【ドル円】ヤバし!予定通りすぎる!!昨日のトレード解説。

トレード戦略

昨日のブログで書いた内容がこちら

短期間でお金を増やすなら、やっぱりショート(売り)がおススメ!!
昨日持ったドル円のショートポジション

そのショートを利食いました。

昨日のTwitterの解説をしていきます。

昨日ショートを利食った後、短期ロングを狙っていました。
理由は、昨日のブログに書いてある通り30分足・4時間足で300SMAに触れたからです。
なので一度反発の動きになると考えていました。

こんな感じのトレードでした。

昨日のトレード解説

<img src="2a439118c918c53b8a8919df815896c9.gif"alt="ドル円 5分足 チャート 2019年2月15日">

その後、1回目のFLASHZONEの161.8%試しをしました。
ここはロングを見送りました。
理由は、移動平均線の形があまり良くなく優位性がないためです。

その後急騰した後急落しました。
普通に考えれば、この場面はロングを狙うのが怖い場面です。
しかし、ジモン先生の手法は違います。
急落こそ逆張りで稼ぎ時です。

2回目の下値試しも見送りました。
理由は優位性がないからです。
もっと下がる可能性も考えられる場面でした。

3回目に長い下髭を付けたのを確認し、ロングを強めに入れました。

完全に161.8%で反発しています。

ここはリスクリワードがかなりいい場面でした。

この場面がリスクリワード良い理由

  • 3回下値を試している
  • ストップ狩りの形跡がある(長い下髭)
  • 長い間FLASHZONE内にあり、下値を固めている
  • リスクが明確に分かる

以上のことから強気で、安心して入れました。

リスクについては昨日私は、110.30でロング入ったのですが、ここでは、110.25が完全に意識されているのが分かったので、110.25にストップを置いて伸ばす作戦をとりました。

リスクは5PIPSに対して、リワードは、最低でも10PIPSは取れると考えていました。
その後、目標値付近まで上がってきたので、普通なら、30PIPS近く取れています。
なので、リスクが1に対してリワードは6なのでかなり良かった場面ですね。

Twitterトレードその後。

しかし、欲が出てしまい、結局110.40で利食われました。

リスクリワード1:2です。

やっちまったな~って感じです。

ポールジモンの手法が知りたい?知りたきゃ、おパンティ相場に学ぼう!!
おパンティ相場名付け親!その名はポールジモン!!ポールジモン先生は、去年騒がれたあの、おパンティ相場の名付け親です。与沢翼さんも去年頻繁におパンティ相場について呟いています。

コメント