MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXのIFD注文のやり方・コツ・注意点を解説【指値・逆指値どちらか1つの注文がOK】

  • URLをコピーしました!

IFD注文とは、なんだろう?やり方・メリット・デメリットについて知りたいな。

IFD注文とは、新規注文の予約と同時に決済価格を1つ入れることができます。

チャートを見る時間がない・チャートを見ると心が揺れてしまう方におすすめの注文方法です!

この記事では、IFD注文のやり方・注文方法・注意点を詳しく解説していきます。

目次

FXのIFD注文とは

<img width=

IFD注文とは、『If done』(イフダン)の略で、「もしも、こうなったら新規ポジションを持ちなさい。その後こうなったらポジションを決済しなさい」という新規注文でのみ使える注文方法です。

IFD注文は、新規注文の予約と同時に、1つ決済注文を入れることができるという特徴があります。

<img width=

↑のように、100円になったら自動でエントリーして、101円になったら決済という注文をエントリーと同時に自動で入れます。

<img width=

↑のように、損切りの設定にも使うことができます。

逆指値注文を入れることが多い

IFD注文では、指値注文(利食い)を入れることもできますが、逆指値(損切り)注文を入れる場合が多いです。

なぜならば、相場というものは、急変して思わぬ損失を抱えることが多いからです。

逆指値注文を入れておくことで、放置しておくことができます。

IFD注文を使う【3つのメリット】

<img width=
  • 自動でポジションを持ってくれる
  • エントリーと同時に利食い or 損切りの注文を入れられる
  • メンタルに左右されにくい

IFD注文を使うメリットは上記の通りです。

詳しく解説していきます。

自動でポジションを持ってくれる

IFD注文は、あらかじめ設定した価格に到達後、自動で新規ポジションを取ってくれます。

そのため、仕事前に相場戦略を練って、IFD注文を仕込んでおけば、後は勝手にエントリーをしてくれるので、チャートを頻繁に見る必要がありません。

IFD注文を成功させるコツは、チャートパターンを覚えることです。

エントリーと同時に利食い or 損切りの注文を入れられる

IFD注文では、新規エントリーと同時に指値注文(利食い) or 逆指値注文(損切り)を入れることができるというメリットがあります。

チャートを見ていない時に、エントリーと同時に損切り注文を入れることができれば、それだけでリスク回避になります。

メンタルに左右されにくい

IFD注文は、トレード戦略を練ってから注文を入れます。

チャートを見ながらだと、トレード戦略をコロコロかえてしまったり、メンタルに左右されてしまう人でも、チャートを見ないので、毎日平常心の時に注文を入れることができます。

IFD注文を使う【3つのデメリット・注意点】

<img width=
  • 決済方法は1つしか設定できない
  • 約定されずに相場が戦略通りにいく場合がある
  • スリッページもある

IFD注文を使うデメリット・注意点は、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

決済方法は1つしか設定できない

決済は【指値注文】【逆指値注文】のどちらか1つしか注文を入れることができません。

なので、指値 or 逆指値が引っかかるまでは、ずっとポジションを保有したままになってしまうというデメリットがあります。

例えば、指値注文を入れていたら、損切りされることはないので、損失が拡大することがあります。

約定されずに相場が戦略通りにいく場合がある

指定したラインまで価格がいかず、新規ポジションを持てなかったのに、戦略通りの方向に相場が行ってしまう場合もあります。

例えば、100.00円で押し目買いの新規ポジションを持つ注文を入れたけど、100.00円まで下がらずに、100.05円ぐらいまで下がってから、上がっていってしまうこともあります。この場合は、IFD注文が発動しません。

スリッページもある

IFD注文にも、スリッページが存在しています。

スリッページとは、注文した価格よりも0.1~2PIPSぐらいズレて約定することを言います。

特に、逆指値注文を入れた場合は、スリッページがしやすい傾向にあります。

IFD注文【やり方】

<img width=

FXのIFD注文のやり方について解説していきます。

FX会社によって、IFD注文のやり方が多少異なることがありますが、ほとんど同じ流れで設定することができます。

IFD注文までの流れ

  1. 注文タイプを【IFD】に変更
  2. 【新規売買】売り or 買いで入るかを決める
  3. 取引数量を選択
  4. 指値(今の価格よりも有利)・逆指値(今の価格よりも不利)の価格を入力
  5. 注文レートを記入
  6. IFDの有効期限を選択(新規ポジション)
  7. 【決済売買】数量を記入
  8. 指値(利食い)・逆指値注文(損切り)を選択
  9. 注文レートを記入
  10. 有効期限を選択
  11. 【確認画面へ】をクリック

IFD注文のやり方は、上記の手順です。

IFD注文の決済は、指値 or 逆指値注文のどちらか1つしか選択できません。

IFD注文を成功させる3つのコツ

<img width=
  • 古いIFD注文は削除する
  • 環境認識してから注文を入れる
  • チャートパターンを覚える

IFD注文を成功させるコツは上記の通りです。

詳しく解説していきます。

古いIFD注文は削除する

IFD注文で期間を、無期限に設定した場合、優位性が無くなった古い注文は消していきましょう!

なぜならば、意図していない時(忘れていた時)に注文が入ってしまう場合があるからです。

また、IFD注文を入れると、入れた数量分口座資金がロックされてしまうので、無駄にレバレッジをかけることに繋がってしまいます。

環境認識してから注文を入れる

IFD注文を入れる場合は、特に長期足を重点的に環境認識をしましょう! 

また、他通貨ペア・通貨の相関関係なども意識しながら注文レベルを発注します。

環境認識については、↓の記事で詳しく解説しています。

チャートパターンを覚える

IFD注文をうまく成功させるコツは、チャートパターンを覚えることが重要です。

チャートパターンを覚えることにより、これからの相場の値動きが予想しやすくなります。

そのため、IFD注文の効果を最大現に発揮できるようになります。

チャートパターンについては、↓の記事で詳しく解説しています。

IFDの取引は自動売買もおすすめ

<img width=

IFD取引を自動でやってくれる、【ループイフダン】というサービスもおすすめです。

  • ループイフダンの通貨を選ぶ
  • 取引数量を決める
  • 最大ポジション数を決める

アイネット証券のループイフダンなら、上記の3ステップで簡単に自動売買を始めることができます。

初心者の口座開設者数が5割を占めている会社なので、誰でも使いやすい会社です。

しかも、2020年4月1日~2021年3月31日までに、ループイフダンを使った人の口座資金が平均27%もアップしているのも人気の秘密です!

\ 初心者の口座開設が多い /

まとめ:IFD注文のやり方は簡単!

<img width=

IFD注文は、新規ポジションの予約注文と同時に、1つ決済注文を入れることができるという注文方法です。

決済注文は、指値注文 or 逆指値注文のどちらか1つしか入れることができないので注意が必要です。

ポジションを保有している場合は、IFD注文を使うことができないため、指値注文・逆指値注文・OCO注文のどれかの注文方法で注文を入れることになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次