【短期で稼ぎたい方】少額FXで稼ぐにはポンド絡みがおススメ!!

トレード戦略

少額のFXで稼ぐにはどの通貨が良いのか分からない

ドル円だとレンジになりやすく、思ったほど利益がでない

 

少額だけど、一番儲かる可能性の高い通貨を知りたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・とりあえず、少額で稼げる通貨はポンド絡みです。
・少額で稼ぎたいのであれば、ボラティリティの高い通貨がねらい目!
少額で稼げる通貨がどんな通貨なのかを、知りたい方は多いと思います。
実際私自身もそうでしたし、あまりネットでも見かけないように思えます。
なので今回はまとめてみました。

少額で稼げる通貨はポンド絡みです。

<img src="66e39cd3ffc2c75e57dafb732e85efc8.gif"alt="ポンド円 チャート分析 ボラティリティ説明 20190313">

画像はポンド円の画像です。

わずか、2日の間に4円上昇し、3円の暴落をしています。

かなり動いているのが分かると思います。

ポンド絡みの稼げる理由はボラティリティにあります。

画像は各通貨の1ヶ月平均PIPSです。
※この平均値を限界運動量といいます。(ZIMON FAMILY内で)
一日にこのぐらいの値幅で動く可能性があり、これ以上動いたら動きすぎなので、調整が入る可能性が高まります。(絶対ではない)

ポンド絡みの稼げる理由は、他の通貨に比べてボラティリティが高いからです。

そのため、他の通貨に比べて稼げる可能性が広がります!!

赤枠で囲ったところがポンド絡みになります。

一番動いているのが、ポンド/NZD(ニュージーランド)です。
194.48PIPS動いています。
ポンド円は122.30PIPS
一番動いていないポンド/ドルで95.38PIPS動いています。

大体一日で、1円の値幅動く計算になります。
ちなみに、ドル円の平均は、46.53PIPSです。
ポンド円の1/3になります。

しかし、最初のうちはやめたほうが良いです。

手法が定まるまでは、ドル円に絞ったほうが良いです。

理由は簡単です。

ボラティリティが高いということは利益も上がりやすいですが、損失も多くなりがちです。なので、最低でも損切りができるようになってから手を出すようにしたほうが無難です。

ちなみにポンド円はボラティリティの高さから一部では悪魔の通貨と呼ばれています。
それだけ損失を抱えた人が多いということです。

10万円チャレンジでも使いました。

先週までやっていた10万円チャレンジでもポンド円を中心にトレードしています。

【FXは稼げるのか!?】【10万円チャレンジ】一週間やります!!
10万円チャレンジをします。 期間は2019年2月28日~3月7日の1週間です。

ポンド円でほとんど利益を出しています。
大きく負けたのは別の通貨です。

【破産】FX10万円チャレンジ最終日。トレードリスクを考える。 
いよいよ最終日も終了しました。 ここまでの結果は

ちなみに10万円チャレンジ全体の利益もプラスで終わっています。

ポンド絡みで気を付けること

ポンド絡みで気を付けることは、損切り貧乏になることです。

<img src="06fd25a265bc122016b5eeb1d833d317.gif"alt="20190313 5分足 ストップ狩り説明">

ポンド円はボラティリティが高いので、直近の安値や高値を少しだけ割ってくる可能性が高いです。

なので、ドル円と同じような場所にストップを置いていると、トレードしていると損切り貧乏になりやすいです。

私は普段ドル円をメインでやっているのですが、今回の10万円チャレンジはポンド円を中心にトレードしています。その時、ドル円と同じようにストップを置いて、ストップを狩られてから動き出すことが何回かありました。

ポジションを小さくし、
ストップを少し離すのがポンド絡みと付き合う秘訣です!!

ちなみに、短期間で稼ぎたいなら、海外のFXでハイレバでやれば短期間で10倍とか100倍とかいきますよ!まあ完全にギャンブルになりますので、お勧めしませんが・・・

コメント