MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。現在32歳です。趣味でリゾートバイトをして全国を巡りながらトレードをしている兼業トレーダーです。
FX会社ランキング
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
自動売買におすすめ

【相場師朗の秘技】下半身は低リスク・ハイリターン!!【相場は下半身から始まる】

相場師朗さんの下半身はどういう手法なんだろう?知っていれば稼げるようになるのかな?

今回はこのような疑問に答えていきます。

実は、相場師朗さんの下半身を知っていれば、相場の初動を掴むことが可能です。

また、短期移動平均線(5SMA)とローソク足の動きを見ればいいだけなので、非常に分かりやすい手法です。

この記事では、相場師朗さんの下半身の法則について詳しく解説していきます。

目次

下半身は低リスク・ハイリターン!【相場は下半身から始まる】

<img width=

全ての相場は、下半身・逆下半身から始まっています。

このことを深く理解できれば、相場の頭と尻尾を取ることも可能かもしれません。

下半身・逆下半身は相場師朗さんの最も有名な技になります。

下半身とは

ローソク足が5日線(赤い線)よりも陽線で、体半分出る形のことを言います。

ラジオ日経では、公共の電波ということもあり、半分の法則と呼ばれています。

下の図を見ていただければ分かりやすいと思います。

<img width=

相場はこの下半身から始まります。

相場師朗さんは「もし自分の考えが下目線でも、この下半身が出たら、とりあえず買いなさい」と言っているほど信用できる技になります。

チャートで見てみましょう⇓

f:id:wakuwaku77777:20180824091315g:plain

黒丸が下半身です。

このチャートは半年分ぐらいのチャートですが、下半身は、8回出現しています。

赤丸は、下半身だったのですが、失敗に終わったものです。

チャート上の下半身は全部で8回あります。そのうち6回は上がっているので、確率は75%になります。

1年で下半身だけで結構稼げる気がします。

確かに相場師朗さんも最初のうちは、下半身とモノワカレだけで十分勝負ができると言っています。

モノワカレを知らない方は、↓の記事にまとめています。

逆下半身

逆下半身とは、ローソク足が5日線(赤い線)よりも陰線で半分出る線のことを言います。

図を使って説明します⇓

<img width=

チャートで逆下半身を確認しましょう⇓

<img src=

先ほどのドル円チャートと同じです。
半年間のチャートです。

逆下半身が出ているところは、5回あります。

移動平均線の向きが上向き・パンパカパン中なので、買い圧力が強い時期です。

それにも関わらず、逆下半身が出たところは5回中5回とも下がっています。

今回のチャートは、100%の確率で下がっているのですが、下半身のようにダマシもあります。

半年間で下半身と合わせると13回トレードチャンスがあり、11回が利益をとれていますので、勝率は84%になります。

下半身と逆下半身どちらが信用できるのか??

<img width=

相場師朗さんは【下半身】だと言っています。

上のチャートでは逆下半身が、100%の確率だったのですが、長い時間のチャートで見てみると、下半身の方が信用できるみたいです。

なぜならば、下半身が出るということは、相場がかなり強くなっていると考えることができるためです。

買いたい人が増えてきているということになります。

しかし、逆下半身はどちらかというと、利食い売りです。利食い売りが終わったら、買いたい人がいてもおかしくありません。fxは少し違うかもしれませんが、特に株はそうです。

安いところで買いたい人が多いため、逆下半身後すぐに値を戻す場面はたくさんあります。

相場師朗さん他の手法は、↓の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる