MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

RCI最強の使い方・手法・設定値をわかりやすく解説【RSIとの違いも紹介】

  • URLをコピーしました!

RCIとは、どういうオシレーターなんだろう?使い方・手法を知りたいな。

RCIとは、一定期間の「時間」と「価格」に順位を付けて、どのくらいの相関関係があるかを示すオシレーターです。

RCIを使うことにより、買われすぎ・売られすぎが視覚的に分かりやすくなるという特徴があります。

また、使い方は非常にシンプルなので、初心者の方でも簡単に使いこなすことが可能です。

この記事では、RCIの使い方・手法・注意点をを詳しく解説していきます。

RCIが3本表示できるFX会社
目次

FXのRCIとは

<img width=

RCIとは、一定期間の「時間」と「価格」に順位を付けてどのくらいの相関関係があるかを示すオシレーターです。

【Rank Correlation Index】の略で、「順位相関係数」とも呼ばれています。

RCIを使うことにより、買われすぎ・売られすぎが視覚的に分かるようになります。

また、トレードスタイルも選ばないので、長期~短期トレードに対応できます。

トレードタイミングも分かりやすいので、初心者の方でも、扱いやすいオシレーターの1つです。

RCIとRSIの違い

<img width=
RSIRCI
日本語の名称相対力指数順位相関係数
本数1本3本
ダイバージェンス
レンジ相場
使いやすさ
ダマシ存在する存在する
特徴チャートから一定期間の変動幅を抜き出し、それを1本の線に表示するオシレーターのため、【買われすぎ】【売られすぎ】が分かる一定期間の「時間」と「価格」に順位を付けてどのくらいの相関関係があるかを示し【買われすぎ】【売られすぎ】が分かる

RSIとRCIの違いは、上記の通りです。

両者は計算方法が異なりますが、買われすぎ・売られすぎが分かるオシレーターです。

RSIは世界的に知られていますが、RCIはあまり知られていません。

FXでRCIを使う【3つのメリット】

<img width=
  • 高値圏 or 安値圏が分かる
  • RCIがハマると爆益に繋がる
  • レンジ相場でも使える

FXでRCIを使うメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

高値圏 or 安値圏が分かる

RCIは、トレードする時に、今の価格が高値圏・安値圏なのかを知ることができます。

「今高値圏だから、下がってきたら買おう」などの戦略を立てることが可能になります。

つまり、トレードで必要な【待つ】という技術を、RCIを使うことにより取得できるメリットがあります。

RCIがハマると爆益に繋がる

RCIがハマると爆益に繋がることがあります。

例えば、RCI短期線が安値圏の時ロング(買い)→高値圏で利食い&ショート(売り)→安値圏で利食い&ロングと言うことができます。

一度ハマると、法則が崩れるまで繰り返し使うことができるメリットがあります。

レンジ相場でも使える

他のオシレーターは、レンジ相場になるとポンコツになるものが多いです。

しかしながら、RCIはレンジ相場でも使うことができるというメリットがあります。

レンジ相場は、一定の間隔で動くので、RCIが決まりやすい場合も多いです。

RCI【おすすめ設定値】

<img width=
  • 短期線→9
  • 中期→26
  • 長期→52

RCIのおすすめ設定値は、上記の通りです。

RCIを使っている有名プロトレーダーも、この設定値を使っています。

RCI【最強の使い方・手法】

<img width=

FXのRCIの使い方・手法を解説していきます。

【基本戦略】RCIは短期線を中心に考える

  • 短期RCIが底値圏から上を向いた⇒ロング
  • 短期RCIが高値圏から下を向いた⇒ショート
  • 短期線が中期線を貫いた(ゴールデンクロス)⇒ロング
  • 短期線が中期線を貫いた(デッドクロス)⇒ショート

RCIは、上記のように短期線を中心に、トレード戦略を立てていきます。

RCIの中期線・長期線は全体の流れを考える時に使います。

<img width=

↑すべてのRCIの線が、高値圏・安値圏にいる場合に同じ向きになったら、強いトレンドが発生する可能性が高いです。

ダイバージェンスも発生する

<img width=

RCIにもダイバージェンス(逆行現象)は発生します。

ダイバージェンスとは、相場の天井・大底に現れる相場の転換を知らせてくれるサインです。

↑のチャートでは、チャートの高値は上がっているけど、オシレーターの高値は下がっているという逆行現象が起きた後、価格は下落しています。

ダイバージェンスについては、↓の記事で詳しく解説しています。

RCIはスキャルピングでも使える

RCIは、スキャルピングでも使うことができます。

トレード戦略は、他のトレードスタイルと同じように考えます。

スキャルピングのような超短期トレードは、外部要因(指標・要人発言など)の影響を受けやすいので注意しましょう!

