トレードで一度にすべてのポジションを持つのは危険ですよ!!実体験より

トレード戦略

今がチャンスだという時に持てる限りのポジションを持ちます。
その方が儲かるでしょ!!

今回はこういう考えの方に向けて書いています

トレードで一度にすべてのポジションを持つのは危険ですよ!!

昔私はここだというタイミングでいける限りのポジションを持っていました。

理由は、ここで入らなければもったいないという理由からです。
また、資金が少ないため一度に入らなければあまり稼げないからです。

しかし、この考え方はかなり相場の世界では危険です。

以下はその理由を述べていきます。

トレードで一度にポジションをすべて取るとこうなる

誰しも一度にポジションを持てる限り持つということをしたことがあると思います。

そのトレードはうまくいった人もいるかもしれませんが、うまくいかなかった人もいると思います。

結論を言いますと、
トレードで一度に持てる限りポジションを持つとその後身動きができなくなります。

特に、逆張りを狙う人は身動きが取れなくなります。

トレードは絶対に勝てるという手法はありません。
自分が底だと思ったところから平気で下げてきますし、天井のサインが出ていてもそこから上がってくることもあります。
なので、ポジションを取ったら身動きができなくなることはやめた方がよいです。

身動きが取れなくなると、
上がれぇ~上がれぇ~とかお祈りトレードをするしかありません。

では、どうすればよいか。

ポジションの平均取得単価を変えよう!

一番良い方法はポジションの平均取得単価を下げることです!

平均取得単価とは?

例えば、ドル円を101.00円で買いポジションを1LOT買ったとします。
その後下がってきて100.00円まで下げたので、1LOT追加で買いました。
その場合の平均取得単価は100.50でポジションを2LOT持ったことになります。

利益が出るには、100.50以上に値段が上がってくれば、利益になります。

最初に買ったポジションがここで生きてくるということです。

しかし、もし、101.00円で買いを2LOT持ってしまったら、101.00円以上まで値段が上がるのを待たないといけません。

これが平均取得単価を下げるということです。

ポジションを何回かに分けて持つと戦略が増える

ポジションを1度に持つよりも、何回かに分けて持つことにより、戦略が増えます。

先ほども言いましたが、
一度にポジションを持つとあとは損切りor利食いの2つしか選択肢がありません。

しかし、
何回かに分けて持つことにより、戦略は増えます。
例えば、平均取得単価を下げるとかですね。

また、何回かに分けて持つという考えを持っておけば、試し玉を打った時に少し違うなと感じた場合損失が少なく、損切りも躊躇なくできます。

私も経験が何回もありますが、1度にポジションをすべて持ってしまった場合、少し逆に動くだけで、とてつもない苦痛が襲ってきます。

しかも、損切りがしたくても額が大きすぎて出来ない→ストップをずらす→さらに損切りができない→大損or口座が溶けてしまうという事態に陥ります。

まとめ

とりあえず、ポジションを取りたくなったら試し玉で様子を見ましょう。

その後、もしかしたら自分の考えと同じ方向に行き、機会損してしまうこともあるかもしれません。

しかし、相場では儲けることよりも、生き残る方法を考えましょう!!

コメント