LOT(ロット)について解説!【日本と海外FX会社は取引数量が違う】

FX基礎知識
FX初心者
FX初心者

FXのロット(Lot)ってよく聞くけど何だろう?

今回はlotについて書いていきます。


スプレッド最狭水準宣言

Lot(ロット)について解説!日本と海外FX会社の違い

LOTについて詳しく解説していきます。

LOT(ロット)=取引数量

LOT(ロット)とは取引数量のことです!

取引数量というのは、通貨を買う時の掛け金のことです。

海外・日本のLOTの違い

XMのMT4(パソコン)

<img src="845683d51bac8aba80c8487d0719741a.png" alt="チャート FX XM MT4 ロット LOT説明">

↓GMOクリック証券(スマホ)

<img src="f4fae8583606abd9dfaaee171be72c2a.jpg" alt="ロット lot 取引数量 スマホ GMOクリック証券">

取引画面に10と書いてあるのがLOTです。

しかし、この2つのロットは同じ10ロットですが、海外のFX会社と日本のFX会社は同じ10lotでも違います!

何が違うかというと、取引数量が違います!

  • 海外のFX会社1LOT=10万通貨
  • 日本のFX会社1LOT=1万通貨

となっています。

・海外FXの10LOTは100万通貨
・日本のFX会社の10LOTは10万通貨

この違いを知らない方が多いように思えます。

なぜこのような違いがあるんだろう?

日本は他の国の方々と比べると投資(トレード)にお金をかける金額が少ないです。一般的にFXを始める方は10万から30万円くらいからスタートしています。なので、海外と同じLOTで計算してしまうと、40万から60万円のお金が必要になります。FXの敷居を下げるために海外基準よりも0を一つ減らして1LOT=1万通貨としているのだと思います。

取引数量の呼び方は人によって違う

取引数量の呼び方は人によって違います。

  • LOT(ロット)

等の呼び方をされている方が多いです。

株をやられている方は枚という言葉をよく使います。

なぜロット(lot)等別の言葉を使うのか?

なぜLOTとかそういう言葉を使うのだろう?

簡単に言うと、取引数量の入力がかなり簡単になります。呼びやすいというのもあると思ます。

トレードをすれば分かると思いますが、1と入力するのと10000と入力するのどっちが楽ですか?

圧倒的に1の方が楽です!

スイングトレーダー・デイトレーダーの方はそこまで損益に関係ないかもしれませんが、スキャルピングをされる方はこの入力作業でかなり損益に関係してきてしまいます。

1lotの取引で1PIPSで動く金額を知らないと大損する

FX初心者
FX初心者

1LOTでトレードした場合1PIPS値段が動くと損益はいくらなんだろう?

このような方も多いと思います。

以下では詳しく解説します。

1PIPSの取引でいくら動く?

1LOT=1万通貨の場合(ドル円)(日本)
1PIPS動くと100円の値動きがあります。
10PIPSで1000円
100PIPS(1円)で1万円動きます。
1LOT=10万通貨の場合(ドル円)(海外)
1PIPS動くと1000円
10PIPSで1万円
100PIPSで10万円です。

↑を知らないでトレードすると大変ですよ!

私は昔、日本のFX会社から海外のFX会社に口座を移した時に、このことを知らなかったので、いつの間にか大損していました( ノД`)シクシク…

FXのロット数には上限があります。

FXのロット数には上限があります。
例えば、

  • SBI FX TRADEは1回のトレードで1000万通貨まで
  • DMM.com証券は1回のトレードで100万通貨まで

というように、上限はFX会社によって違います。

海外FXの場合は、1回50LOTを超えるトレードが約定が拒否されて、出来ないと言われています。

まとめ:海外と日本のLOTの取引数量は違う

LOTとは取引数量のことです!

日本と海外の1LOTは取引数量が違います。

  • 日本のFX会社→1LOT=1万通貨
  • 海外のFX会社→1LOT=10万通貨

1LOT=1万通貨の場合1PIPS動くと100円の損益になります。
1LOT=10万通貨の場合1PIPS動くと1000円の損益になります。

コメント