MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXブレイクアウト手法の使い方・騙しについて詳しく解説【勝てないのには理由がある】

  • URLをコピーしました!

FXのブレイクアウト手法は、どういう手法なんだろう?稼げる手法なのかな?

ブレイクアウト手法とは、サポートライン・レジスタンスラインなどを抜けた後に、抜けた方向に取引する手法のことを言います。

この手法を使うことにより、大きな値幅を狙うことができるという特徴があります。

以下の記事では、FXのブレイクアウト手法の使い方・騙し・注意点について詳しく解説していきます。

ブレイクアウト手法におすすめ!FX会社【3選】
目次

FXのブレイクアウト手法とは

<img width=

ブレイクアウトとは、サポートライン・レジスタンスラインを価格が抜けることを言います。

主に水平線・トレンドライン・平行チャネルを使った手法に使われます。

<img width=

ラインをブレイクアウトした後、抜けたラインの方向に相場が大きく動きやすいという動きを狙った手法をブレイクアウト手法と言います。

損切りを巻き込んで突発的な動きをすることがある

<img width=

抵抗ラインの近くは、ラインが抜ける派・抜けない派の売り買いが交差しています。

なので、ラインが抜けない派の人たちは、ラインよりも上がってしまったら、損切りの準備を設定している方が多いため、損切りを巻き込んで、ラインを抜けた直後に、価格が突発的に動くことがあります。

このラインにつられて、飛びついてしまう方が多いですが、ラインブレイク後は、1回ラインまで戻ってくる動きが多いという特徴があります。

FXでブレイクアウト手法を使う【3つのメリット】

<img width=
  • エントリーポイントが分かりやすい
  • 値幅が狙える
  • インジケーターとも相性がいい

FXでブレイクアウト手法を使うメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

エントリーポイントが分かりやすい

ブレイクアウト手法は、サポートライン・レジスタンスラインを抜けた後の値動きを見て、エントリーをするため、「エントリーポイントが分かりやすい」というメリットがあります。

なので、初心者の方でも正しく線を引くことができれば、プロトレーダーと同じ相場認識を得ることができます。

値幅が狙える

ブレイクアウトする前の値動きは、値動きがハッキリせず、レンジ相場になっていることも多く、力を溜めている状態です。

そのため、ラインを抜けた後には、同調圧力+損切りにより、大きな値幅動くことが多いという特徴があります。

インジケーターとも相性がいい

ブレイクアウト手法は、トレンド系・オシレーター系インジケーターと干渉せずに使うことができます。

また、売買根拠が増えるので、ブレイクアウト手法と組み合わせることによりトレードの勝率が上がります。

ブレイクアウト手法【使い方】

<img width=

ブレイクアウト手法の使い方について詳しく解説していきます。

【基本戦略】ブレイクアウト後の反発を狙う

<img width=

ブレイクアウト手法の基本戦略は、ラインブレイク後に価格が戻ってきた後、反発した所を狙います。

ラインまで戻ってくる場合もあれば、少し調整して上がっていくパターンもあるので、見極めが必要です。

抜けた直後のトレードは微妙

ラインを抜けた直後は、ストップを巻き込んで、大陽線・大陰線が出ることもあり、そのまま一気に相場が動くと思ってしまいます。

しかしながら、抜けてしばらくすると、戻ってくる場合が多く、リスクリワードも良くないので微妙なトレードになることが多いです。

また、ダマシにもあいやすいので、おすすめはできません!

ラインを抜ける時間はボラティリティが多い

ラインの中は、レンジ相場になりやすいですが、キッカケ待ちなところもあり、ボラティリティが高くなるロンドン時間・ニューヨーク時間が始まるとラインを抜けていくことが多いです。

または、経済指標・要人発言などのキッカケで抜けていくことがあります。

なので、ライブレイク手法は、キッカケ『待ち』が多い手法になります。

ブレイクアウト手法で勝率を上げる【3つのコツ】

<img width=
  • 長期足の流れを考える
  • ブレイクアウト後にすぐ飛びつかない
  • インジケーターを組み合わせて考える

FXのブレイクアウト手法で勝率を上げるコツは、上記の3つです。

詳しく解説していきます。

長期足の流れを考える

ブレイクアウト手法で、勝率を上げたいなら長期足の流れを考えることが重要です。

例えば、5分足で取引しているなら、1時間足・4時間・日足などが長期足になります。

最終的に、相場というものは、長期足の流れに従いやすいという傾向があります。

そのため、長期足の流れと同じ方向にブレイクしたら、ダマシは少ないと判断できます。

ブレイクアウト後にすぐ飛びつかない

ブレイクアウト後に、すぐに飛びついてしまう人がいますが、あまりおすすめできません。

なぜならば、ダマシが存在し、損切り貧乏になってしまう可能性があるからです。

無駄なトレードをしてしまった分、勝率は下がってしまいます。

インジケーターを組み合わせて考える

ブレイクアウト手法とインジケーターを組み合わせて考えることにより、取引根拠が増えて勝率が上がります。

また、インジケーターがあることにより、相場の勢いが分かるようになるので、利食い・損切りが早くなることが多いです。

おすすめのインジケーター・オシレーターは、↓の記事が参考になります

ブレイクアウト手法を使う際の注意点

<img width=
  • ダマシに注意する
  • 毎回値幅が取れるわけではない
  • 欲を出すと失敗しやすい

ブレイクアウト手法の注意点は、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

ダマシに注意する

<img width=

ブレイクアウト手法にもダマシは存在します。

ダマシとは、ラインを抜けたと見せかけてライン内に戻ってくることを言います。

自分が思っていた戦略と違う動きになったら、すぐに損切りしましょう!

毎回値幅が取れるわけではない

ブレイクアウトした方向に、大きく値幅が動くことが多いですが、ブレイクアウト後に、必ず、大きく相場が動くわけではないので注意が必要です。

そのため、リスクリワードが1:1になる場合もあります。

欲を出すと失敗しやすい

ブレイクアウト手法は、値幅を狙えますが、欲を出すと失敗しやすいです。

例えば、「まだ伸びる、まだ伸びる」と思っていたら、建値まで戻ってきた or 最終的には、損切りになってしまったということがあります。

なので、エントリーする前に、利食いポイントを、あらかじめ決めておくことが大切です。

まとめ:ブレイクアウト手法はシンプルで使いやすい!

<img width=

ブレイクアウト手法とは、サポートライン・レジスタンスラインなどを抜けた後、相場が大きく動きやすいという特徴を狙った手法です。

基本戦略は、ラインをブレイク後、価格がライン周辺まで戻ってきた所(リターンムーブ)で反発した所を狙います。

非常にシンプルな手法なので、初心者の方におすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる