当分はレンジの可能性!ドル円の今週の目線。

トレード戦略

ドル円は当分レンジか!?

ドル円は当分レンジだと考えています。

 

左週足・右日足ドル円チャート。

今日からトレードを再開していきます。
今は、12月から1月の最初にかけて暴落していますから、それのショートカバーが入っている形になります。

左の週足チャートを見ていただければ分かると思いますが、かなりの大暴落だったことが分かります。しかし、この大暴落がセリングクライマック[ad]スになったと考えています。
105円まで落ちた週の週足を見ていただけると、長い下ヒゲで引けています。
また、週の終値が、Flash zoneと呼ばれるところの上で引けているのも高評価だと思います。
*FLASH ZONEとは、ポールジモン先生の手法になります。ジモン先生の生徒(ZIMON FAMILY)はこの手法を使っています。
他にもこんな手法が。

ポールジモンの手法が知りたい?知りたきゃ、おパンティ相場に学ぼう!!
おパンティ相場名付け親!その名はポールジモン!!ポールジモン先生は、去年騒がれたあの、おパンティ相場の名付け親です。与沢翼さんも去年頻繁におパンティ相場について呟いています。

週足ベースで考えれば、3週線(ピンク)が5週線(赤)を貫きそうなのもあり、フィボナッチの61.8%まで上がってくると考えられます。
またこの61.8%の近くには20週線(緑)があるので、ここまで上がりまたレンジになり上にいくか下に下がるかの展開になると考えています。

ただ、20週線が下向きなことから、逆モノワカレになり100円を目指す動きになるのではないかと予想しています。

日足

画像は日足チャートです。
大暴落の後、レンジを形成し上げてきています。
相場師朗さんのよく言う、下がって横ばいってやつです。
横ばった後は、逆に動く可能性が高いです。(絶対ではない)

今は9日間のレンジをブレイクし、20日線を上抜けています。
これから20日線の攻防に入ると考えられます。
ここでは、2パターン考えられます。

20日線が上向けば

今は、20日線(緑)が下向きです。
もし、20日線をこのまま割らずに、20日線が横ばい、上を向いてきたら間違いなく買い場です。
理由は、
モノワカレになる可能性が高いため

相場師朗の秘技!やはりモノワカレは鉄板で儲かる!!
www.toushinokamo.comこの本に色々技が載っています。モノワカレとは??簡単に絵を書きましたが、こんな感じです。相場師朗さんの忍法の一つになります。

かなり強い上昇相場になる可能性があります。
しかし、移動平均線の形が微妙なので、上がっても111円ぐらいかもしれません。

20日線が下向きのままだと。

今は下落が始まってから、初めての20日線タッチです。
もし、20日線の攻防に敗れてしまうと、少し変形の逆モノワカレになる可能性があります。
その場合、もう一度下値を探る動きになるのではないかと思っています。

今後の動きは20日線の攻防次第だと考えているので、今は様子見の方がいいかもしれませんね。
金曜日~来週にかけて、何かしらの動きがあるのではないでしょうか。
それまで資金管理をしっかりしていきたいですね。

 

コメント