FXでポジションを持つと逆に行ってしまう3つの原因!【対処法を解説】

FX基礎知識

FXをしていてポジションを持った瞬間に逆行してしまうってことありませんか?

私は、たくさん経験してきました。

自分が持った瞬間逆に動き始めることが重なると、『証券会社が悪さをしているんじゃないか』『誰かが見張っているんじゃないか』という風に疑心暗鬼に陥ってしまいます。

私は、あまりに逆行するので、自分が方向と逆の方向にポジションを持とうと考えた時期もあります。結果、逆行しましたが・・・

ただそういう時って、目線がかなり狭くなっている可能性があります。

例えば、1時間足を参考にポジションを持ったのに、たった数PIPS逆行しただけで心が揺れて損切りしてしまいます。

冷静になって、後からチャートを見たら『なんでこんなところでポジションを持ったんだ』というようなことありませんか?

この記事では、ポジションが持ったところから逆行してしまう原因を解説していきます。

FXでポジションを持つと逆に行ってしまう3つの原因

<img src="spiral-2709655_1280.jpg" alt="原因 負のスパイラル 人">

  1. 根拠が少ない(何となくでポジションを持っている)
  2. 目線がかなり狭くなっている
  3. 練習不足

ポジションを持つと逆に行ってしまう原因は以上の3つです。

根拠が少ない(何となくでポジションを持っている)

私の経験から言うと、逆に行ってしまう時は、根拠が少ない時が多いです。

例えば、移動平均線がゴールデンクロスしたから、ロングを持つとかです。後は、『ずっと下がってきたからそろそろ底だな』と、なんとなくロングをしてしまう時も、すぐに逆行してしまいます。

目線がかなり狭くなっている

何回もポジションを持ったところから逆行してしまうなら、目線がかなり狭くなっている可能性が高いです。

例えば、自分はデイトレーダーなのに、数PIPSで逆行しただけで焦ってしまう時があります。そういう時は、いつもよりも短い時間足(1分足など)を見過ぎている時があります。また、損切り設定もいつもより狭くなっている可能性もあります。

特に逆張りをしているトレーダーは陥りやすいです。

練習不足

何回も逆行してしまう原因は、練習不足の可能性があります。

例えば、
・本を読んだだけで分かった気になるパターン
・有名なトレーダーがロングと言っていたからポジションを持った
・手法が定まっていない

このような方は、練習不足の可能性が高いです。

ポジションを持つと逆に行ってしまう時の対処法

<img src="pexels-cottonbro-4431101-scaled.jpg" alt="冷静 瞑想 女性">

  1. 冷静になる(瞑想がオススメ)
  2. 根拠を3つ以上持つ
  3. 長期足を分析してみる
  4. 自分のトレードを検討する

ポジションを持った時に逆に行ってしまう時の対処法は4つあります。

これは、順番通りにやった方が効果が高いです。

冷静になる(瞑想がオススメ)

トレードをしていて、何回も逆行してしまうと思ったら、一回落ち着きましょう!

トレードで間を置くことは大切です!

冷静じゃないと、ネガティブな思考が回り始めるので、負のスパイラルで良いトレードが出来るはずがありません。冷静になる時間を取ることにより、今まで見えていなかったものが見えてくるようになります。

お勧めの方法は瞑想です!

瞑想をすると今まで、ゴチャゴチャ考えていたことが落ち着きます。

根拠を3つ以上持つ

ポジションを持つ根拠を3つ以上持つようにしましょう!

例えば、

  1. 前回の安値付近
  2. 移動平均線が回復してきた
  3. レンジをブレイクした

というような感じに、ポジションを持つ根拠を3つ以上持つ癖をつけましょう!

根拠は、あればあるほど、確率が上がります。

長期足を分析してみる

もし、短期足しか分析していない場合は、長期足を分析してみましょう!

トレードでは、短期足よりも長期足の流れに引っ張られることが多いです。なので、逆行してしまっている原因は、長期足に逆らったトレードをしてしまっている可能性があります。

例えば、4時間足で強いレジスタンス・サポートがある・長期足でトレンドが出来ている

自分のトレードを検証する

自分のトレードを検証してみましょう!

後から自分のトレードを見て見ると、自分の手法通りに出来ているかどうかが分かります。また、検証ソフトを使うと、過去の似たような場面を検証することも可能です。

トレードの検証方法は2つ

1、自分のトレードを録画する

2、検証ソフトで検証する

両方必要な検証方法ですが、1番のオススメは検証ソフトを使って検証することです。検証ソフトは多くのプロトレーダーの方が使っています。

ポジションを持った後に心が揺れてしまう時の対処法

<img src="pexels-andrea-piacquadio-874242-scaled.jpg" alt="心揺れている 男性 イメージ">

ポジションを持った後、すぐに数PIPS逆行してしまい心が揺れてしまう時も多いと思います。

このような人は、出口戦略を考えましょう!

出口戦略とは

出口戦略とは簡単に言うと、【利益確定ポイント】【損切りポイント】を決めてからポジションを取ることを言います。

出口戦略の考え方については↓の記事が参考になります。

オススメは長期足の順張り・短期足の逆張り

<img src="img_5fab45f75b5d7.png" alt="ポンド円 チャート 説明 長期足の順張り 短期足の逆張り">

ポジションを持ったころから逆に行ってしまうのを防ぐには、長期足の順張り・短期足の逆張りがお勧めです。

⇓結果的に予想通り上に行きました。

<img src="img_5fac82a499e1f.png" alt="ポンド円 ダブルボトム チャート 5分足 MT4">

逆に行ってしまう原因は、長期足の流れに逆らっているからです。

例えば、長期足で上昇トレンドの時は、短期足でポジションを持つのは、基本ロングで入れる場所を探します。また、短期足で崩れている時は、【Wボトム】【長い下髭】【長期足の強いレジサポの下でロング】とか、これ以上、下がらない可能性が高いところで入るとポジションを持ったところから逆に行く可能性は少なくなります。

まとめ:逆に行ってしまうのは自分に原因がある

ポジションを持ったところから逆に行ってしまうと、『誰かが見張っている』『証券会社が悪さをしているからだ』みたいに考えてしまいますが、すべて自分に原因があります。

ポジションを持ったところから逆に行ってしまう時の対処法は以下の4つです。

  1. 冷静になる(瞑想がオススメ)
  2. 根拠を3つ以上持つ
  3. 長期足を分析してみる
  4. 自分のトレードを検討する

 この中で一番大切なのは、冷静になることです。

心が乱れている状態だと何をやってもうまくいきません!

コメント