ナンピンは爆益に導く【最強のトレード戦略】知られざるナンピンの極意とは?

FX基礎知識
FX初心者
FX初心者
FXでナンピンは危険だと言われました。だけど、ナンピンをやって稼げている人がいるのはなぜだろう?

ナンピン肯定派とナンピン否定派がいるので、どっちが正しいのか悩みますよね。

実は、多くプロトレーダーのはナンピンを多用しています。

なぜならば、ナンピンはトレード戦略通りに正しい使い方をすれば、取得単価が下がり、爆益を狙える最強のトレード戦略の1つだからです。

この記事では、正しいナンピンのやり方を詳しく解説していきます。

記事の要約
  • 大きな相場の流れにのる
  • 短期足では逆張り
  • サポート・レジスタンスラインでナンピン
  • トレード計画を立ててトレードする
  • 検証ソフトで練習・検証をする

\検証ソフトは練習君プレミアムがおすすめ/

【練習君プレミアム】
公式サイトへ

ナンピンとは

<img src="3d7e0053606d10f98f44326d3f0dbcca.png" alt="ナンピンとは">ナンピンとは、【平均取得単価を下げる】手法のことを言います。

ナンピンは漢字で書くと難平と書きます。
難=損失を平にする、つまり、0にすることを意味しています。

ナンピンの例

例えば、ドル円が110円で1万通貨のドルを買ったとします。

その後、ドル円が109円まで下がったので、プラスで1万通貨のドルを追加で買いました。

そうすると、ドル円の平均取得単価は、109.50で2万通貨買ったことになります。

本来ならドル円の買った値段が下がったことにより、110円で買ったドル円は損失が膨らんでました。

しかし、109円でナンピンを打ったことで、平均取得単価が109.50円まで下がったので、ドル円が109.50円まで上昇すれば±0になります。

もし、109円でナンピンを打っていなければ、110円で買ったドル円は110円以上に上がるまで利益が発生しません。

ナンピンを打ったことで、結果的に110円のポジションを救うことに繋がりました。

また、もし最初のポジションを持った110円まで上がったなら、利益が発生しています。

ナンピンのポジションの持ち方

ナンピンの目的は、【平均取得単価を下げる】ことなので、最初から大きなポジションを持ったらダメです。

  1. 試し玉を持つ
  2. 試し玉以上のポジションを持つ
  3. 2と同じかそれ以上のポジションを持つ

上記のように、試し玉を1としたら、1以上のポジションを各ナンピンで持たなければいけません。

ナンピン=大損する手法?

よく巷では、ナンピンは大損する手法だという人がいます。

しかし、それは間違っています!!

多くの方はナンピンを勝つまで、ポジションを打っていくものだと勘違いしています。

ナンピンをしても、しなくても損失の平均%が同じになるようにしないといけません。

なので、ナンピンは大損する手法ではないです。ナンピンで大損してしまう方は資金管理がまったくできていません!!

ナンピンの資金管理方法

例えば、自分の損失幅を口座残高の10%に設定していたとします。

通常1回のトレードで10LOTを持って、損失が10%になったら損切しているとします。その場合、ナンピンした場合でも、10%の損失で収まるようにポジションを分割していきます。

例えば、最初に1LOT のポジションを持っていたら、次下がったら3LOT持って、さらに下がったところで最後に6LOT持ちます。これで合計が10LOTなのですが、損失が口座残高の10%になったら損切をします。

ナンピン【3つのメリット】

<img src="98793316c040b16889158b5c482dd116.png" alt="ナンピン メリット">

  • 平均レートが下がる
  • 悪いレートのポジションが救済される可能性がある
  • 想定していない動きになった時に大損しない

平均レートが下がる

ナンピンというのは、【平均取得単価を下げる】ためにやるものです。

毎回トレードで、大底で買って、天井で利食いということは不可能です!

相場の格言にも『相場の頭と尻尾はくれてやれ』という言葉があります。

ナンピンをしていると、結果的に良いレートのポジションを持っていることが多いです。

FX初心者の方はデイトレードでナンピンをすることがおすすめです。

≫FX初心者はデイトレードで勝てない?【デイトレの必勝法は大きな流れに乗ること】

悪いレートのポジションが救済される可能性がある

『最初に持ったポジションが、かなり悪いレートの時に持ってしまった』という経験があるという方も多いと思います。

そういう時は、3パターンの人がいます⇓

  1. 全ポジションを持ってしまったので、身動きが取れない人(塩漬け)
  2. ナンピンで平均取得レートを下げる人
  3. 損切りする人

ナンピンをする人は、悪いレートのポジションが救済される可能性があるので、口座資金を守ることに繋がります。

想定していない動きになった時に大損しにくい

ナンピンをトレード戦略に入れている人は、自分が想定していない動きになった時に大損しにくいです。

例えば、急に要人発言があり、相場が急変してしまった時は、小さいポジションで損切りをすることができます。なので、1トレードで口座資金を溶かす確率が減ります。

ナンピン【3つのデメリット】

<img src="c13971e4c2932e585341cd3f16820a1c.png" alt="ナンピン デメリット">

  • 自制が効かずに無限ナンピンしてしまう
  • 試し玉の時点で思っていた方向に動くと利益が少なくなる
  • ナンピンをするタイミング・数量が難しい

ナンピンの大きなデメリットは一言で言うと【欲】です。

自分の欲に勝たなければ、相場では勝てませんし、生き残れません!

自制が効かずに無限ナンピンしてしまう

私も過去に無限ナンピンをしてしまい口座を溶かしてしまいました↓

計画がかなり甘かったです。
ナンピンは計画がしっかりしていればかなり有効な手法だと思いますが、計画が甘いと口座が溶ける等の大損をしてしまいます。

試し玉の時点で思っていた方向に動くと利益が少なくなる

試し玉の時点で、自分が思っていた方向に動くことがあるので、利益が少なくなることがあります。

ナンピンをしていると利益が少なくなる場面がありますが、それはしょうがないことなので、あきらめましょう!むしろ、損切りにならなくって良かったぐらいに考えておきましょう!

ナンピンをするタイミング・数量が難しい

ナンピンをするタイミング・数量が難しいです。

タイミング・数量は人によって違うので、自分に合うナンピンのタイミングを探すしかありません。

ナンピンを最強の手法にするコツ

<img src="45802c68c7d3c85a06d05b67232a2758.png" alt="ナンピン 最強の手法 コツ">

  1. 長期足の流れを読む
  2. 短期足の逆張り
  3. サポート・レジスタンスラインなどの意識される抵抗帯でナンピンする

ナンピンする時に意識する重要なコツは、上記の3つです。

長期足の流れを読む

ナンピンをするなら、自分がトレードする時間軸よりも長い時間足の相場の流れを考え、長期足の流れに乗ることが最も大切です。

例えば、自分が5分足でトレードするタイミングを考えているなら、1時間・4時間足・日足などの上位足流れを考えておく必要があります。

上位足の流れに乗ることにより、ナンピンの成功率は上がります。

短期足の逆張り

ナンピンは【平均取得単価を下げる】取引手法です。

なので、長期足の順張り・短期足の逆張りを狙っていきます。

例えば、長期足が上昇トレンドの時は、短期足が崩れたところを狙っていきます。

サポート・レジスタンスラインなどの意識される抵抗帯でナンピンする

長期足が上昇トレンドの時に、短期足が下降トレンドになっていた時は、サポート・レジスタンスラインなどの抵抗帯でナンピンのロングで入っていきます。

意識される抵抗帯でナンピンをすることにより、【抵抗帯が抜けたら損切り】という戦略が立てやすくなります。また、損切りポイントが近いことにより、多くのポジションを持つことができます。(どこでナンピンしても、最終的な損切り金額は一定にすること)

ナンピンは【練習・検証】が大切

<img src="8c645b77ec32bd8ba05786419264d5fb.png" alt="ナンピン 練習 検証">ナンピンを使うには、戦略通りにトレードをする必要があります。

本番でいきなりナンピンは難しい

本番でいきなりナンピンを使って利益を取っていくことはかなり難しいです!

例えば、相場が長期足が上昇トレンドの時に、短期的に下がっている相場で、逆張りでロングで入っていきます。しかし、初めから逆張りで入っていくことは、なかなか難しいです。

しかも、人によってナンピンを取る数量が違います。

例えば、最終的にナンピンで10LOT持つとしたら、1→2→3→4の人もいれば、3→3→4・1→3→6の人もいます。これは、自分が最も効率よく稼げるナンピンの数量があるので、練習で何度も検証して見つけ出すしかありません。

検証ソフトで自分の得意パターンを見つけてから本番をやる

何回も練習・検証して戦略通りにトレードができるようになってから、リアルトレードでナンピンを使うことがおすすめです。

練習・検証には、過去チャートの検証ソフトを使うことがお勧めです!

MT4を使った検証ソフト⇓

≫MT4裁量トレード練習君プレミアムの購入方法!【トレードで稼ぎたい方必須】

インストールするタイプの検証ソフト⇓

≫【Forex Tester5の特徴と評判まとめ】Forextesterの購入方法も紹介!

リアルトレードは少額から始める

すぐにフルレバレッジでナンピンをしてしまう人がいますが、検証・練習でうまくいったからといって、すぐにリアルトレードで結果が出るわけではありません。

リアルトレードは現実のお金がかかっているので、必ずしも冷静にできるとは限りません。

なので、最初はできる限り少額からトレードをすることをおすすめします!

松井証券なら1通貨から取引が可能です⇓

≫松井証券(MATSUI FX)の特徴と評判を解説!【1通貨~取引可能】

まとめ:ナンピンは口座資金を守りながら【爆益を狙える】

<img src="ad6d373526f5926b7d1937196b228244.png" alt="ナンピン まとめ">
ナンピンとは、【平均取得単価を下げる】手法です。

  • 平均レートが下がる
  • 悪いレートのポジションが救済される可能性がある
  • 想定していない動きになった時に大損しない

ナンピンのメリットは上記の通りです。

ナンピンが【最強の手法】だと言われる理由は、利益の最大化を狙いながら、損失は最小限抑えられて、口座資金を守ることができるからです。

\検証ソフトは練習君プレミアムがおすすめ/

【練習君プレミアム】
公式サイトへ

初心者におすすめFX会社⇓

コメント