MT4の基本設定はこれだけで大丈夫!!【MT4の便利な使い方も解説】

インディケーター・トレード道具

これからMT4でトレードを始めようと思っています。使い方は難しいのかな?

今回はこのような方に向けて書いています。この記事出来ればMT4の基礎的な使い方で困ることはないと思います!

MT4というのは国内・海外含む多くのプロトレーダーの方が使っています。

チャートはプロが見ている物を見たほうが良いですよ!

例えば、プロスポーツ選手が使う道具はなんでも良いと考える人はいないと思います。同じようにトレーダーとしてお金を稼ごうと思ったら道具は一流のものを使わないといけないと思います。

もし、トレーダーとして稼ぎたいと思ったら、必要最低限の武器だと思います。
MT4スプレッド

MT4基本設定はこれだけ抑えていれば大丈夫!!

以下はOANDAのMT4を使います。

OANDAは国内で唯一MT4が使える会社です。

<img src="MT4初期画面"alt=MT4初期画面>

上の画像はMT4の初期画面になります。
ここから設定開始していきましょう。

MT4で必要な基本設定は以下の4つ。

  • トレードしたいチャートの増やし方
  • チャート画面を見やすく変更したい場合
  • 移動平均線などのインディケーターを使いたい
  • チャート設定の保存のやり方

以下で詳しく解説していきます。

トレードしたいチャートの増やし方

f:id:wakuwaku77777:20181110171737p:plain

  1. 左上のファイルをクリック
  2. 新規チャートをクリック
  3. 自分がトレードしたいチャートを選びクック

そうすれば、一番下に自分がトレードするチャート一覧が出てきます。

例えば、ドル円のチャートを見たければ、画面一番下のUSD/JPYの所をクリックすればドル円チャートが出てきます。

チャート画面を見やすく変更したい場合

f:id:wakuwaku77777:20181110172445p:plain

チャートの画面を変更したい場合。

まず、チャート上で【右クリック】を押します。
そしたら、一番下に【プロパティ】という項目が出てくると思います。
クリックしてください。

f:id:wakuwaku77777:20181110172729p:plain

上のような画面が出てくると思います。

この画面から、自分で好きなチャートに設定してください。

f:id:wakuwaku77777:20181110173134p:plain

これで、チャート設定が完了しました。

ローソク足に変更するやり方

MT4の初期設定では、アメリカでよく使われる、バーチャートが使われています。
もし、ローソクチャートにしたい場合は⇓

f:id:wakuwaku77777:20181110173542g:plain

上の赤丸の所の【ローソク足チャート】をクリックしてください。

または、ラインチャートを使いたい場合は、【ラインチャート】をクリックしてください。

移動平均線などのインディケーターを使いたい

f:id:wakuwaku77777:20181110174031p:plain

インディケーターを入れたい場合。

上にある緑色の+の所をクリックしてください。
そうすると、上の画像と同じものが出てくると思います。

もし、移動平均線を使いたいのなら⇓

f:id:wakuwaku77777:20181110174314p:plainトレンド→moving Averageをクリックします。

f:id:wakuwaku77777:20181110174545p:plain

そうすると、こういう画面が出てくると思います。

  1. 期間を決め
  2. 移動平均線の種別を決め
  3. 色を決める
  4. 太さを決める

普通の単純移動平均線は(SMA)はsimpleを選びます。

f:id:wakuwaku77777:20181110174932p:plain

このようになります。
線の太さを一番太くしましたのでかなり太いです。
なので、変えたい場合は⇓

  1. 【移動平均線の上】で右クリックします。
  2. 【MA(5)プロパティ】をクリック

そうしましたら、先ほどと同じ画面が出てきますので、変更してください。

チャート設定の保存のやり方

f:id:wakuwaku77777:20181110175426p:plain

設定がすべて終わったら保存します。

  1. チャート上で右クリックしてください。
  2. 定型チャートを選ぶ
  3. 定型として保存をクリック

f:id:wakuwaku77777:20181110175722p:plain

↑の画面になると思います。

ファイル名を入れ、保存すればOKです。

f:id:wakuwaku77777:20181110175957p:plain

このように自分が保存したチャートがあれば設定完了です。

自分が使うチャートに今と同じような作業で自分オリジナルチャートが使えます。

  1. 他のチャートを開く
  2. チャート上で右クリック
  3. 定型チャート
  4. 自分オリジナルチャートをクリック。

この手順でやればMT4のめんどくさいチャート設定をすべてのチャートにすぐに反映できます。

チャート設定を保存しとかないと、チャートを何枚も表示する時にかなり不便です。(毎回自分で設定しなおさなければいけません!)また、ログアウトしてしまうと、チャート設定が消えることがあります。その時も、保存しておけばかなり楽に前の設定を出すことが出来ます。