FXでRCIを使う【3つの注意点・デメリット】

<img width=
  • ダマシも存在する
  • 全体の流れを考える必要がある
  • 高値圏・安値圏に張り付いてしまうことがある

FXでRCIを使う注意点・デメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

ダマシも存在する

RCIも他のオシレーターなどと同じように、ダマシが存在しています。

例えば、短期線が安値圏で上向きになったけど、下落し始めたなどのことがあります。

自分のトレード戦略と違う動きに相場がなったら、すぐに損切りをする癖を付けましょう!

全体の流れを考える必要がある

短期線が上向きなのに、全然相場が上がらない時などがあります。

この場合、RCIの中期線・長期線が下を向いている場合があったり、相場自体が下落トレンドを形成しているなどの状況が多いです。

なので、RCIの短期線のみで判断はせず、チャートの環境認識をしながら、根拠が重なる時のみエントリーするなどのトレード戦略を練る必要があります。

高値圏・安値圏に張り付いてしまうことがある

RCIは、強いトレンド相場の場合、RCIの高値圏・安値圏に張り付いてしまうことがあります。

なので、RCIの短期線が高値圏・安値圏にあるからといって、むやみに逆張りエントリーすると、思わぬ大損をしてしまうことがあるので注意が必要です。

RCI以外のおすすめインジケーター【3選】

<img width=
  • RSI
  • MACD
  • ストキャスティクス

以下で詳しく解説していきます。

RSI

チャートから一定期間の変動幅を抜き出し、それを1本の線に表示するオシレーターのため、【買われすぎ】【売られすぎ】の判断基準として使われています。

1本のRSIラインを元に考えるので、シンプルな作りになっています。

世界的に有名なオシレーターなので、ほとんどのFX会社のチャートに標準搭載されています。

RSIについては、↓の記事に詳しくまとめています。

MACD

MACDとは、【MACDライン】と【シグナル】の2本の線を使って、トレンドの方向性・転換点を考える手法です。

MACDもRSIと同様に世界的に有名なオシレーターです。

MACDについては、↓の記事に詳しくまとめています。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、一定期間の高値・安値を使って【買われすぎ】【売られすぎ】を示すオシレーターです。

2本の線を使って判断しますが、他のオシレーターよりも敏感に反応するので、相場の初動をとらえることができる反面、ダマシにあいやすいというデメリットがあります。

他のオシレーターについて知りたい方は、↓の記事がおすすめです。

RCIが3本使えるオススメ国内FX会社

<img width=

自分が開設したFX会社はRCIが2本までしか出ないんだよな…3本表示できるFX会社はどこなんだろう?

このようにお困りの方がいたので、紹介していきます。

RCIが使えるおすすめの会社は、上記の3社です。

GMOクリック証券

<img width=
  • 20通貨ペアの取引が可能【業界最狭水準のスプレッド】
  • 最低取引単位【1万通貨】
  • スワップポイントが高水準
  • 24時間サポート
  • スキャルピングOK

GMOクリック証券は、超短期トレード~長期トレードまで幅広いトレード手法に対応しています。

しかも、スマホの取引ツールが使いやすく、RCIも3本表示できるので、RCIを使ったスマホ中心のトレードを考えている方におすすめです。

また、GMOクリック証券では、24時間のサポートがあるので困った時にもすぐに解決することができます。

\ FX口座ランキングNo.1 /

外貨ex byGMO

<img width=
  • 24通貨ペアの取引が可能【業界最狭水準のスプレッド】
  • 最低取引単位【1000通貨】
  • MT4が使える(チャートのみ)
  • 24時間の電話サポート
  • 取引数量に応じてPayPayか現金が貰える

外貨ex byGMOは、GMOインターネットグループの会社なので、安心してトレードができます。

銀行のカバー先も多く、信頼できる会社なので、多くのプロトレーダーが使っています。

外貨ex byGMOは、1000通貨の少額からトレードができ、スマホの取引ツールが使いやすいので、スマホのトレードを考えている方におすすめです。

\ 取引数量に応じてPayPayがもらえる /

FXTF

<img width=
  • 30通貨ペアの取引が可能【業界最安値水準のスプレッド】
  • 最低取引単位【1000通貨】
  • MACでも使用できるウェブ版FXTF MT4搭載
  • 有名トレーダーのインジケーターが使える(無料)
  • FXTF Liveで取引履歴をグラフ化

MT4でトレードしたい方は、【FXTF】がおすすめです。

FXTFはMT4を使っているにも関わらず、スプレッドが業界最狭水準のスプレッドに設定されていてかなり使いやすいです。

また、FXTFのMT4は、Macでも使うことができるので、Appleユーザーでも気軽に使うことができます。

\ MT4が使える /

まとめ:RCIを使うことにより高値・安値が分かりやすくなる

<img width=

RCIとは、一定期間の「時間」と「価格」に順位を付けてどのくらいの相関関係があるかを示すオシレーターです。

買われすぎ・売られすぎが分かるので、トレード戦略を練りやすくなります。

また、使い方もシンプルなので、初心者の方でも少し練習すれば簡単に使えるようになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる