【FX基礎知識】移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスとは?

トレード基礎知識

皆さんこんにちは!
投資のカモです!

最近FXを始めたばかりです。
移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスって何なんだろう?

今回はこのような質問に答えていきます


トルコリラ

移動平均線のゴールデンクロスデッドクロスについて

トレードをしている人はみんな知っているFXの基礎中の基礎が

  • ゴールデンクロス
  • デッドクロス

の2つです。

この2つは大抵FXの初心者の本にはほとんど書いてあると思います。

では、ゴールデンクロス・デッドクロスとは何なのでしょうか?

ゴールデンクロスとは

ゴールデンクロスとは、買いサインのことです!

短期移動平均線が下から中期移動平均線or長期移動平均線を貫くことを言います。
言葉だけでは分かりにくいと思いますので、画像で説明します↓

<img src="04ca29e522003d9fbd9e31a87b63f790.png" alt="ゴールデンクロス 説明 ポンド円">

赤い線が緑色の線をしっかりと貫いています。
これがゴールデンクロスになります。

ゴールデンクロスの角度に注意!

一回目のゴールデンクロスの角度は緩やかです。
しかし、2回目のゴールデンクロスの角度は急角度です!

値段の上がり方を見ると
1回目→クロスの後値段が下がっています。
2回目→クロスの後約8円ブチ上がっています。

というように、貫いた時のゴールデンクロスの角度に注意した方がいいですよ!

デッドクロスとは

デッドクロスとは、売りサインのことです!

短期移動平均線が上から中期移動平均線or長期移動平均線を貫くことを言います。
画像で説明します↓

<img src="69c6f34e5b9e22d3e2c46c063f0899f2.png" alt="デッドクロス ポンド円 イメージ">

ゴールデンクロスの時と同じように貫いた角度も見たほうが良いです。

また、貫いた後に1回値段が戻すことがあるので注意が必要です!
なので、短期線がゴールデンクロスしない限りは目線は変えないほうが良いですよ!

ゴールデンクロス・デッドクロスの注意点

ゴールデンクロス・デッドクロスは絶対ではありません!

あくまでも、目安程度に考えておいた方がいいです。

また、下にゴールデンクロス・デッドクロスの注意点をまとめました。

注意点を知っているのと、知らないのは勝率がかなり変わってきます。

ダマシに注意

どのようなテクニカルにもダマシは必ずあります!
なので、ゴールデンクロス・デッドクロスが出たからと言って上がったり・下がったりするわけではありません。

<img src="52c5547e81eca3d6ffb4a21b9ea34caa.png" alt="移動平均線 ダマシ ゴールデンクロス チャート">

この画像のように大陽線が出て、ゴールデンクロスが出たからと言って、必ず上がるわけではありません。

タイミングが少し遅い

ゴールデンクロス・デッドクロスはある程度上昇・下落してから出現する場面もあります。
なので、乗り遅れて高値掴みすることがあります。

<img src="3677fc94d1202074ca5fc0fc7a70df45.png" alt="ゴールデンクロス タイミングが少し遅い イメージ チャート">

画像のように、ゴールデンクロスが出たからロングで入ってもあまり値幅が取れない時があります。

ゴールデンクロスが出る前に約4.5円の上昇をしていますが、ゴールデンクロスが出た後は、約2円しか上がっていません。
なので、少し入るのが遅かった感が否めません。

もちろん、底値でゴールデンクロスが出てそのまま上昇して爆益だったということもあります。

レンジでは使いにくい

レンジ相場では使うことは難しいです。
画像を見ていただければ分かると思いますが↓

<img src="3d97dc00bf2988f786cdd7ea9137cb3c.png" alt="ゴールデンクロス レンジでは使いにくい イメージ チャート">

レンジ相場では移動平均線が行ったり来たりして、ゴールデンクロスと思ってロングで入ったら下がり、デッドクロスだと思ってショートで入ったら上がる等右往左往することがあります。

なので、ゴールデンクロス・デッドクロスを狙うならレンジ相場だと思ったらトレードを控えましょう!

ゴールデンクロス・デッドクロスの確立が高いパターン

先ほど注意点として↓

  • ダマシ
  • タイミングが遅い
  • レンジ相場だと使いにくい

ということを紹介しました。

しかし、ゴールデンクロス・デッドクロスの勝率を上げる方法があります。

長い時間足を見る

勝率を上げるには、長い時間足で相場の流れを考える必要があります。

<img src="6c77424d0c1f1276619e9deac3292c41.png" alt="長い時間足で考える ポンド円 イメージ">

例えば、右下の5分足を見ていた時に、ゴールデンクロスが出ているから上げ目線だなと考えるのは少し早いです。(ダマシに合う可能性が高い)

1時間足を見るとWボトムをつけそうだけど、移動平均線がデッドクロスからの動き→弱い

4時間足もデッドクロス→弱い

日足もデッドクロスになりそう→弱い
ということは、5分足のロングを持つにはまだ早い可能性が高いです。

というように、長期の時間足を考えながらトレードをするとダマシに合う確率も減ります。
また、レンジブレイクの方向も想像しやすくなります。

サポートライン・レジスタンスライン・節目等の抵抗が近くにある場合は確立が高い

意識されるであろうポイントの近くで、ゴールデンクロス・デッドクロスが出た場合は確立が高いです。
意識されるポイントは

  • 何度も反発している所
  • 00・50などの節目
  • 直近の安値・高値

以上の3つの近くで、ゴールデンクロス・デッドクロスが出た場合は、その方向に行く可能性が高いです。

狙うならモノワカレ

狙うならモノワカレを狙うと高値掴み・底値掴みの確立が減ります。

モノワカレについては過去の記事で触れています↓

相場師朗の秘技!やはりモノワカレは鉄板で儲かる!!
www.toushinokamo.com この本に色々技が載っています。 モノワカレとは?? 簡単に絵を書きましたが、こんな感じです。 相場師朗さんの忍法の一つになります。

先ほどの画像を見ても↓

<img src="52c5547e81eca3d6ffb4a21b9ea34caa.png" alt="移動平均線 ダマシ ゴールデンクロス チャート">

ダマシの後→モノワカレが発生し暴落しています。
ゴールデンクロス・デッドクロスが出てもそのまま上昇・下落ということは少なく、一度値を戻してから大きく上昇・下落をすることが多いです。

なので、モノワカレの条件が揃ったら入ったほうが大きく値幅がとれる可能性が高いです。(絶対ではない)

まとめ

ゴールデンクロス・デッドクロスはあくまでもテクニカルなので、絶対ではないです。

しかし、注意点をしっかりと押さえておけば、かなり使える強力な武器になると思います。

【女性デザイン】300×250

コメント