【ノート術】メンタリストDAIGOさんのオススメのやり方!!

雑記

皆さんこんにちは!

投資のカモです!!

最近難しい本を読んだりします。
その時の、ノート術が知りたい

仕事でアイデアを出しやすくするノート術を知りたい

このようなお悩みの方は多いと思います!
今回はノート術を知りたい方へ向けての記事になります!

メンタリストDAIGOさんお勧めのノート術

年収1000万を超えたい人にオススメのノートがこちら

↑の動画でDAIGOさんがお勧めのノート術を言っています!

結論を言いますと、お勧めのノート術はマインドマップを書くことです!

ノート術のポイントは3つある

  1. 理解を促してくれるかどうか
  2. 記憶を定着させてくれるかどうか
  3. 創造力につながるかどうか

以上がノートをとるうえで大切なことになります!

マインドマップとは

本を何回も読んだり・ディスカッション・授業に参加するよりもマインドマップのほうが効果があるという研究効果があるみたいです。

<img src="9b2137a28c1a92a044fee7ed63dcbc35.png"alt="マインドマップ イメージ">

1つの大きな目的があり、紐ずいて3つ概念があり、その下にさらに3つの概念がある。
自分の知識の置き場所を知るのが大切!

普通に考えたら9つの知識がありますが、元を正すと1つの知識です。
いきなり9つすべてを覚えるのは難しいですが、1つの知識としてなら覚えやすいです。

優先順位をつけながらノートをとれるのが大きな特徴

最初に大きな目的がありB1・B2・B3の枝があり、その下にさらに3つの枝がある。
このマインドマップを埋めていくと自動的に優先順位をつけていくことになります!
そのため、知識と知識の相関性が分かりやすいので、記憶に残りやすい。
また、網羅性があります。

記憶に残したい場合・忘れやすい場合の対処法

記憶に残したいところは、落書きするのが良いです!
もし、覚えられない・忘れてしまうところがあるのならそこに絵を描くのが良いです。

ただ、絵を描くことよりも、階層構造を作り→順位を作り→何度も見返す方が大切!

つまり、マインドマップを書き→それを何度も読み返す→それでも覚えられない場合は覚えられない箇所に絵を描くのが1番良さそうです!

読書のやり方

最初本を見る時はマインドマップを埋め込むことだけを考える
そうするとマインドマップで書かれた内容だけを読むようになり、記憶に残りやすくなる!
また、もし記憶に残っていないのならそこをもう一度よく見返すことができます。

つまり、マインドマップを書きながら本を読めば、本の要点が分かりやすくなります。
そして、本を読んで分からないことが、明確に分かるのでマインドマップ読書術はかなり使えそう!

もし新しいアイデアが思いつかない場合

もし新しいアイデアが浮かばない場合は空白のマップを作りましょう!

<img src="9b2137a28c1a92a044fee7ed63dcbc35.png"alt="マインドマップ イメージ">

人間は穴を埋めたくなるという心理が働きます!
なので、この空白のマインドマップを少しづつでもよいので、埋めていきます。
※無理やりにでもいいから埋めること!

埋める作業を毎日やると創造性が高まります!

初めに大きなマインドマップを作ると挫折するので、初めは小さなマップを作る!

初めは3×3が理想的(上の画像は3×3)

1日1個ずつでもいいので必ず書くこと!
それを何個もやっていると次第に大きなマインドマップになる

マインドマップは個人差がある

もともと頭が良い人はマインドマップは効果がないと言われている。
マインドマップ自体は、認知をアップするものなので、もともと認知能力が高い人にはあまり意味がないみたいです!

ただ、そのレベルの天才ならノート術に悩むことはないので、そのほかの人には効果がある可能性が高いですね!

まとめ

お勧めのノート術はマインドマップを書くことです!

このマインドマップは、本を読む時・新しいアイデアを考える時にも効果があります。

私も最近やり始めました。
感想としては、最初はマインドマップを埋めるのに苦労しましたが、何回か書いていくうちにスラスラとアイデアが出てくるようになりました。

まだやって、2~3日なので、新しいアイデアが出ますとはまだ言えないものの初めの手ごたえとしてはなかなか良い感じです!

 

コメント