一つの通貨を見ることも大切ですが、逆行通貨を見たほうが良いですよ!

トレード戦略

皆さんこんにちは!

投資のカモです!!

一つだけの通貨でトレードしています

逆行通貨を見たほうがトレードはうまくいく可能性が高いのかな?

今回は、逆行通貨についての記事になります

 

一つの通貨だけでなく、逆行通貨も見たほうが良いですよ

逆行通貨を私も最近までほとんど見ていませんでした。


最近思うのですが、逆行通貨を見ているとトレードの成績が上がる可能性があるなと思います。

なぜ、逆行通貨を見るようになったのか?

それは、ジモン先生の影響もそうですが、Twitterの影響もかなりあります。

先月ぐらいに急に現れた七福神


明らかにドル円と逆行関係にあるゴールドを意識してみています。

他の神様も同じようなtweetをする方がいます。

なので、逆行通貨を見る優位性はかなり高いと思いました。

一つの通貨のみでトレードすることも大切ですが、逆行通貨を意識したほうがトレードの確率も上がると思いました。

逆行通貨を見ていると、こういう時に役に立つ

逆行通貨はレンジになった場合、その通貨は上に抜ける可能性が高いのか、それとも下に抜ける可能性が高いのかの確率を図ることが出来ます。

例えば、ポンド円が下のようなレンジの場合

ポンド円は135.00をバックにレンジ形成中です。

このレンジがどちらに抜けるのかが気になります。

移動平均線の形を見ると、まだまだ下げそうな形をしています。

しかし、↓ユーロポンドの1時間足のチャートです。

ユーロポンドは逆行通貨なので、逆に高値圏でレンジを形成しています。

ユーロポンドは大きな節目0.900に高値を抑えられている形となっています。

またユーロポンドは週足でも一度下がる可能が高いと考えているので、下に抜けるのではと考えています。

その結果↓

完全に逆行して動いていますね。

これからの動きとしては、ポンド円はVの高値・レンジの高値なので、一回調整が入る可能性があります。

ユーロポンドは300SMAがすぐ下にあるので、少し落ちてからショートカバーが入る可能性が高いです。

この場合ポジションを持っていれば、利食い、待つor逆ポジションを持つ等することが出来ます。

というように、新たな戦略をとることが出来ます。

逆行通貨はこういう時はあまり意識しないほうが良い

逆行通貨といえども、必ず逆行するわけではないということです。

分かりやすく今回は、ドル円とユーロドルの逆行通貨を考えていきたいと思います。

ドル円が上がって、ユーロドルも上がり、ユーロ円が爆上げという、こういう場面は見たことないでしょうか?

または、ゴールドが上がっているが、ドル円も上がっている等もあると思います。

ここ最近は逆行通貨として、ドル円とユーロドル、ドル円とゴールドは逆行して動いています。

しかし、逆行する時としない時があるということは頭に入れておいた方が良いです。

ちゃんと最低でも1週間は逆行して動いているのか考えてからトレードしたほうがリスクは防げます。

コメント