【相場式】暴落&暴騰で儲ける株のトリセツの内容を簡単に解説します!

相場師朗さんが2020年8月12日に【相場式】暴落&暴騰で儲ける株のトリセツを発売しました!

この本は、今までの本の中で一番分かりやすく書いてあると思います。

この内容について気になっている方もいると思いますので、簡単に解説していきます。

相場師朗さんの本はすぐに売り切れてしまうことがありますので、早めに買った方が良いですよ!

前回までの本は↓の記事にまとめています。

【相場式】暴落&暴騰で儲ける株のトリセツは第6章までの構成

  1. コロナで判明した相場式6つの真実
  2. 相場式は暴落相場でも稼ぎやすい~レバレッジ1倍でリスク管理~
  3. 新時代の相場式銘柄選び~チャート選別が肝~
  4. 相場式最強の武器と株価のトリセツ
  5. 暴落・暴騰で稼ぎやすい相場式ベストシグナル5~失敗もあえて検証~
  6. 相場式の休み方~ストライクゾーンを明確に~

今回の本は第6章までの構成で作られています。

株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ】の内容を以下で簡単に解説していきます。

暴落&暴騰で儲ける株のトリセツに書いてある内容を簡単に解説

暴落&暴騰で儲ける株のトリセツに書いてある内容を簡単に解説していきます。

・コロナ時の株のチャートに触れている
・相場の休み方

今回の本の特徴として、今までの本で書かれていなかった上の2点があります。

特に、個人的には相場の休み方が分かりやすかったです。

コロナでもチャートさえ見ていれば問題ない

今年はコロナウイルスでしたが、毎年地政学的リスクはあります。

そういう暴落する場面でもチャートさえ見ていれば、問題なく儲けることが出来るというチャート付きの説明が分かりやすく書いてあります。

コロナウイルスの中上げている株もあります。なので、コロナウイルスだからと言って、すべての株が下がるとは限りません。チャートを見ていればヒントが転がっています。

チャートを見るうえで必要なこと

  • ローソク足の仕組み
  • 移動平均線について
  • 出来高
  • 直近の高値・安値
  • キリのいい株価(100円・1000円など)

チャートを見るうえで必要なこと5点を詳しく書いてあります。

これはトレードで必ずためになります。

これに加えて私はチャートの形も大切だと思っています。

相場師朗の技

  • 下半身・逆下半身
  • ものわかれ
  • クチバシ
  • N大・逆N大
  • PPP

【暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ】には相場師朗さんの代表的な技5つが紹介されています。

いつもよりも少ない感じがしますが、この5つを理解できれば相場で稼ぐことは可能です!

特に、ものわかれは強力です。ものわかれについては↓の記事に詳しくまとめています。

もっと他の技が知りたい方は↓の本がオススメです。

今回は失敗例もたくさん書いてある

今回の本には5つの技の失敗例も書いてあります。

どんな手法も100%の確立で稼げるわけではありません!

【失敗例=その手法の弱点】でもあるので、かなり参考になります。

チャートを使ってかなり詳しく書いてあるので、分かりやすいです!

相場の休み方

相場が動いている時にずっと張り付いてトレードしていたら疲れますよね。しかも、ずっと自分が好きな形で相場が動いてくれるとは限りません!

相場師朗さんは、昔からボール球は振らないで、ストライクが来るまで待ちなさいと言っています。

練習を繰り返していけば、相場が動かない時が分かるようになってきます。そういう時は思い切って休みましょう!相場が動かないのに張り付いていても効率が悪いですよね。昔から【休むも相場】と相場の格言にもあります。

今回の本では、相場の休み時なチャート・移動平均線の形を詳しく解説しています。それだけ知っておけば、無駄なトレードがかなり減ります。

相場師朗さんの本は当たり・ハズレがありますが、今回の本は当たりです!初心者~上級者まで参考になることがかなり書いてあります。

コメント