相場師朗の秘技!トライ届かずは稼げる合図!!【相場の転換点が分かります】

トレード戦略
FX初心者
FX初心者

どういう時が相場の転換点何だろう?いつ買ったり・売ったりすればいいか分かりません。分かりやすい合図はないかな?

今回は相場の転換点の合図についてまとめていきます


MT4スプレッド2

トライ届かず~相場の転換点の見つけ方~

トライ届かずとは相場師朗さんの技の一つです。

トライ届かずは主に相場の転換点に現れます。なので、トライ届かずはかなり重要目安になります。

以下でトライ届かずについて詳しく解説していきます。

トライ届かずとは

トライ届かずとは、前回の高値を超えられなかった形になります。

相場ではよく【ダブルトップ・ダブルボトム】という言い方をします。

ダブルトップ・ダブルボトムについては↓の記事に詳しく書いてあります。

トライ届かずは転換の合図

↑のチャートを見てください。
完全に上昇相場でしたが、トライ届かずの後から下げ始めています。

後、相場の転換点はローソク足に現れることも多いので、ローソク足も意識しておいた方が確立は上がります。

<img src="トライ届かず"alt=トライ届かず 相場師朗 技 ドル円 チャート>

こちらの画像は、最近のドル円の日足チャートになります。
解説すると、今までレンジできれいに上げ下げを繰り返していました。

黒いラインと赤いラインを見てもらえれば分かりやすいと思います。
きれいに赤と黒のラインではじかれています。

しかし、赤丸を見てもらえれば分かりますが、300日線(オレンジ)で反発した後、上昇に転じています。本来は、このまま前の高値を目指し、越えていくような形ですが、高値を超えられずに失敗しています。

赤丸の中では、三回上を目指しましたが失敗しています。(ヘッド&ショルダー)これは、かなり買い圧力が少なくなり、売り圧力が強くなっていると考えます。

安値圏でもトライ届かずは使える

<img src="img_5f477d4d0c389-e1598520727435.png" alt="トライ届かず 安値圏 説明 チャート ドル円">

トライ届かずは安値圏でも使うことが出来ます。

↑のチャートを見ていただければ分かりやすいと思いますが、今まで、高値切り下がり・安値切り下がりのリズムで来ていましたが、安値更新に失敗したところ(トライ届かず)から相場は上がり始めています。

安値の切り上がり(トライ届かず)をしっかり見ておくことが、相場の転換点を早く知る目安になります。

トライ届かずに時間軸・通貨は関係ない

損失がある人
トライ届かずは日足だけにしか使えないのかな?どの通貨にもトライ届かずは使えるのかな?

このように考える方もいると思いますが、トライ届かずに時間軸・通貨は関係ないです。

例えば、1時間足・5分足でもトライ届かずで相場の転換点になることはかなり多いです。また、通貨・銘柄・仮想通貨・ゴールド・原油などチャートがあるものすべてにトライ届かずを使うことが出来ます。

トライ届かずが分かりにくい場合の対処法

トレードをしていてトライ届かずが分かりにくい方(気づかない)も多いと思います。

私もトレードをしていてトライ届かずに気づかない時があります。そういうミスを防ぐために私がやっている対処法を紹介します。

トレンドラインを引くと分かりやすい

<img src="img_5f477a93b478b-e1598519990693.png" alt="トライ届かず 分かりにくい 対処法 チャート 説明">

トライ届かずが分かりにくい場合は、トレンドラインを引きましょう!

高値圏にいる場合は、直近の高値をラインで結んでおけば右肩下がりが分かりやすくなります。安値圏にいる場合は、右肩上がりになっていれば、トライ届かずの可能性が高いです。

まとめ

トライ届かずは相場の転換点に見られる合図!

トライ届かずとは、1回目・2回目の高値・安値を越えられなかった時のことを言います。超えられないということは、逆方向への圧力が強くなってきたことを表しますので、相場の転換点に多く見られます。
トライ届かずが分かりにくい場合は、トレンドラインを引いたりすると上値・下値切り下げが分かりやすいと思います。

相場師朗さんの技をもっと知りたい方は↓の記事にまとめています。

 

もっと他のことも知りたい方は相場師朗さんの本をお勧めします↓

コメント