MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、昼と夜の相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
自動売買におすすめ

国内FXのレバレッジは最大何倍まで?ハイレバレッジ取引は必ずしも危険ではない!

国内のFX会社は最大何倍までのレバレッジをかけることができるのだろう?ハイレバレッジ取引はしない方がいいと言われている理由はなんでだろう?

国内FXのレバレッジは、最大【25倍】までかけることができます。

レバレッジをかければ、少ない資金で大きな金額を動かすことができるので、大きな利益を得ることが可能です。

しかしながら、レバレッジが高くなるつれて、利益も増えますが、損失も増えていくので、一般的にハイレバレッジ取引は【危険】だと言われています。

以下の記事では、FXのレバレッジについて詳しく解説していきます。

おすすめのFX会社
目次

FXのレバレッジとは

<img width=

レバレッジとは、『テコの原理』のことを言います。

FXトレードでは、レバレッジを使うことにより、少額のお金で大きな金額を動かすことができるため、レバレッジの倍率が増えるに比例して、損益も大きくなります。

FXのレバレッジは【25倍】までかけることができます。

例えば、ドル円の取引の場合、1万ドル(約110万円)の取引をしたいなら、レバレッジ25倍なら約5万円の口座資金があれば、取引ができます。

レバレッジを使う【3つのメリット】

<img width=
  • 大きなお金を動かせる
  • 同じ口座資金でも収益が増大する
  • 効率的に資産運用できる

以下で詳しく解説していきます。

大きなお金を動かせる

FXでは、株に比べてレバレッジが高く設定されているので、より大きな資金を動かすことができます。

株の場合だと、3倍しかレバレッジを効かせられないので、口座資金が必要ですが、FXなら少額から始めることができます。

同じ口座資金でも収益が増大する

同じ口座資金でも、レバレッジを高く設定した分、収益がレバレッジに比例して増えていきます。

例えば、口座資金が100万円で、同じドル円の取引をしていても、レバレッジ1倍でトレードしていれば、1円動いても1万円しか儲かりませんが、レバレッジ10倍で取引をしていれば、10万円の利益になります。

効率的に資産運用できる

レバレッジを使うと効率的に資産運用できます。

例えば、外貨預金をする場合は、レバレッジを使うことができないため、口座資金内でしか外国為替に変えることができません。

しかしながら、FXの口座を使えば、口座資金にレバレッジをかけて運用することができるため、効率的に資産運用ができます。

レバレッジを使う【3つのデメリット】

<img width=
  • 大きな損失につながる可能性がある
  • ロスカットリスクが増大する
  • 借金のリスクも出てくる

以下で詳しく解説していきます。

大きな損失につながる可能性がある

当然ですが、レバレッジを使えば使うほど、利益も増えますが、損失も大きくなります。

一度レバレッジを使いだすと、『もっとレバレッジを大きくした方が儲かる』という欲から、ギャンブルトレードをしてしまい、最終的には口座資金を溶かすという結果に繋がることが多々あります。

そのため、レバレッジの掛けすぎには気を付ける必要があります。

ロスカットリスクが増大する

レバレッジが大きくなるにつれて、損失も膨らむので、自分の許容の範囲外の損失を抱えてしまうことも珍しくありません。

そのため、損切りができずズルズルいってしまい、口座資金の50%を1回の取引で溶かしてしまい、退場してしまう人は多くいます。

ハイレバレッジ取引すればするだけ、ロスカットの値が近くなるということを覚えておきましょう!

借金のリスクも出てくる

日本のFX会社は、強制ロスカットという仕組みがありますが、必ず、強制ロスカット水準でロスカットされるわけではありません。

FX会社のサーバーが停止してしまったり、スイスショックのように値が大きく吹っ飛ぶと、強制ロスカット水準を大幅に下回り、口座資金よりも多くのマイナス残高を抱えてしまうことがあります。

口座資金がマイナスになれば、追証金(借金)としてFX会社に払わなければいけません。

レバレッジのロスカットリスクについて解説

<img width=

レバレッジが高くなればなるほど、強制ロスカットされるまでの値幅が短くなるので、リスクが高まります。

以下では、同じ1万通貨(1ドル=100円)でトレードした場合を想定しています。

口座資金レバレッジ強制ロスカットまでの値幅
100万円1倍50円
50万円2倍25円
20万円5倍10円
10万円10倍5円
5万円25倍2.5円

※強制ロスカット50%で計算しています。

↑の表を見れば、レバレッジが高くなるにつれて、強制ロスカットまでの値幅が短くなっているのが分かりやすいと思います。

【補足】強制ロスカット水準はFX会社によって違う

強制ロスカットの水準は、FX会社によって違います。

FX会社強制ロスカット水準
証拠金維持の50%未満
証拠金維持の50~100%未満(変更可能)
証拠金維持の50~90%未満(変更可能)

ロスカット水準を上げることにより、口座資金を守ることに繋がりますが、逆に口座資金に余裕がないとすぐに強制ロスカットされてしまうというデメリットもあります。

初心者は少額の低レバレッジ取引がおすすめ

<img width=

初心者は取引スタイル問わず、少額の低レバレッジ取引から始めることをオススメします。

なぜならば、自分の手法が定まらないうちにハイレバレッジ取引をしてしまうと、半年以内に口座を溶かす可能性が高いからです。

いきなり、ハイレバレッジ取引をせずに、徐々にトレードになれていきましょう!

