今の相場にオススメ!世界一安全な株のカラ売り。

世界一安全な株のカラ売り

相場師朗さんの新しい本が発売されました。
その名も世界一安全な株のカラ売り

今の相場にピッタリな感じがします。
相場師朗さんの本といえば、発売から1ヶ月で入手困難になります。

先月12月に発売された

の本もAmazonでは入手が難しい状況です。(品薄のため定価より高く設定されている)

私が普段オススメする本
株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)
一生モノの株のトリセツ
の二冊も発売から1ヶ月ぐらいで品切れ状態になりました。

私は一生モノの株のトリセツは品切れだったので、購入までに1ヶ月かかりました。
なので、今回も早めに品切れる可能性があります。
購入を悩んでいるのなら早めに買った方がいいですよ!

相場は上がりにくく下がりやすい

相場というものは上がりにくく下がりやすいものです。
ということは、上げを狙うよりも下げを狙った方が短期間で稼げるということになります。

なぜ下がりやすいのか?

理由は簡単です。
いくら儲かっている株をもっていたり、為替トレードでドルなどを持っていても、日本では生活できません。
必ず、円に替え利益を残さなけばなりません。
常に、現金として持っていたい需要はあります。

もし、世界大不況になったり、何かしらの経済の悪いニュースが出た場合、一目散に現金に替える動きが加速します。

その結果、売りが売りを呼ぶことになり、簡単に相場は下がってしまいます。

この前の大暴落

この画像を見てもらえれば分かると思いますが、去年の3月から始まった上昇相場ですが、わずか3週間で元の水準まで下がっています。

しっかりとジリジリ上昇し、ドカーンと下がっています。

約9か月の上昇利益=3週間の下落利ということになります。

売りの方が短期間で稼げるのがなんとなく分かっていただけた思います。

相場師朗さんの年間利益も6割以上が売りで稼いでいるみたいです。

必要な武器はローソク足と移動平均線だけ!!

相場師朗さんの良さは
特別なインディケーターとかを購入する必要がまったくないことです。

どの証券会社を使っていても必ずある、移動平均線(SMA)で判断します。
なので、別途お金がかからず、そして、シンプルなのがメリットだといえます。

ローソク足で鮮度をみて、移動平均線で相場の流れを見ます。

必殺技(忍法)が分かりやすい

相場師朗さんをオススメする理由の一つに必殺技(忍法)があります。
今回の本でも新技の紹介されています。

この必殺技はかなり相場では使える頻度が多いいです。

そして、今の相場の声が聞こえやすくなります。

必殺技は過去記事でも何個か紹介しています。

相場師朗の秘技!やはりモノワカレは鉄板で儲かる!!
www.toushinokamo.comこの本に色々技が載っています。モノワカレとは??簡単に絵を書きましたが、こんな感じです。相場師朗さんの忍法の一つになります。
相場師朗の秘技!トライ届かずは稼げる合図!!
昨日は月曜日だったので、FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX! で西原さんと大橋さんの対談コラムがありました。参考にどうぞ。 トライ届かず このチャートは、昨日のブログで使ったチャートになります。 www...
相場師朗の秘技!7の法則・9の法則は分かりやすく儲かる!!
秘技!9の法則!! この前は300日線についてやりました。 www.toushinokamo.com いかに300日線に触れた時が重要かお分かりいただけたと思います。 今回も今のチャートで何の秘技が使えたかをやってい...
相場師朗の秘技!やはり下半身は低リスク・ハイリターン!!
 相場は下半身から始まる!  下半身とは ローソク足が5日線(赤い線)よりも体半分出る形のことを言います。 ラジオ日経では、公共の電波ということもあり、半分の法則と呼ばれています。

等たくさんあります。

私は今のドル円相場では、逆モノワカレを狙っています。

練習の仕方・考え方が書いてある。

相場師朗さんの本を買うメリットとして、毎回、練習の仕方、考え方が書いてあります。

トレードの練習の仕方・考え方なんて、他の投資の本には一切触れられていません。

なので、初心者~中級者にオススメです。
また、上級者の方でも新たな発見があると思います。

そして、毎回練習のしかたが進化しているし、分かりやすくなっているので、かなり参考になると思います。

まとめ

今回の本は全部で6章で構成されています。

  1. 下落は宿命 カラ売りの大前提
  2. 超シンプル!下落を爆益に変えるシグナル
  3. 次の次を読め!下落時の基本戦略
  4. 急落も想定内 下げで稼ぎ続ける超実戦
  5. 短期売買を制す!移動平均線の新技術
  6. 初心者でも丸わかり 信用取引の仕組み

という感じで構成されています。

題名の通り、売りに特化した本になります。
なので、上昇相場が好きな方は下の記事の本をお勧めします。

相場師朗の本買うならどっち??
 相場師朗の本買うならどっち?? 私が読みやすいと思ったのは旧作の株は技術だです。

一生モノの株トリセツは少し読みにくい感じがしたのですが、今回はかなり読みやすかったです。

そして、いつも以上に実戦的な内容になっていて、とてもためになりました。
相場師朗さんの本は、毎回新たな発見がありますね。
いまだに、株は技術だ!を読んでいます。
この本は何回読んだか分からないですね。

この本も本がボロボロになるまで読みたいと思います。

コメント