MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。現在32歳です。趣味でリゾートバイトをして全国を巡りながらトレードをしている兼業トレーダーです。
FX会社ランキング
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
自動売買におすすめ

【FXの通貨ペアを増やす・絞るかお悩みの方】メリット・デメリットを解説します。

通貨ペアは、多いほうが良いのか、それとも一つに絞るのが良いのか知りたいなぁ。

私は、一通貨に絞っているけど、優位性があるところなら他の通貨もやろうかなと思っています。だけど、両方見るのは大変そうだな。

通貨ペアは多い方がいいのか・少ない方が良いのか悩んでいる方は多いですよね。

実は、トレードする通貨ペアの数は、トレードスタイル・性格によって増やすかどうかを考えた方が良いです。

この記事では、通貨ペアが多い・少ない方が良い人の判断基準を解説していきます。

おすすめFX会社【3選】
  1. GMOクリック証券
    ↳FX会社ランキング【No.1】・スキャルピングOK

  2. ↳取引ツールが使いやすい
  3. DMM.com証券
    ↳取引に応じてポイントが貯まる
目次

FXの通貨ペアを増やすか絞るかの決め方!

今回もSHINNちゃん@SHINN_CHANNEL動画をまとめさせていただきます。

以下の記事は、動画と一緒に読んでいただければ、分かりやすいと思います。

トレード手法で増やすか絞るかが決まる!

  • 時間軸が長い取引→通貨を多くしてOK!
  • 時間軸が短い取引→通貨ペアは絞る

上記を基準に通貨の数を変えましょう!

なぜ時間軸が長いと通貨ペアを増やすべきなのか?

なぜ時間軸が長いと通貨ペアを増やすべきなのか?という疑問が浮かぶと思います。

理由は、長ければ長いほど、テクニカルに集約されやすい。(シンプルな動きになりやすい)

例えば、ポンドなど価格が暴れる通貨と言われている通貨があります。ポンドは確かに、短い時間足だと暴れているように見えます。しかし、時間軸が長いと、しっかりレジスタンスライン・サポートラインとかの抵抗が効いているので、普通の通貨と同じように考えられます。

なので、自分の鉄板パターンを見つけたら、どんな通貨でも入って試行回数を増やすことができます。

通貨ペアを増やすメリット・デメリット

<img width=

通貨ペアを増やす【メリット】・【デメリット】について解説していきます。

通貨ペアを増やすメリット

通貨を増やすメリットは、試行回数が増えるということ

勝率60%だとしたら10回トレードするよりも100回トレードしたほうが口座残高が増える。やればやるだけ口座が増える口座残高が増えるのなら、通貨ペアを増やした方が良い。

また、精神的にもラクです。

あまり頻繁に相場を見なくても良いので、【時間の取れないサラリーマンの方】におすすめです。

通貨ペアを増やすデメリット

  • 通貨ペアの特徴を覚えなくてはいけない
  • 通貨ペアを増やした時に起こりやすい現象がある

通貨ペアを増やすデメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

1:通貨ペアの特徴を覚えなくてはいけない

各通貨ペアの特徴を覚えなくてはいけません。

例えば、ポンドは、1分間で100PIPS動いたりする殺人通貨と呼ばれているなどです。

2:通貨ペアを増やしたときにおこりやすい現象がある

通貨ペアを増やした時に起こりやすい現象があります。

クロス円/AUDやNZ/ドルストレートはそれぞれが同じ動きをしやすい。または、逆相関しやすい。例えば、ドル円とユーロドルは逆相関しやすいなどです。

なので、トレードポイントが被りやすいという弱点があります。

例えば、10通貨見ていたら、7通貨は同じポイントでポジションを持つ可能性が高い。また、利食い・損切りが同じになるため、連敗・連勝しやすくなる。

通貨ペアを絞るメリット・デメリット

<img width=

通貨ペアを絞るにもメリット・デメリットが存在します。

なので、しっかりと考えてから通貨は絞るようにしましょう!

以下で詳しく解説していきます。

通貨ペアを絞るメリット

  • 監視が楽
  • 多くの通貨ペアの特徴を覚えなくていい
  • 他の通貨に浮気しない

以下で詳しく解説していきます。

監視が楽

通貨ペアを絞った分監視が楽です!

例えば、監視通貨ペアが5つある人は、常に5つの通貨ペアの値動きを監視していなければいけません。しかし、通貨ペアが1つしかなければ、監視通貨は1つなので、値動きのイメージが楽ですし、大体自分が好きな形になるまでにどれぐらい時間がかかるか想像できます。

多くの通貨ペアの特徴を覚えなくていい

通貨ペアを絞れば、各通貨ペアの特徴を覚えなくてもOKです。

自分がトレードする通貨ペアのみの特徴を覚えればいいので、覚えることが少なくて楽です!

他の通貨ペアに浮気をしない

通貨ペアを絞れば、他の通貨ペアに浮気しません!

よくある例として、たまたま別の通貨ペアをみたら上がりそうな形だったので、ロングしたら大損してしまったという例が多くあります。

1つの通貨ペアに絞れば、余計な損切りを回避することができます。

通貨ペアを絞るデメリット

  • エントリータイミングが少ない
  • ドル円だとまったく動かない可能性がある

以下で詳しく解説していきます。

エントリータイミングが少ない

通貨ペアを絞るとエントリータイミングが少ないという欠点があります。

例えば、自分のエントリーパターンが決まっているなら、1通貨監視するよりも5通貨監視した方がエントリータイミングが増えます。

なので、時間的効率が悪くなる可能性もあります。

ドル円だとまったく動かない可能性がある

ドル円1つしか監視していないと、まったく動かない時があります。

例えば、1日に20PIPSのレンジ相場になることとか結構あるので、そういう日はトレード自体が出来ない可能性があります。

まとめ:自分の手法によって通貨ペアの数を変えるべき

<img width=
  • 時間軸が長い取引→通貨を多くしてOK!
  • 時間軸が短い取引→通貨ペアは絞る

通貨ペアを増やす・絞るかは自分の手法の勝率を考えながら決めた方が良さそうです。

トレードをすればするほど、口座資金が増えるなら通貨ペアを増やすべきです。

手法の勝率を短期間で知りたい方は検証ソフトがおすすめ⇓

通貨ペアが多い会社でトレードしたいなら【ヒロセ通商】がおすすめです⇓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる