海外FXと国内FXどちらが良いのか!?税金面から考えてみた!

FX基礎知識

皆さんこんにちは!

投資のカモです!

今回は

海外FXと国内FXどちらが良いのか知りたい

海外FXの税金がどうなっているのか知りたい

今回はこんなお悩みの方に書いています


スプレッド最狭水準宣言

FXで確定申告した場合の税金について

最近Twitterで海外FX・国内FXについて少し話題になっています。

という、AKIさんの意見があったり。
先月突如として現れた神様集団の2名は海外FXを勧めていたり

ジモン先生@naminori_jhonnyは海外FXを勧めています。

海外FX・国内FX どっちが良いのか分からないですよね?

なので、税金面という観点から今回は記事を書いていきます。

海外FX・国内FXの税金問題

国内FXの場合

1年間の利益が20万円を超えた場合、一律20.315%の税金がかかります。
なので、稼げば稼ぐほど、税金の負担は減っていきます。
例えば、20万円の利益の場合→4万円
100万円→20万円の税金がかかります。
結構キツクないですか??
私は結構キツイと思います。
しかし、
1000万円→200万円
1億円→2000万円
と税金の負担はかなり減ります。
よく1億円稼いでいる人は税金で半分持っていかれると言われますが、FXの場合は20%のみで良いのです。
ちなみに、税金の安いと知られるシンガポールの最高税率は20%なので、いかにFXが安い税率なのかが分かります。
海外FXの場合
総合課税になる。
簡単にいうと、利益によって税金が変わっていきます。(累進課税)
195万円以下だと、税金は15%(所得税5%+住民税10%)になります。
20万円→3万円
100万円→15万円
となります。
100万円稼いだ時の国内FXよりも税金を5万円安くなるのは、かなりデカいです。
195万~330万円→20%
330万以上~695万円→30%
695万以上~900万円→33%
900万以上~1800万→43%
1800万以上→4000万→50%
4000万以上→55%
という感じです。
なので、330万円までなら20%の税金なので、国内FXと同じ税率です。
税金を気にするなら、
海外FXである程度稼いで、種銭を作り、国内FXに切り替えるというのが一番税率が少なく済み・早くお金が稼げそうですね。

国内FXは確定申告すれば、損失が繰り越せる!?

国内FXは損失が3年間繰り越せます!

例えば、
1年目-100万円
2年目-50万円
3年目-30万円
4年目+200万円

だとすると、4年目に払う税金は20万円分のみ!つまり、4万円でOK!!

注意点としては、毎年マイナス収益でも確定申告をするという条件付きです!!
もし、2年目に確定申告を忘れた場合で、3年目にまた確定申告していた場合は、1年・2年目の繰り越しは0になりますので、4年目の税金は170万円分の税金を払わなければなりません!これには注意が必要です!!

まとめ

国内FXの税金は
1年間の利益が20万円を超えた場合、一律20.315%の税金がかかります。(住民税含む)

海外FXの税金は

      • 195万円以下だと、税金は15%(所得税5%+住民税10%)
      • 195万~330万円→20%
      • 330万以上~695万円→30%
      • 695万以上~900万円→33%
      • 900万以上~1800万→43%
      • 1800万以上→4000万→50%
      • 4000万以上→55%

    という感じで累進課税になります。

195万円以下の利益の場合は海外FXの方が税金は安いです。

ただ、330万円以上の利益の場合は国内FXの方が税金が安くなります。

なので、自分の利益を見ながら国内FXを使ったり、海外FXを使ったりしてもいいと思います。

みんなのFX

コメント