MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。現在32歳です。趣味でリゾートバイトをして全国を巡りながらトレードをしている兼業トレーダーです。
FX会社ランキング
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
自動売買におすすめ

OANDA【CFD】の特徴と評判を解説!【株価指数16種類が取引可能】

OANDA【CFD】ってどんなサービスなんだろう?特徴と評判を知りたいな。

OANDA【CFD】は、株価指数CFD16種類のトレードができます。

国内では珍しい【MT4・MT5 】を使ってトレードをすることができるので、初心者~上級者に人気があります。

特徴を簡単に解説
  • 株価指数16銘柄の取引が可能
  • 最低取引単位【1LOT】
  • 手数料無料
  • 少額から取引できる
  • MT4・MT5が使える
  • 自動売買ができる
  • 様々なマーケット分析ツールが使える
  • 板情報が見れる

以下の記事では、OANDA【CFD】について詳しく解説していきます。

\ 板情報が見れる /

目次

OANDA【CFD】とは

OANDA【CFD】は、16種類の株価指数CFD取引をすることができるサービスです。

株価指数CFDの特徴
  • ほぼ24時間の取引が可能
  • 売りからでも取引ができる
  • リスクヘッジにも使える
  • 倒産リスクも減る
  • レバレッジは10倍

OANDA【CFD】は、MT4・MT5 で裁量トレードができるし、自作のシステムなどを使って自動売買もできます。

FXの取引も同じMT4・MT5 を使ってできます。

OANDA【CFD】の5つの特徴

<img width=
  • 株価指数16銘柄の取引が可能
  • 手数料無料
  • 少額から取引できる
  • MT4・MT5が使える
  • 自動売買ができる

以下で詳しく解説していきます。

株価指数CFD【16銘柄】の取引が可能

スクロールできます
JP225
日経株価指数225
AUS200
オーストラリア株価指数200
CHINA50
中国A株価指数50
HK50
香港株価指数50
INDIA50
インド株価指数50
SING30
シンガポール株価指数30
TWIX
台湾株価指数
EU50
ヨーロッパ株価指数50
GER30
ドイツ株価指数30
FRA40
フランス株価指数40
NL25
オランダ株価指数25
UK100
イギリス株価指数100
US100
米国ナスダック株価指数100
US2000
米国ラッセル株価指数2,000
US500
米国S&P株価指数500
US30
米国ウォールストリート株価指数30

OANDA【CFD】では、上記の16銘柄の取引が可能です。

手数料【無料】

  • 取引手数料
  • 口座開設費用
  • 口座維持費用
  • ダイレクト入金手数料
  • 出金手数料

OANDA CFDでは、上記の手数料が【無料】です。

少額から取引できる

CFDはレバレッジが10倍まで効かせることができるので、株の現物取引・投資信託取引(レバレッジ1倍)をするよりも少額で取引をすることができます。

例えば、日経平均の価格が20,000円だとすると、株価指数CFDは2000円から取引をすることができます。

MT4・MT5が使える

<img width=

OANDA【CFD】の大きな特徴として、世界中のプロトレーダーに人気の無料取引ツール【MT4】【MT5 】を使ってチャート分析・売買をすることができます。

MT4・MT5は、カスタマイズ性に優れていることや、チャート分析のしやすさが特徴です。

豊富なインディケーターがあり、自作のインディケーターを使って売買することも可能です。

自動売買(システムトレード)ができる

MT4・MT5では、自動売買(システムトレード)をすることができます。

自作の自動売買システムを作ったり、市販の自動売買システムを購入して、自動売買をすれば、寝ている間・仕事中も自分の戦略通りにトレードをしてくれます。

\ 板情報が見れる /

OANDA【CFD】の3つのメリット・オススメな人

<img width=
  • 約定方式はNDDで透明性がある
  • 様々なマーケット分析ツールが使える
  • 板情報が見れる

以下で詳しく解説していきます。

約定方式はNDDで透明性がある

OANDAの約定方式はNDD方式です。

NDD方式(No Dealing Deskの略)とは、トレーダーの注文をそのままインターバンクに流すことを言います。カバー先のレートを直接表示してくれるので、安心してトレードができます。

【約定スピード】・【スリッページの発生状況】のデータを毎週開示をしているので透明性があります。

様々なマーケット分析ツールが使える

OANDAの特徴として、様々なマーケット分析ツールが使えるというメリットがあります。

株価指数変化率や各通貨のボラティリティなどの分析ツールを使うことができるので、トレード戦略を練るための参考になります。

板情報が見れる

<img src=

OANDA【CFD】では、各銘柄で板情報(Depth of Market)を見ることができます。

板情報とは、市場の大きさを知ることのできる機能です。

売買双方で複数の価格と価格毎に取引できる取引数量が表示され、マーケットでどの程度注文を処理することができるかを示しているものです。どの価格でどのくらいの数量の注文を処理できるかを即時に確認することができるので、大口の注文を行う際や市場の流動性を確認する場面で役立つ機能です。

引用:OANDA【CFD】

OANDA【CFD】のデメリット【取扱銘柄が少ない】

<img width=

OANDA【CFD】のデメリットは、取引銘柄が株価指数の16種類しかトレードができないことです。

なので、金や原油などの商品の取引・個別株の取引・ETFなどの取引をすることができません。

しかしながら、OANDA【CFD】の取引を開始したのは、2020年なので、これから徐々に取扱銘柄が増えていくことが予想されます。

もし、もっと多くのCFD銘柄を取引をしたい場合は、【GMOクリック証券】がオススメです⇓

OANDA【CFD】の評判・口コミ

<img width=

MT4・MT5 が使えるので、OANDA【CFD】に乗り換える方が多いです。

OANDA【CFD】は、サービス開始初期の時は、最低取引単位0.01LOTから取引ができたのですが、人気がでてシステムが追い付かず、最低取引単位【1LOT】の取引に変わりました。

https://twitter.com/takozou_san/status/1293735592484724736

OANDA【FX】では、TradingViewが使えますが、OANDA【CFD】では使えないので、「使えるようにして欲しい」という口コミが多かったです。

また、取扱銘柄の数を増やして欲しいという口コミも多かったです。

OANDA CFD【口座開設方法】

<img width=
  1. 口座開設フォームの入力
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. ID・パスワードが送られてくる
  5. 取引開始

口座開設~取引開始までの流れは上記の通りです。

口座開設の日数は、【オンライン本人認証】の場合には最短当日でトレードができます。それ以外の方法の場合は最短翌日からトレードが開始できます。

\ MT4が使える /

口座開設に必要な物

  • マイナンバー(個人番号)カード+本人確認書類1点
  • マイナンバー付き住民票の写し+本人確認書類1点
  • 通知書カード+本人確認書類2点

口座開設に必要な【マイナンバー書類】+【本人確認書類】の組み合わせは上記のどれかです。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 各種保険証
  • 住民票の写し
  • 住民記載事項証明書
  • 印鑑証明書

本人確認書類は上記の中の1~2つ必要です。

本人確認書類送付方法

  • オンライン本人認証
  • アップロード
  • 郵送

OANDAの本人確認書類送付方法は、上記の3パターンです。

まとめ:MT4・MT5 が使えるので、トレードの幅が広がる

<img width=
  • 株価指数16銘柄の取引が可能
  • 最低取引単位【1LOT】
  • 手数料無料
  • 少額から取引できる
  • MT4・MT5が使える
  • 自動売買(システムトレード)ができる
  • 様々なマーケット分析ツールが使える
  • 板情報が見れる

OANDA【CFD】の特徴は上記の通りです。

OANDA【CFD】は、取引ツールのMT4・MT5 が使え、様々なマーケット分析ツールが使えるので、真剣にトレードをしたい方にオススメです!

また、自作の自動売買システム・市販の自動売買システムを使った、取り引きも出来るので、寝ている間・仕事中にも自分の戦略通りに効率よくトレードをすることができます。

\ 板情報が見れる /

その他のCFD取引ができる証券会社について知りたい方は、⇓の記事が参考になります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる