5日線の研究!2016年1月~6月 ドル円

トレード研究

前回の気づきとして、トレンドラインをひいて、その方向の下半身・逆下半身ポジションを持つのが確率が高いのが分かりました。

例えば、上昇トレンドなら、下半身の時のみポジションを持つ。そして、5日線を割ったら利食う。下落トレンドなら、逆下半身のみポジションを持ち、5日線を越えたら利食うです。

また、ポジションの角度・下半身・逆下半身の時のローソク足の強さもかなり大事です。

5日線の研究。2017年1月~6月 勝率は悪いが、何とか利益!
前回はレンジで、ボロボロにされるという結果に終わってしまいました。 今回は レンジを意識してのトレード練習になります。

今回は、このことに注意して練習をしていきます。

5日線の研究!2016年1月~12月 ドル円

今回はポンド円だと思って、練習していたらドル円でしたので、ドル円でトレードしていきます。

ルール
①下半身・逆下半身でポジションを持つ
②5日線を上回った・下回ったらポジションを利確・損切り
③ポジションは毎回1LOTのみ
④資産は1万ドル
⑤5日線の向きと逆のポジションは取らない
例えば、5日線が下向きの時に下半身が出ても見送る
⑥レンジはなるべく取引しない
⑦トレンドラインを引き、その方向のポジションを持つ
例えば、上昇トレンドの時は、下半身を持つ

 

今回はルール⑦を追加しました。

どんどんルールが増えてきていますね。

2016年1月~6月

ズタボロにされました。

5日線の下半身で買い→5日線切ったら利食いor損切りルールの限界を感じました。

結果

<img src="7a941f1412e6dd91322ca1bc8dd646a5.png"alt"2016年1月~6月 練習君プレミアム  ドル円 資産推移グラフ">

取引レポート

<img src="cbdf52fb1f07b685690364719e30aa09.gif"alt="2016年1月~6月 練習君プレミアム  ドル円 取引レポート">

純利益 マイナス8391ドル

最大ドローダウン 98.17%

売りポジション勝率 45.45%

買いポジション勝率 12.50%

最大勝ちトレード 2540ドル
最大負けトレード 4560ドル

平均勝ちトレード 1301ドル
平均負けトレード 1246ドル

最大連勝 2回 2032ドル
最大連敗 8回 7879ドル

という結果に終わりました。

売りの勝率は高く、買いの勝率はかなり低い結果
ほとんどロングで利益を取られています。

連敗がかなり多い
資金のほとんどを奪われている。
そして、連勝が少なく、利益も少ない。

大体1回のトレードで、1000ドルから1500ドルの勝ち負けがある。

取引明細

<img src="a69fa965ec9dbb86e5d7e2b0f1c46f26.gif"alt="2016年1月~6月 練習君プレミアム  ドル円 取引明細">

<img src="ee0e219d55384da319e91b56ba68e192.gif"alt="2016年1月~6月 練習君プレミアム  ドル円 取引明細2">

チャート

今日初めてMT4で文字入力機能があることを知りました。

なので、今回からはチャート上に文字を残していくことにしました。

気づき

最初のほうのトレードは急騰後、下降トレンドラインに触れ→急落という感じになっています。
結果大幅な含み益→5日線をブレイクしたのが、建値よりもかなり下のほうで損切りされています。

あと、今回は、5日線が上を向いていても急落で狩られるということが何回かありました。
最初の一回は直前のローソク足が駒を形成し、トライ届かずの形を作っているので、こういうところは利食って様子見したほうが良いのかもしれない。

5日線の弱点がまた一つ発見されました。

また、長期的な下降トレンドラインだったので、今回は売りの勝率が高かったのだと考えています。
なので、これからは、もっと短期トレンドラインよりも長期トレンドラインを意識していこうと思います。

このブログはMT4裁量トレード練習君プレミアムで練習しています。

コメント