少額からできるおすすめのFX会社【松井証券 FX】

  • 1通貨から取引可能
  • レバレッジコース・ロスカット水準の変更が可能
  • スキャルピング公認

FX初心者は、1通貨の少額から取引できる【松井証券 FX】がおすすめです。

松井証券なら、レバレッジコース・ロスカット水準の変更もできるので、リスク管理にも繋がります。

また、スキャルピングも公認なので、超短期売買をしたい方も安心して取引ができます。

\ 1通貨から取引可能 /

ハイレバレッジ取引は必ずしも危険ではない

<img width=

【ハイレバレッジ取引=危険】と思っている人が多いですが、必ずしもそうではありません。

なぜならば、レバレッジの倍率は、トレードスタイルによって変わるものだからです。

ハイレバレッジになってもリスクは同じになる

実は、レバレッジは、トレード時間が短くなればなるほど、ハイレバレッジで取引していっても問題ありません。

なぜなら、時間軸が短くなるにつれて、利確・損切りの値幅は短くなるからです。

例えば、1ドル=100円の時に、100万円の口座で、レバレッジ1倍で1万通貨が1円の損切りにあったら1万円の損失です。レバレッジ10倍で、短期トレードしていても10銭動いたら損切りに設定しておけば、同じ1万円の損切りになります。

そのため、ハイレバレッジになっても、【口座資金の何%で損切りする】という考えでトレードしていれば、同じリスクで取引をすることができます。

ハイレバレッジ取引をしたいならFX会社にこだわる

<img width=
  • サーバーの強さ
  • 約定率の高さ

ハイレバレッジ取引をしていても、上記の2つがよくないと思わぬ大損に繋がってしまいます。

ハイレバレッジ取引におすすめのFX会社を紹介していきます。

GMOクリック証券

  • 20通貨ペアの取引が可能【業界最狭水準のスプレッド】
  • 最低取引単位【1万通貨】
  • スワップポイントが高水準

GMOクリック証券は、スマホアプリが非常に使いやすく作られているため、PCがなくても取引ができるというメリットがあります。

大口の取引にも対応していて、サーバーの強さ・約定率の良さにも定評があります。

1つの口座で短期売買~長期売買ができるので、様々なトレードスタイルに対応できます。

\ FX取引高世界【1位】/

ヒロセ通商【スキャルピング向け】

  • 50通貨ペアの取引が可能【業界最狭水準のスプレッド】
  • 最低取引単位【1000通貨】
  • 世界最速水準の約定スピード

ヒロセ通商は、世界最速水準の約定スピードなので、スキャルピングをしたい方におすすめの口座です。

通貨ペアの数も多く、少額から取引ができるので、様々な通貨の取引ができます。

また、取引数量に応じて食品などがもらえるため人気があります。

\ スキャルピングならココ /

ハイレバレッジ取引を安全にしたいなら【ノックアウトオプション】もおすすめ

  • オプション取引
  • 最大損失額を決めれる
  • ハイレバレッジで取引ができる

ノックアウトオプションとは、KO UP(上昇)とKO DOWN(下落)を予想するオプション取引です。

オプション取引なので、取引の際に最大損失額を決めて取引するので、想定外の損失を抱えることはありません。

また、ノックアウトオプションの特性的に、口座資金は少なくても大きな取引ができます。

例えば、口座資金が15万円しかなくても、損失額を10万円に設定し、100PIPS先にストップを置くこともできます。FXならば、10万通貨の取引なので、口座資金が50万円ぐらいなければいけません。

\ ノックアウトオプションならココ /

まとめ:レバレッジの倍率は自分の取引スタイルによって異なる

<img width=

一般的には、ハイレバレッジで取引することは危険だと言われています。

しかしながら、トレードスタイルによってはハイレバレッジ取引をしても問題ありません。

損切り額を『口座資金の何%まで』と設定すれば、ハイレバレッジでも低レバレッジでも同じリスクになります。

要は、トレード計画の無い取引が危険なのであって、ハイレバレッジ取引が必ずしも危険というわけではありません。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる