MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

初心者が知っておくべきFXの注文方法【7選】買い方を覚えることから始めよう!

  • URLをコピーしました!

FXの注文方法は種類が豊富で、どれを使えばいいか分からないな。各注文方法の特徴が知りたいな。

FXの注文方法は、【7種類】あります。

上手く使いこなすことができれば、強い味方になります。

しかしながら、使い方は微妙に違うので、使い方を知らないと、思わぬ大損をしてしまう場合もあります。

この記事では、FXの注文方法のメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

目次

注文方法【早見表】

スクロールできます
注文方法特徴メリットデメリット参考記事
成行注文現在の価格でエントリーできるチャートを見ながらエントリーできるポジポジ病の危険性がある詳細を見る
指値注文現在の価格よりも有利な価格でエントリーできるチャートを見なくてもエントリーできる利益確定・損切りは手動でしなければいけない詳細を見る
逆指値注文直近の高値・安値更新時などにエントリーすることができるチャートを見なくてもエントリーできる利益確定・損切りは手動でしなければいけない詳細を見る
OCO注文エントリー済みのポジションに対して、利食い・損切り注文を入れることができるチャートを見なくても、利食い・損切りを自動でやってくれる1~2PIPSぐらい不利に約定することが多い詳細を見る
IFD注文エントリー注文と同時に利益確定・損切りのどちらか1つを設定できるチャートを見れない時でも、エントリー+決済をしてくれる決済注文は1つしか入れることができない詳細を見る
IFO注文エントリー注文と同時に利益確定・損切り注文を入れることができるチャートを見なくても、リスク管理ができる注文価格に到達しなければ、注文が約定しない詳細を見る
トレール注文価格が上昇するのに合わせて、逆指値の注文価格も上昇していく予想通りに価格が動き続けるだけ、利益が伸びていくレンジ相場では、機能しない詳細を見る

【初心者が最初に使うべき】FXの基本的な3つの注文方法

<img width=
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

初心者が、まず始めに使うべき注文方法は、上記の3つです。

詳しく解説していきます。

成行注文

成行注文とは、事前に売買価格を設定せず、現在の価格でエントリー注文を入れる注文方法です。

成行注文を注文しやすくしたのが、【ストリーミング注文】です。

指値注文

<img width=

指値注文とは、今の価格よりも『下がったら買う』『上がったら売る』と言うように、今の価格より有利な価格に入れる予約注文のことを言います。

例えば、現在の価格が100.00円の時に、99.00円になったら買う(ロング)という注文をします。

実際に99.00円になったら、注文が約定しますが、99.00円に届かなければ、注文は発動しません。

指値注文については、↓の記事で詳しく解説しています。

逆指値注文

<img width=

逆指値注文とは、現在の価格よりも「上がったら買い」「下がったら売り」をする注文方法です。

例えば、現在に価格が100.00円の時に、前回の高値100.50円を超えたら買いをすると言うように、予約注文を入れます。

逆指値注文は、注文価格に到達すると、自動で約定しますが、注文価格に届かなければ、約定することはありません。

逆指値注文については、↓の記事で詳しく解説しています。

FXの応用的な4つの注文方法

<img width=
  • OCO注文
  • IFD注文
  • IFO注文
  • トレール注文

基本的な注文方法を応用したのが、上記の4つの注文方法です。

詳しく解説していきます。

OCO注文

<img width=

OCO注文とは、「One Cancels the Other」の略で、利益確定ポイント・損切りポイントの2つの注文を同時に出す注文方法です。※保有ポジションに使う注文方法です。

どちらか、一方の条件が成立すると、もう1つの注文が自動でキャンセルされます。

【指値=利益確定】【逆指値=損切り】という風に指値・逆指値の意味が少し変わります。

OCO注文については、↓の記事で詳しく解説しています。

IFD注文

<img width=

IFD注文とは、『If done』(イフダン)の略で、「もしも、こうなったら新規ポジションを持ちなさい。その後こうなったらポジションを決済しなさい」という新規注文でのみ使える注文方法です。

IFD注文は、新規注文の予約と同時に、利食い or 損切りの1つ決済注文を入れることができるという特徴があります。

例えば、現在の価格が99.50円だった場合に、100.00円になったらポジションを持って、101.00円になったら利益を確定するように注文を出すことができます。

IFD注文については、下の記事で詳しく解説しています。

IFO注文

<img width=

IFO注文とは、【IFD注文】と【OCO注文】を合わせた注文方法のことを言います。

※IFD-OCO注文とも言います。

例えば、100.00円にエントリー注文を入れておくと、価格が100.00円になった時点で、エントリーと同時に指定した指値注文・逆指値注文も発注されます。

IFO注文については、↓の記事で詳しく解説しています。

トレール注文

<img width=

トレール注文とは、価格が上昇するのに合わせて、逆指値の注文価格も上昇していく注文方法のことを言います。

例えば、100.00円でエントリーして、トレール幅を50PIPSに設定したら、100.00円よりも価格が上がった場合に上がった分だけ逆指値価格が比例して上がっていきます。100.20円になったら逆指値価格は、99.70円まで上がります。

トレール注文については、↓の記事で詳しく解説していきます。

様々な注文方法を使う際の注意点

<img width=
  • ライフスタイルによって注文方法を変える
  • 手法によって注文方法を変える
  • 完璧な注文方法はない

様々な注文方法を使い際には、上記の3つに注意しましょう!

詳しく解説していきます。

ライフスタイルによって注文方法を変える

ライフスタイルによって、注文方法を変えましょう!

例えば、仕事でチャートを中々見ることができないならば、エントリーから利食い・損切りをしてくれるIFO注文がおすすめです。

または、エントリー後相場が伸びそうだと考えるならば、トレール注文を入れることで、利益の最大化を狙うことが可能になります。

手法によって注文方法を変える

手法によって注文方法を変える必要があります。

例えば、レンジブレイク手法なら、逆指値注文を基本に考える必要があります。

逆に、レンジ手法なら、IFD・IFO注文がおすすめです。

レンジ相場なら、自動売買の【ループイフダン】を使うこともおすすめです。

完璧な注文方法はない

FXの注文方法に完璧な注文方法はありません。

なので、自分の手法に合う・相場に合わせた注文方法を自分で探す必要があります。

手法については、↓の記事で詳しく解説しています。

まとめ:FXの注文方法は状況によって変えるのがおすすめ!

<img width=

FXの注文方法は、状況によって変更しましょう!

スクロールできます
注文方法特徴メリットデメリット参考記事
成行注文現在の価格でエントリーできるチャートを見ながらエントリーできるポジポジ病の危険性がある詳細を見る
指値注文現在の価格よりも有利な価格でエントリーできるチャートを見なくてもエントリーできる利益確定・損切りは手動でしなければいけない詳細を見る
逆指値注文直近の高値・安値更新時などにエントリーすることができるチャートを見なくてもエントリーできる利益確定・損切りは手動でしなければいけない詳細を見る
OCO注文エントリー済みのポジションに対して、利食い・損切り注文を入れることができるチャートを見なくても、利食い・損切りを自動でやってくれる1~2PIPSぐらい不利に約定することが多い詳細を見る
IFD注文エントリー注文と同時に利益確定・損切りのどちらか1つを設定できるチャートを見れない時でも、エントリー+決済をしてくれる決済注文は1つしか入れることができない詳細を見る
IFO注文エントリー注文と同時に利益確定・損切り注文を入れることができるチャートを見なくても、リスク管理ができる注文価格に到達しなければ、注文が約定しない詳細を見る
トレール注文価格が上昇するのに合わせて、逆指値の注文価格も上昇していく予想通りに価格が動き続けるだけ、利益が伸びていくレンジ相場では、機能しない詳細を見る
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる