節目トレードとは??

トレード戦略

皆さんこんにちは!

投資のカモです!!

今回は前回書いたブログについての補足記事になります

【簡単!】マイルール決定しました(仮)マイルールの設定のやり方
こんにちは! 投資のカモです! 最近トレードの考え方が複雑になってきたな 損大利小になることが多い 自分のルールはどうやって決めればよいのだろう? トレードの...

DMM FX

節目トレードとは?

節目トレードとは、00・50をバックに売りや買いをしていくことです。

なかなかトレードチャンスがないと考えるかもしれませんが、(私も思っていました)通貨を絞らずにやれば、1日1~5回は何かしらの通貨で、節目トレードができると思います。

ただ、注意しなければならないことは、欲張らないことですね。
どの手法でも同じですが、欲張ると良いことがありません。

節目付近で買い、節目で売るというスタイルにしようと思ったのですが、先週はボロボロにされました。

なので、10~20PIPSを狙うようなスタイルが回転率もよく、稼げそうだなと感じました。
また、一度節目を割った通貨は追いかけてはだめですね。
先週のトレードでボロボロにされた理由は追いかけたからです!

リスクリワードは大体1:1~1:2になります。

なぜ節目にこだわるのか?

節目にこだわる理由は、

節目=人間の心理的節目

例えば、100.00円割れと100.11を割れるのはどちらが難しいと思いますか?

100.00の方が割れにくそうですよね?

また、100.03と99.89どちらのほうが買いやすいですか?

100.03円のほうが買いやすいと思います。
理由は、100.03は何となくそれ以上下がらなそうですが、99.89はさらに下がる可能性を考えてしまいます。同時に100.00が強いレジスタンスラインになり戻りにくくなるとも考えてしまします。

というように、人間には心理的な節目が存在しています。
これは株も同じです!!

なので、100.00付近には割れないような強いバリアがあります。
(みんな考えることは同じです)

ただ、これが割れてしまうと、心理的に恐怖が襲ってきて、投げ売りがおきます。

それが暴落の正体です!

人間の心理を考える

人間の心理を考えると、
節目付近で、買ったり、売ったりすることは難しい。

例えば過去2回108.00円割れに失敗しているとします。
今回は3回目の108円割れトライです。
今は108.08に価格があるとして、ここからショートをデイトレ・スイングで持てますか?

スキャルピングなら持てる人がいると思いますが、デイトレ・スイングで持つのはなかなか勇気がいることだと思います。

私は持てません。
ショートを持つとしたら、もう少し上がったところで持ちたいです。

理由は、下がる可能性もあるかもしれませんが、上がる可能性も考えてしまう場面だからです。

なので、必然と待つorショートポジションの利食いを考えてしまいます。

ということは、ショート勢は節目付近では少なくなる可能性が高いです。

逆のことは、上昇相場でも言えます。
何度も抑えられてきた節目付近では買い勢力は利食いを行う人・待つ人が多くなり、上がりにくくなります。

実は勝っているトレーダーは節目トレードをしている方が多い

相場師朗さんも節目をかなり意識しています。
また、相場師朗さんがBNFさんのyoutube動画をよく目を凝らしてみるとやはり節目付近で売り買いをしているそうです。

Trader BNF japanese broadcast ( 資産210億円突破)

 

ジモン先生(@naminori_jhonny)も00・50の節目・あと高値安値などの心理的節目(強い抵抗ライン)をかなり意識して、トレードをしています。

AKIさん(@aki_fx1)のライブを観ていて気が付いたのですが、AKIさんも00とかの節目を意識しているなと感じました。AKIさんはスキャルピングをよくするので、90・80とかの10PIPS単位の節目も意識している気がします。

リスクリワードが良い

節目トレードのメリットとして、リスクリワードが明確ということがあげられます。

00や50の節目から10PIPS下・上にストップロスを置いておけばよいです。

利食いは10PIPS ~20PIPS上に置いておくこともできますし、スイングレベルでもかなり強い節目だと思ったら、50PIPS ・100PIPS 以上を狙うことも可能です!

DMM FX

コメント