【相場師朗の手法】パンパカパンは強い上昇相場・下落相場でがっぽり儲けられる必勝の技!

ローソク足・チャートパターン
FX初心者
FX初心者

相場師朗さんの【パンパカパン】はどういう手法なんだろう?

相場師朗さんの【パンパカパン】はかなり強い相場で観ることが出来ます。

この記事では、パンパカパンについて詳しく解説していきます。


みんなのFX

最強の上昇相場・最強の下落相場の見つけ方【パンパカパン】

<img src="img_5f9249f32beda.png" alt="ポンドドル MT4 パンパカパン 日足 説明">

今回紹介する手法は、相場師朗さんの手法【パンパカパン】についてです。

以下で詳しく解説していきます。

パンパカパンとは

パンパカパンとは強い上昇トレンド・下降トレンドの時に発生する移動平均線の形です!

相場師朗さんの手法は単純移動平均線(SMA)を使います。色の使い方は5SMA(赤)・20SMA(緑)・60SMA(青)・100SMA(紫)・300SMA(オレンジ)になります。

強い上昇トレンドの時は、上から5・20・60・100・300SMAになります。強い下降トレンドの時は上から300・100・60・20・5SMAになります。

パンパカパンはあまり出現しない

パンパカパンは、日足では年に2~3回のチャンス相場の時にしか表れないかなり珍しい移動平均線の形です。ちなみに、半年に1度ぐらいの頻度しか出ません。

パンパカパンの逆張りはしない

パンパカパンの出現時は基本【順張り】を心がけましょう!

パンパカパンの時に逆張りをするとかなり痛い目に合いますので、気をつけてください!

日足以外の時間軸でもパンパカパンは使える

<img src="img_5f46273c421fc-e1598433118517.png" alt="ドル円 5分足 パンパカパン チャート">

日足以外でもパンパカパンは発生しています。

↑の画像はドル円の5分足のパンパカパンです。

かなり強い上昇が起きています。

ちょっと下がっては、すぐに戻されています。なので、パンパカパン中は逆張りでショートを持ってはいけません。基本ロング目線で攻めていきましょう!

パンパカパンは上位足の方が優位性がある

パンパカパンは上位足の方が優位性があります。

日足>4時間>1時間>30分>5分>1分という感じに上位足でパンパカパン発生中は下位足がどんなに崩れていても引っ張られる可能性があります。

なので、戦略としては、上位足の順張り・下位足の逆張りが稼ぎやすいです。慎重に行くならば、下位足で【ものわかれ】の形がでたらポジションを持つと確立が高くなります。

ファンダメンタルズに左右されにくい

多少経済が悪かろうが何だろうが、パンパカパン中は、基本ファンダメンタルズには左右されません。(短期的にはあります)

なので、上位足のパンパカパン時にファンダメンタルズで急落した時は、意識されやすいポイント(抵抗)でロングを持つことも出来ます。

パンパカパン相場は、チャンス相場です。普段よりも大きく相場が動きます。

パンパカパン相場の時、チャートが崩れそうになってもすぐに持ち直し、高値更新をしてくる時が多いいです。(もちろんそのまま下がることもありますが、確率的には小さいです)なので、基本戦略としては、パンパカパン時には、ショートポジションを持たないこと!

逆パンパカパン

<img src="img_5f924ad9aa4b8.png" alt="ポンドドル MT4 逆パンパカパン 日足 説明">

パンパカパンは逆もあります。
つまり強い下落相場の時に表れます。

先ほどのパンパカパント移動平均線(SMA)の順番が逆になります。

オレンジ(300)・紫(100)・青(60)・緑(20)・赤(5)の順番です。

考え方はパンパカパンの時と同じです。

逆パンパカパンは基本ショート狙いです。ロングで入ると思わぬ大損をする可能性がありますので、気をつけてください!

パンパカパン・逆パンパカパン実践編

パンパカパンについて実際に起きたチャートを見て解説していきます。

ドル円のパンパカパンのチャート

日足⇓

<img src="img_5f462abf07796-e1598434191365.png" alt="ドル円 日足 チャート パンパカパン">

4時間足⇓

<img src="img_5f462afba8082-e1598434336230.png" alt="ドル円 4時間足 チャート パンパカパン 説明">

1時間足⇓

<img src="img_5f462b1c1fffc-e1598434570851.png" alt="ドル円 チャート 1時間足 パンパカパン 説明">

時間足はそれぞれ違いますが、すべて同じ値動きをしています。

かなり強い上昇相場ということが分かりやすいと思います。

ポンド円逆パンパカパン

<img src="img_5f462fd34ea46-e1598435313844.png" alt="ポンド円 逆パンパカパン チャート 説明">

チャートはポンド円の逆パンパカパンです。

かなり大きく下げています。

少し上昇⇒下落⇒少し上昇⇒下落を繰り返しています。

下落はかなり強く落ちているので、逆パンパカパン中も逆張りロングはあまりやらないほうがいいですね。

どのチャートでもパンパカパンは使える

<img src="img_5f462e60b22e0-e1598434980208.png" alt="ゴールド パンパカパン 説明 チャート">

どのチャートでも【パンパカパン】は使えます。

上のチャートはゴールドのチャートです。パンパカパン中にかなり上昇しています。

【パンパカパン】はチャートがあるものならば、すべてのチャートに対応しています。例えば、株・為替・原油・金・仮想通貨などチャートがあるものに使うことが出来ます!

まとめ

パンパカパン・逆パンパカパンは強い相場(トレンド)です。
なので、基本戦略はトレンドフォローがいいです。

注意点としては、強い相場なので逆張りはしないほうがいいです!
踏みあげられる可能性があります。

相場師朗さんの他の手法が知りたい方は↓の記事にまとめています。

その他の技についても書いてありますので、1冊は持っとくと良いですよ!

コメント