今週の為替予想!ドル円のチャート分析 2019年3月18~22日 

トレード戦略

先週のブログでは、下目線と書きました。

チャート分析・為替相場予想。今週はドル円に絞ります。2019年3月11~15日
先週で完全に10万円チャレンジは終了しましたので、今週からは、またドル円に絞ってトレードをしていきたいと思います。

しかし、予想よりも強くモノワカレを作る展開となっているため、目線を考え直していきたいと思います。

ドル円チャート分析

先週と少し状況が変わってきたので、大きい時間足から説明していこうと思います。

これは先週考えた週足のプランですが、モノワカレからの下落パターンはなくなりそうですね。

下がるなら、フリーホールからの下落パターンになりそうです。

週足

とりあえずは、上昇すると考えています。

理由は

<img src="img_5c8ddd96c14bc.png"alt="ドル円 チャート分析 週足 20190318">

これは先週の終わり足が確定した後のチャートです。

  • 20週線の下で先々週終わったが、すぐに戻してきている
  • 3・5週線が上向き(角度もよい)
  • 20・60・100週線が横ばってきている
  • 300週線の上にローソク足の実体がある

なので、相場が強くなってきているのが分かると思います。

日足

日足でも強い上昇相場になっています。

金曜日の陰線が少し嫌な感じがしますが、3・5日線の上で引けているので、上目線で良いと考えています。

上がると考える理由は

  • ローソク足の実体が5日線の上
  • 5日線が20日線に対して、モノワカレ
  • 300日線の上にある

気になる点

気になる点があります。

それは先週も触れたと思いますが、1月に最安値を付けて今月で、3ヶ月目になるという点。

一つの相場は3ヶ月・6ヶ月で終わります。

なので、このまま上がるのか?と考えています。

そして、上昇を開始して、20日線の上に出てから、3回20日線に触れているのも気になります。

大体、4~5回触れると下落相場に入る可能性が高いです。

移動平均線的には強くなっているのは確かなのですが、「強い上昇相場か」と聞かれるとそうでもないかなと思います。

また、今はレンジなので、112.30を明確に抜けて来るまでは安心できません。

まとめ

来週の戦略的にはロング目線でいきたいと思います。

しかし、気になる点があるので、下がったら買いというスタンスでいきたいと思います。
理由は、高値掴みする可能性があるからです。

下に移動平均線の抵抗があることから、急落したところの節目や抵抗ラインなどでFLASHを使えばバチバチに決まる気がしています。

なので、あまり長くポジションを持たず、短期戦略になりそうです。
SBI FXトレード

コメント