくときは、戻しで300日線を試しに行くことも多いいです。なので、300日線を勢いよくぬけても、ついていかずに、一度待って戻りを確認し、反発・反落してからでも遅くないと思います。

300日線は利食いポイントに使うのがオススメ

<img src="img_5f484ac40213b-e1598573278188.png" alt="mt4 300日線 説明 チャート">

300日線は利食いポイントに使うのがオススメです。

理由は、300日線で相場が悩むことがかなり多いからです。
もしかしたら、そのまま上がっていったり・下がっていくかもしれませんが、相場の格言『相場の頭と尻尾はくれてやれ』にもあるように少しでも怪しい場面が来たら逃げたほうが良いです。相場では欲を出していいことはありません。次のチャンスを待ちましょう!

<img src="img_5f484bcba2498-e1598573761269.png" alt="ポンド円 5分足 急落 チャート 説明 300日線">

短期足の急落場面は利食いポイントにすれば、チャートの尻尾で利食いが出来ることが多いです。

<img src="img_5f484c0eb9ef1-e1598573858744.png" alt="ドル円 5分足 急落 300日線 説明">

↑のドル円のチャートみたいに300SMAにぶつかってからさらに下がってくることもありますが、こういうのは気にしないようにしましょう。

もし利食い後さらに下がりそうなチャートの形になったら入り直せばいいだけです。

 

300日線(300SMA)に時間軸は関係ない

損失がある人
300日線ということは、日足でしかつかえないのかな?

このように考える方もいると思います。

しかしながら、300日線(300SMA)には時間軸は関係ありません!

1分足・5分足・1時間足などチャートが表示できるものはすべて300日線(300SMA)で同じような動きになります。

相場師朗さんの他の技と組み合わせるともっと勝率が高くなります。

相場師朗さんについてもっと知りたい方は本を読むことをお勧めします。

【2020年】相場師朗オススメ本のランキング【随時更新中】
相場師朗さんの本が色々出ているけど、どれがお勧めなんだろう 今回は相場師朗さんの本でオススメなものを紹介していきます

コメント