MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXのトレール注文の最強の使い方・メリット・デメリットを解説【勝てない原因も紹介】

  • URLをコピーしました!

FXのトレール注文とは、なんだろう?どうやって使うのかな?

FXのトレール注文とは、価格が上昇するのに合わせて、逆指値注文の価格も上がっていく注文方法のことを言います。

そのため、トレール注文を設定することにより、チャートを見なくても多くの利益を狙うことが可能になります。

トレール注文は、トレンド相場で効果を発揮するという特徴があります。

この記事では、トレール注文の使い方・メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

目次

FXのトレール注文とは

<img width=

トレール注文とは、価格が上昇するのに合わせて、逆指値の注文価格も上昇していく注文方法のことを言います。

<img width=

↑トレール幅を50PIPSに設定して、100.00円でポジションをエントリーした場合、最初の逆指値注文の価格は99.50円になります。

エントリー後価格が100.00円よりも上がった場合、それに比例して逆指値注文も上がっていきます。

1度上がった、逆指値注文は下がることはありません。

先ほどの高値よりも、価格が上がった場合に、また逆指値の注文価格は上がります。

なので、価格が上がっていく限り、逆指値の注文価格は比例して上がっていきます。

その後、101.00円で高値を更新できず、下がってきたので、100.50円で逆指値が引っかかり、利益確定になります。

トレール注文は、売り(ショート)でも同じように使うことが可能です。

FXでトレール注文を使う【3つのメリット】

<img width=
  • 利益を伸ばすことが可能
  • チャートに張り付かなくてOK
  • リスク管理になる

FXでトレール注文を使うメリットは上記の3つです。

詳しく解説していきます。

利益を伸ばすことが可能

指値注文・OCO注文などは設定した注文価格に到達後、利益を確定してしまうため、利益を伸ばすことができません。

例えば、100.00円でエントリー後、100.50円に指値注文を置いていたら、価格に到達後50銭の利益が確定します。

しかしながら、トレール注文は、トレール幅を50PIPSに設定した場合、50PIPS下がらない限り、100PIPSでも200PIPSにも利益は膨らむ可能性があります。

そのため、より多くの利益を狙うことが可能になります。

チャートに張り付かなくてOK

トレール注文を設定しておけば、チャートに張り付く必要はありません。

なので、仕事でチャートが見れない時などでも、より多くの利益が狙えます。

リスク管理にもなる

トレール注文をすることにより、リスク管理をすることもできます。

例えば、トレール幅を50PIPSに設定した場合、最大の損失は50PIPSになります。

しかしながら、エントリー後、価格が20PIPS伸びた後下がってしまった場合、損失は30PIPSで済みます。

そのため、エントリー時よりもリスクが減っています。

FXでトレール注文を使う【3つのデメリット・注意点】

<img width=
  • レンジ相場に弱い
  • トレール幅が狭すぎるとすぐに損切りに引っかかる
  • ボラティリティを考えながらトレール幅を考える必要がある

FXのトレール注文を使うデメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

レンジ相場に弱い

トレール注文は、「レンジ相場に弱い」というデメリットがあります。

例えば、30PIPS幅のレンジ相場だった場合に、トレール注文を使っても大した利益を見込むことができません。

レンジの下値でポジションを持った後、30PIPS上がっても、利益は確定されず戻ってきてしまうので、建値決済か、損切りで終わってしまう可能性があるので、注意が必要です。

トレール幅が狭すぎるとすぐに損切りに引っかかる

トレール幅を10PIPSとかに設定してしまうと、すぐに損切りになったり、建値決済になる可能性があります。

例えば、エントリー後10PIPS上がっても、建値に戻ってくることは多いです。

そのため、値幅を狙えず、トレールの効果を発揮することができません。

ボラティリティを考えながらトレール幅を考える必要がある

通貨・その時のボラティリティを考えながらトレール注文の値幅を考える必要があります。

例えば、トレール幅を20PIPSに固定しながらやってしまうと、ボラティリティが高い時には、一瞬で引っかかる可能性もあります。

なので、トレール幅を毎回考えることにより、トレール注文の効果を最大限引き出すことが可能になります。

トレール注文【最強の使い方】

<img width=
  • トレンド相場で使う
  • 環境認識をしっかりする
  • トレール幅はボラティリティに合わせて調節する

FX【トレール注文】をうまく活用できる最強の使い方は、上記の3つのルールを守ることが重要です!

詳しく解説していきます。

トレンド相場で使う

トレール注文は、トレンド相場で使うことが絶対条件です。

なぜならば、レンジ相場では、すぐに価格が建値に戻ってきてしまい、建値決済 or 損切りになってしまうからです。

そのため、トレール注文で利益を伸ばすためには、トレンド相場で使わなければ意味がありません!

環境認識をしっかりする

トレール注文を入れる前に、環境認識をしっかりとしましょう!

特に、自分がトレードしている時間足よりも、長期足の相場の流れが重要になります。

なぜならば、長期足がレンジ相場の場合、短期足でトレンドが発生していても、思ったよりも価格が伸びないことがあるからです。

トレール幅はボラティリティに合わせて調節する

トレール幅は、ボラティリティに合わせて調節しましょう!

なぜならば、ボラティリティが高いと、すぐに逆指値注文に引っかかってしまって、上手く利益を伸ばすことができないからです。

また、トレール幅が近すぎると意味がないので、最低でも20PIPS以上離す必要があります。

トレール注文ができるおすすめFX会社

<img width=

実は、すべてのFX会社で【トレール注文】が使えるわけではありません。

そのため、FX会社を選ぶ必要があります。

トレール注文が使える、おすすめの会社は【】です。

外貨ex byGMOは、GMOグループが運営している安心できる会社で、取引ツールも使いやすいのでおすすめ!

同じGMOグループが運営している【GMOクリック証券 FXネオ】では、トレール注文を使うことができません。

また、取引数量に応じて、現金のキャッシュバックが受けられるのも魅力の1つです。

まとめ:トレール注文はトレンド相場で効果を発揮する

<img width=

トレール注文とは、価格が上昇するのに合わせて、逆指値の注文価格も上昇していく注文方法のことを言います。

トレール注文は、トレンド相場で使うことにより効果を発揮します。

しかしながら、レンジ相場では、あまりうまく機能しないので注意が必要です。

レンジ相場では、OCO注文が効果を発揮します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる