【FX初心者にお勧めの通貨ペアの選び方】考えるべき5つのこと!【お勧めはドル円】

FX基礎知識

初心者にお勧めの通貨ペアを知りたいです

FXの初心者が通貨ペアを選ぶ際に気を付けることってあるのかな?

最初の頃は、どの通貨ペアが良いか分からないですよね。

実は、初心者の方が選ぶ通貨ペアの選択肢は一択です。

なぜならば、FXでは各通貨によって通貨の特徴があります。なので、いきなり難しい通貨ペアを選んでしまうと、速攻で資金がなくなり、退場してしまいます。

この記事では、初心者の方にオススメの通貨ペアの選び方を紹介します。


女性デザイン

【初心者にお勧めの通貨ペアの選び方】考えるべき5つのこと

初心者の方が最初に通貨ペアを選ぶときに考えるべきことは

  • 通貨の流動性
  • スプレッドが狭い通貨ペアを選ぶ
  • ボラティリティが低いものを選ぶ
  • 情報が豊富(リアルタイムで入ってくる)
  • スワップ運用

以上の5つです。

詳しく解説していきます。

通貨の流動性

トレード初心者の場合は必ず通貨の流動性を気にしましょう!

通貨の流動性が多いと、価格は安定します。しかし、通貨の流動性が少ないと突発的に値が動いたり、急な乱高下があるため初心者がトレードをするにはかなり不向きです。

特にトレード初心者の時は、まだ損切りができないと思いますので、いきなり口座が溶けて⇒退場ということになります。

なので、トレードをする場合は通貨の流動性が高いものをやりましょう。

特に米ドル/円はFXの通貨ペアの中でも流動性が高いので、かなり値が安定しています。

スプレッドが狭い通貨ペアを選ぶ

流動性をはかる目安として、スプレッドがあります。

流動性が高い通貨ほど、スプレッドが狭いです。

スプレッドが広くなるのは、FX会社が突発的な値動きに対処できるようにスプレッドを広くしています。なので、スプレッドが狭いということは、それだけ流動性が高く、信用されているということです。

ボラティリティが低いものを選ぶ

最初のうちは、ボラティリティが低い通貨ペアをなるべく選ぶようにしましょう。

通貨のボラティリティが低いもの=値動きが小さい通貨ということです。

ちなみに、ドル円は1日平均50PIPSぐらい動く可能性があります。
しかし、暴れ馬と知られるポンド円は一日平均100PIPS(1円)以上動く可能性があります。

↓のサイトで、通貨のボラティリティを調べることができます。

情報量が豊富

情報量が豊富なのも大切なことです。

私たちは日本という恵まれた国に生まれたことにより、先進国特にアメリカ・日本・ヨーロッパ(一部地域を除く)の情報は、ほぼリアルの情報が入ってきます。

しかし、発展途上国の情報はなかなか入っていきません。入ってきたとしても、遅れて情報が入っていきます。遅れて情報が入ってくるということは、急な値動きがあった場合の対処が遅れてしまうということです。

特に最近流行りのトルコリラ・アフリカランド等の通貨はかなり危険です。Twitterとかで見ていると、こういう後進国通貨は情報難民であふれている気がします。

トレードをするなら多くの情報がリアルタイムで入ってくる通貨をオススメします!

スワップ運用

スワップとは金利のことです!(一日に一定のお金が入ってきます)

なので、長期目線で見るとスワップは日本の銀行の金利よりもかなり良いのでお得な気がします。

ただ、最近はどの国もマイナス金利を導入していたり、低金利政策をとっているので、このスワップ運用はオススメしません。少し前みたいにスワップが1万通貨当たり1日100円とかつく通貨はほとんどなくなってしまいました。スワップが100円以上つく通貨は新興国通貨のみです。オススメしません。

また、いくら長期目線とは言っても、これからは円高に振れる可能性が高いので、スワップでいくら稼いでも、為替差益で損をしたら意味がありません。個人的なオススメとしては、もっと値が下がってからやったほうが良いと思います。

もしやるなら、バフェットがオススメしている、米ドルコスト平均法です。簡単に解説すると、毎月同じ額を買い続けるというものです。そうすれば、値段が上がっても・下がってもあまり関係なくなります。私の中で、長期でやると考えるとこれ一択ですね。

注意:スワップがたくさんもらえても新興国通貨はマジでやめたほうが良い

新興国通貨はスワップがたくさんもらえるから日本で流行っています。
特に、トルコリラ・アフリカランド

しかし、ハッキリ言って新興国通貨は手を出さないほうが良いと思います。

スワップ金利が高いからと言って、買っているのは日本だけだと聞いたことがあります。

スワップ金利が高いということは、その国はお金を集めたいということです。
お金を集めたい=国の信用がない可能性が高いです。(特に新興国)

そして、先ほども言いました通り、新興国の情報はなかなか入ってきません。また、国がデフォルトになり、急に通貨の価値が0になることもあるので、かなり危険だと思います。

まとめ:初心者の方はドル円がオススメ

  • 通貨の流動性
  • スプレッドが狭い通貨ペアを選ぶ
  • ボラティリティが低いものを選ぶ
  • 情報が豊富(リアルタイムで入ってくる)
  • スワップ運用

初心者の方が通貨ペアを選ぶ際に気を付けることは以上の5点です!

ドル円で考えると↓

  1. 通貨の流動性は1番ある
  2. スプレッドはどのFX会社も1番狭い
  3. ボラティリティが低い
  4. 情報はすぐに入ってくる

という感じで一番安心できる通貨なので、初心者の方にお勧めです。

最近はアメリカが金利を上げたことから、日米の金利差が広がり、最近では豪ドル円よりも金利が高いです。

おすすめできない通貨ペアの条件

初心者にお勧めできない通貨ペアは、

  • ボラティリティが高い
  • 情報がリアルタイムで入らない

以上の二点です。

詳しく解説していきます。

ボラティリティが高い

特にポンドがらみはかなりボラティリティが高いので、かなりボラティリティが高いので触れない方がいいです。

1分間で50PIPS とか平気で動く時とかあります。とりあえず、ドル円でやって慣れてきたら考えるのが良いと思います。

しかしながら、短期で稼ぎたいのならばポンドは避けては通れませんね↓

【少額FXで短期で稼ぎたい方】ショート&ポンド絡みがおススメ!!
少額のFXで稼ぐにはどの通貨が良いのか分からない ドル円だとレンジになりやすく、思ったほど利益がでない 少額だけど、一番儲かる可能性...

情報がリアルタイムで入ってこない

新興国通貨とか情報がリアルタイムで入ってこない通貨はやめたほうがいいですよ!

新興国通貨は、急に値段がぶっ飛んだりします。値段がぶっ飛ぶといくら逆指値入れていても、約定されない可能性もありますので口座が溶けることもあります。

最悪口座がマイナスになり、追証金を払わないといけないということもあります。

直近の例でいうとスイスフランショックのの時、値段がぶっ飛んで、追証金を払えないという方がかなりいました!後、チャイナショックの時も同様です。

このようにマイナー通貨のように流動性が低い通貨をやっていると、値段がぶっ飛ぶリスクが必ずあります。

ドル円のように流動性が高い通貨だと、値段がぶっ飛んで逆指値が約定されないという事態はありません!

まとめ

初心者の方にお勧めできない通貨ペアの条件は

  • ボラティリティが高い
  • 情報が入ってこない

以上の2点です。

特に情報が入ってこない新興国通貨のトレードはやめましょう!

また、初心者の方はFX会社の選び方も大切になってきます。FX会社はどこでもいいわけではありません!必ず信頼できるFX会社を選びましょう!

FXの信頼できる会社の3つの条件【FX信頼できる会社3選】
FXの会社はたくさんあるけど、一体どこが一番信頼できるのだろう? このようなお悩みの方は多いですよね。 実際に、良くないFX会社を使うと、【ストップ狩り】【チャートを止める】【出金拒否】などの悪さをしてくるFX会...

 

コメント