インディケーターの設定に無いインディケーターを使いたい場合は自分でダウンロードする必要があります。⇓の記事が参考になります。別のインディケーターでもすべて同じ動作でインディケーターを追加することが出来ます。

 【MT4の7つの使い方】やり方が分かれば簡単!

<img src="3d6524998b6487ef4a7c0640e01e6ec5.png" alt="mt4 使い方 説明">

MT4は最初の設定さえできていれば、感覚で出来るように作られています。

基本的に、使いそうな道具はすべてチャートの上の部分にあります。

以下の7つを知って入れば、MT4で困ることは最初のうちは少ないと思います。

チャートを大きくしたり・小さくしたい場合

f:id:wakuwaku77777:20181110191040g:plain

赤丸の所のプラス・マイナスで変えていきます。

+⇒チャートが拡大
-⇒チャートが縮小

という感じで自分が見やすいチャートの大きさにすることが出来ます。

チャートを縮小して前回の高値・安値を確認する時に重宝します。

多くのチャートを見たい時

f:id:wakuwaku77777:20181110191955p:plain

先ほどのプラス・マイナスの横をクリックします。
そうすると、
自分のチャートがすべて表示されます。

f:id:wakuwaku77777:20181110192315g:plain

もし一つのチャートのみ大きくしたい場合は、赤丸の最大化ボタンで大きくしてください。

更新とともにチャートをスクロールしたい場合

f:id:wakuwaku77777:20181110193004g:plain

赤丸のボタンを押してください。
そうすると、自動でチャートが新しいローソク足とともに、動いてくれます。

例えば、1分足の場合この設定をしていれば、1分経つごとに右へ1分動いてくれます。
この設定はかなり使えますので設定しといた方がいいですよ。

過去のチャートを振り返ろうとすると、すぐに今のチャートに戻ってきます。その場合は、一回設定を解除してから過去チャートを振り返ってください。

チャートの右端を空けたい場合

f:id:wakuwaku77777:20181110193657g:plain

先ほどの隣のボタンを押してください。

f:id:wakuwaku77777:20181110194436g:plain

右端がかなり空きました。
ここにこれからの予想を書き記したりすることが出来ます。

または、一目均衡表を使っている方は雲のねじれ等を見て、これからの戦略を立てていくことが出来ます。

この右端の広さは調整ができます。
チャート上の赤丸の所の【三角】を左クリックを押しながら左右に動かせば広さは変わります。

時間軸の変え方

f:id:wakuwaku77777:20181110195222g:plain

時間軸を変えるには、赤丸の所を使います。
左から
1分足・5分足・15分足・30分足・60分足・4時間足・日足・週足・月足の順番になっています。

好きなチャートの時間足の所で左クリックすれば簡単に変更できます。

ラインを引きたい場合

f:id:wakuwaku77777:20181110195605g:plain

赤丸の所を使います。

どのくらいのPIPS離れているか知りたい場合

f:id:wakuwaku77777:20181110195819g:plain

赤丸の十字キーを使います。

f:id:wakuwaku77777:20181110200229g:plain

このような感じで出てきます。
上のチャートの赤丸の所を見てください。

左から、ローソク足の数(この場合11本です)
自分が調べたいPIPS(この場合約2円70銭です)

この機能はかなり便利なので使った方がいいと思います。

図形を使いたい場合

f:id:wakuwaku77777:20181110201113g:plain

チャートのように長方形を入れたり・三角形を入れたり・〇を入れたりするには、一番上の挿入クリック→図形→長方形等で出来ます。

他にも挿入から矢印を入れたりすることもできますので、いろいろと試してみてください。

口座開設

コメント