MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXのスパンモデルおすすめ設定値・使い方を解説【スキャルピングでも使える】

FXのスパンモデルは、どういうインディケーターなんだろう?おすすめの設定値・使い方を知りたいな。

スパンモデルとは【現在の価格】に注目し、一目均衡表をアレンジしたインディケーターです。

元ディーラーである柾木利彦さん(マーフィー)が考案した インディケーターです。

一目均衡表よりも、価格への反応が良いので、短期トレードに向いています。

以下の記事では、スパンモデルの特徴・使い方について詳しく解説していきます。

スパンモデルが使える!おすすめFX会社【3選】

  • ↳すぐに取引をしたいならココ

  • ↳スキャルピングしたいならココ

  • ↳MT4を使いたいならココ
目次

スパンモデルとは

スパンモデルとは、『一目均衡表』をアレンジしたインディケーターで、元ディーラーである柾木利彦さんが考案したテクニカル指標です。

柾木利彦さんは、『マーフィー』という愛称でも親しまれています。スーパーボリンジャーを考案した人でもあります。

3つのスパンがある

<img width=
スクロールできます
名前時間軸判断のやり方
青色スパン短期のトレンド方向を計るローソク足との位置関係で判断
赤色スパン長期のトレンド方向を計る赤色スパンの向きで判断
遅行スパン中期のトレンド方向を計るローソク足との位置関係で判断
ゾーンとの位置関係で判断

3つのスパンの特徴は、上記の通りです。

スパンモデルは、各スパンの意味・特徴を考えながら取引する必要があります。

スパンモデルと一目均衡表の違い

スクロールできます
線の本数特徴
一目均衡表5本将来の値動きの予測を重視:長期トレード向き
スパンモデル3本現在の相場を重視:短期トレード向き

スパンモデルと一目均衡表の違いは上記の通りです。

<img width=
<img width=

一目均衡表の【雲】は未来にも現れますが、スパンモデルのゾーン(雲)は現在の価格までしか出ないという違いがあります。

ゾーン(雲)とは、青色スパンと赤色スパンの間のことを言います。

スパンモデルとスーパーボリンジャーの違い

スクロールできます
特徴使える場面
スーパーボリンジャー価格的要素(縦軸)を重視どこで買う・売るかの判断に強い。スパンモデルよりも比較的短期の判断
スパンモデル時間的要素(横軸)を重視いつ買う・売るかの判断に強い。スーパーボリンジャーよりも比較的長期の判断

スパンモデルとスーパーボリンジャーの違いは上記の通りです。

一般的には、スパンモデル・スーパーボリンジャーを組み合わせたトレードを推奨しています。

スパンモデル【おすすめ設定値】

<img width=
  • 転換線:9
  • 基準線:26
  • 遅行スパン:52

スパンモデルは、上記のデフォルト設定値がおすすめです。

【現在の価格を重視】している性質上、値動きに敏感なため、数値の変更はあまりおすすめできません。

スパンモデル【見方・簡単な使い方】

<img width=

スパンモデルは、一目均衡表から派生してできたものなので、奥が深く、難しいです。

そのため、誰でもわかるように、スパンモデルの基礎的な見方・使い方について解説していきます。

3つのスパンモデルの見方

<img width=

3つのスパンモデルの見方について解説していきます。

青色スパン(先行スパンA)

<img width=
  • ローソク足の終値が青色スパンの上にある⇒強気相場
  • ローソク足の終値が青色スパンの下にある⇒弱気相場

青色スパン(先行スパンA)の見方は、上記の通りです。

赤色スパン(先行スパンB)

<img width=
  • 赤色スパンの向きが上向き⇒強気相場
  • 赤色スパンの向きが下向き⇒弱気相場

赤色スパン(先行スパンB)の見方は、上記の通りです。

遅行スパン

<img width=
  • 遅行スパンがローソク足やゾーン(雲)の上にある⇒強気相場
  • 遅行スパンがローソク足やゾーン(雲)の下にある⇒弱気相場
  • 遅行スパンがローソク足やゾーン(雲)に絡んでいる⇒レンジ相場
  • 遅行スパンとローソク足の位置関係⇒短期の判断
  • 遅行スパンとゾーン(雲)の位置関係⇒長期の判断

遅行スパンの見方は、上記の通りです。

スパンモデル【簡単な使い方】

  • 遅行スパンがゾーン(雲)から出ている
  • ゾーン(雲)のねじれで相場転換を考える
  • ゾーン(雲)の抵抗でエントリー(ゾーンの幅が厚いほど抵抗が強い)

スパンモデルは、レンジ相場に強くないため、上記のような流れが出てきたサインを見逃さずに取引することをオススメします。

一目均衡表の【三役好転】【三役逆転】に近い形が最も勝率が良くなります。

【注意点】「レンジ相場に弱い」という特徴がある

<img width=

スパンモデルは、一目均衡表と同じで【レンジ相場】に弱いという性質があります。

<img width=

↑レンジ相場になると、線がもみ合ってしまい、ダマシも頻繁に発生してしまいます。

ダマシ回避方法①:長期足の流れを考える

普段自分が取引している時間足で、レンジ相場になってしまった場合、長期足の流れを考えるようにしましょう!

例えば、5分足で取引をしているなら、30分足・1時間足などで流れを確認し、流れに従うとダマシにあう確率が減ります。

相場は最終的に、大きな流れに従いやすいという性質があります。

ダマシ回避方法②:オシレーターを使う

オシレーター系インディケーターを使うことにより、相場の天井・大底をうまくとらえることができます。

また、トレンド発生を早めに察知することもできるため、相場の初動に乗ることも可能になります。

おすすめのオシレーターは、↓の記事に詳しくまとめています。

スパンモデルが使える!おすすめFX会社【3選】

<img width=

  • ↳すぐに取引をしたいならココ

  • ↳スキャルピングしたいならココ

  • ↳MT4を使いたいならココ

スパンモデルが使えるおすすめのFX会社は、上記の3社です。

スパンモデルは使える会社と、使えない会社があるので注意が必要です。

DMM FX

  • 口座開設数【80万】口座以上
  • 取引ポイントが貯まる
  • 24時間サポート

DMM FXは、大手企業のDMMが運営していることもあり、信頼・安心できることから、80万口座以上の口座開設数を誇ります。

初心者でも使いやすい取引ツールで、トレードする度に、取引ポイントが貯まり、ポイントは現金に換えることもできるので、お得にトレードができます。

口座開設まで最短【1時間】なので、すぐに取引を始めたい方におすすめです。

\ 口座開設まで最短【1時間】 /

ヒロセ通商(スキャルピングをしたい方向け)

  • 50通貨ペアの取引が可能
  • 世界最速水準の約定スピード
  • キャンペーンが魅力的

ヒロセ通商は、世界最速水準の約定スピードなので、スキャルピングをやりたい方におすすめです。

取引ツールも、スキャルピングがやりやすいように設計されています。

また、取引すればするほど貰える、キャンペーンが魅力的で『ヒロセ飯』という言葉も存在します。

\ スキャルピングをしたいならココ /

MT4を使いたいなら【FXTF】

  • MT4が使える(MacでもOK)
  • 有名トレーダーのインディケーターが無料で使える
  • FXTF未来チャートが使える

MT4で【スパンモデル】を使いたい場合、自分でMT4にインストールしなければ使えません。

しかしながら、FXTFではデフォルトで【スパンモデル】を使うことができるため、すぐにトレードをすることができます。

また、MT4が使えるにも関わらず、【業界最狭水準のスプレッド】で取引ができます。

\ MT4を使いたいならココ /

まとめ:スパンモデルは短期トレードにおすすめ!

<img width=

スパンモデルとは、「一目均衡表」をアレンジしたインディケーターで、【現在の価格】に注目したトレンド系インディケーターです。

価格への反応が早いため、短期トレードに向いています。

スパンモデルの生みの親である柾木利彦さんは、【スーパーボリンジャー】のインディケーターも開発していて、両者は相性がいいので、両方のインディケーターを組み合わせたトレードを推奨しています。

スパンモデルの精度を上げるために、ダウ理論を学ぶことがおすすめです。

スパンモデル以外のインディケーターは、↓の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる