今日あたり一度下がる可能性あるかな。理由は・・・

トレード戦略

ドル円は、上値を更新しています。

しかし、何となく上値が重くなってきた印象を受けます。

昨日の終値は、300日線の上で引けているので、まだ強そうな感じはしますが、ある理由によりそろそろ下がりそうだと考えています。

下がると考える理由とは

<img src="cbd861fc3325ca09a76d19ffb5f73f9a.gif" alt="ドル円 2019年2月13日 チャート 日足 9の法則 説明">

相場師朗さんおなじみの9の法則に当てはまる期間だからです。

相場師朗の秘技!7の法則・9の法則は分かりやすく儲かる!!
皆さんこんにちは! 投資のカモです! 投資初心者です。 チャートのどこを見ればよいか分かりません 稼ぎたいけど、難しいのは嫌だな ...

去年は9の法則で儲けた場面もありますが、年後半は9の法則をシカトして大きな損失をした場面がありました。

なので、9の法則にはなるべく逆らわないようにしていきたいです。

9の法則

<img src="cbd861fc3325ca09a76d19ffb5f73f9a.gif" alt="ドル円 2019年2月13日 チャート 日足 9の法則 説明">

上のチャートを簡単に解説すると、下値を試した最安値から数えて今日で10日目なので、一度反落する可能性が高いと思っています。

9の法則は必ず9日目に反落するものではありません。
8日目に反落する場面もありますし、10日目に反落する場面も多くあります。

短期トレンドの目安として、9の法則を考えています。

9の法則基本的な考え

基本的な考えとしては、7の法則つまり、7日目過ぎたあたりから、そろそろ逆の展開があるなと考えておくべきです。

この場面は、人によってポジションの取り方は違うと思います。
そろそろ下がると考えて、売りあがっていく人もいると思います。

私の場合は、

  • 節目付近で売る
  • 前日ローソク足を見て売る

のどちらかです。

簡単に解説すると節目付近で売ることにより、リスクリワードがかなり良くなります。

節目近辺の戦い方 相場師朗の株塾 2018年4月3日 まとめ
節目近辺の戦い方 節目トレードについて、このブログでも何回か取り上げています。 個人的に節目トレードはリスクが少なく、リスクリワードがかなりいいのでおススメしています。 www.toushinokamo.com 為替...

前日のローソク足を見て売る場合も同じように、リスクリワードがよいです。
例えば、前日のローソク足が長い上髭陰線だった場合、私の場合は、前日の高値を越えたら損切りをします。

昨日のローソク足

<img src="cbd861fc3325ca09a76d19ffb5f73f9a.gif" alt="ドル円 2019年2月13日 チャート 日足 9の法則 説明">

昨日のローソク足を見てみると、駒陽線のように見えます。

ローソク足チャートの読み方 基本編
前回のブログをまだの方は最初にそちらをお読みください。 www.toushinokamo.com 今回もチャートの基本編を紹介していこうと思います。  ローソク足 基本編

そして、300日線の攻防・すぐ上に60日線が下りてきていることから、ここは上値が重くなる場面だと考えています。

そして、9の法則も絡んでいることから、下がる可能性が高い場面です。

コメント