MENU
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

無料で使える!FXのMACDの見方・使い方・最強設定値をわかりやすく解説

  • URLをコピーしました!

FXの取引でMACDっていうのが気になるけど、どういうインジケーターなんだろう?無料で使えるのかな?使い方を知りたいな。

実は、【MACD】というインジケーターは、世界的に有名なため、多くのFX会社が供しているチャートに無料で標準搭載されています。

MACD(マックディー)は、2本の線で形成されるため、売買タイミングが分かりやすいという特徴があります。

そのため、初心者にも人気があります。

以下の記事では、MACDの設定値・使い方などについて詳しく解説していきます。

おすすめFX会社【3選】
目次

MACDとは

FX MACD とは

MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、『マックディー』と呼ばれています。

Moving Averageと書いてあるように、移動平均線を応用したインジケーターです。

MACDとは、【MACDライン】と【シグナル】の2本の線を使って、トレンドの方向性・転換点が分かるオシレーターです。

MACDの見方

MACD 見方

MACDを見る時に必要なのは、「シグナル」と「MACDライン」の2つの線が最も大切です。

真ん中にある「0ライン」も重視するポイントになります。

2本の線の向き・交差を変化点として考えていきます。

MACDヒストグラムとは

MACDには、重要な2本の線の他にヒストグラムを表示しているFX会社が多いです。

ヒストグラムとは、棒グラフでデータを視覚的に分かりやすくするための物になります。

MACDヒストグラムの役割は、「シグナル」と「MACDライン」の差を視覚的に分かりやすくするために表示しています。

MACD ヒストグラム

2つの線の広いほど、長いヒストグラムが形成されます。

逆に、2つの線の間隔が狭くなるにつれて、ヒストグラムは短くなるのです。

MACDの計算式

MACDは、移動平均線をベースに考えられていますが、一般的な単純移動平均線(SMA)ではなく、指数平滑移動平均線(EMA)が使われています。

計算式
  • MACDライン⇒短期移動平均線(EMA)-長期移動平均線(EMA)
  • シグナル⇒MACDの単純移動平均線(SMA)

MACD計算式は、上記の通り簡単な計算式で表すことができます。

ヒストグラムは、[MACD線-シグナル]で計算が可能です。

日経平均・仮想通貨にも対応できる

MACDのベースとなっているものは移動平均線なので、日経平均・仮想通貨・コモディティーなど、チャートでトレードができるものは、すべて対応することができます。

各銘柄によっては、多少癖が出てきますが、基本的な考え方は同じように考えることができるので、様々な応用が可能です。

MACDの最強設定値

MACD 最強 設定値

MACDの最強の設定値は、MACDの考案者が考えた数値が最強です。

最強の設定値
  • MACDライン⇒短期【12】・長期【26】
  • シグナル⇒【9】

一般的なFX会社のデフォルト設定では、基本的に最強の設定値になっています。

ディナポリの設定値

人によっては、ディナポリの設定値を使っている人もいます。

ディナポリの設定値
  • MACDライン⇒短期【8】・長期【17】
  • シグナル⇒【9】

短期と長期の数値を短くすることにより、早くトレンドを察知することが可能です。

短くすることにより、ダマシの回数も増えるというデメリットがあります。

MACDの設定値はどちらを使っても、メリット・デメリットが存在します。

なので、自分の手法と相性がいい同じ設定値を繰り返し検証して、癖を把握することが最も稼げる近道になります。

スキャルピングの設定値

スキャルピングの設定値は、スタイルによって変わります。

例えば、1回のトレードが数分かかるなら、最強の設定値がおすすめです。

しかしながら、秒スキャのように数秒単位のトレードをするなら、早くトレード判断ができるディナポリの設定値にしたほうがいいです。

MACDの使い方を分かりやすく解説

FX MACD 使い方 分かりやすく
  • 0ライン
  • ゴールデンクロス・デッドクロス
  • ダイバージェンス

MACDの使い方は、上記の3つを意識します。

詳しく解説していきます。

0ライン

<img decoding=

MACDでは、MACDラインが真ん中の0ラインよりも上なら【買い目線】・下なら【売り目線】で考えます。

そのため、MACDが0ラインを下から上に突き抜ける時に、上昇トレンドが発生するor上昇圧力が強いと判断します。

逆に、0ラインを上から下に突き抜ける時は、下落トレンドが発生or売り圧力が強いです。

ゴールデンクロス・デッドクロス

MACDラインがシグナルラインを下から上に抜いたら【ゴールデンクロス】といい、上昇圧力が強いです。

逆に、MACDラインがシグナルラインを上から下に抜いたら【デッドクロス】といい、下降圧力が強いと考えます。

MACDを使う多くのトレーダーは、ゴールデンクロス・デッドクロスで相場の転換を察知している人が多いです。

勝率

ゴールデンクロス・デッドクロスは、絶対に上がる・下がるものではありません。

勝率は、3~5割ぐらいです。

そのため、闇雲にトレードするのではなく、それ以外の根拠と合わせてトレードするようにしましょう。

ダイバージェンス

ダイバージェンスにより、相場の転換点を考えることができます。

ダイバージェンスとは、実際のチャートとオシレーターの【逆行現象】のことです。

MACD FX ダイバージェンス

チャートで見ると、上記の通り高値更新しているけど、MACDの高値を切り下げています。

ダイバージェンスは、相場の転換点になることが多いので、エントリーポイント・利食いポイントに使います。

ダイバージェンスについては、↓の記事に詳しくまとめています。

【注意】MACDにも「だまし」は存在する

注意 MACD だまし

MACDがゴールデンクロス・デッドクロスだから、絶対に上がる or 下がるものではありません。

「だまし」とは、ゴールデンクロスしたけど下がってしまった・ダイバージェンスだけど、そのまま相場が継続しているなどのことです。

MACDの設定値を長くすることで、だましの数は減りますが、トレード機会も減るので注意ましょう。

【対策】MACD以外の根拠も合わせて考える

MACD単体で取引することも可能ですが、だましにあう可能性が高いです。

そのため、MACD以外の取引根拠も合わせて考えるようにしましょう。

特に、チャートパターントレンド系インジケーターを組み合わせると効果的。

MACDと相性がいいインジケーター【3選】

MACD 相性がいい インジケーター
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

MACDと相性がいいトレンド系インジケーターは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

移動平均線

MACDは、移動平均線をベースに考えられているので、相性は抜群です。

また、移動平均線はシンプルな作りなので、分かりやすく初心者でも使いやすいのが魅力的。

移動平均線については、↓の記事で詳しく解説しています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドも移動平均線をベースに考えられているので、MACDの良さを引き出すことが可能です。

相場のボラティリティを知ることもできるので、MACDと合わせることで、トレンドの強弱が分かりやすくなります。

ボリンジャーバンドについては、↓の記事で詳しく解説しています。

一目均衡表

一目均衡表は、5本の線を使い判断するため、少し難易度が上がりますが、未来の値動きを予測することが可能です。

そのため、MACDでトレンド転換しそうな所と、一目均衡表の抵抗線を組み合わせて考えることで、一歩先にエントリーすることもできます。

そのため、上手く組み合わせることにより、多くの値幅を狙えるのです。

一目均衡表については、↓の記事で詳しく解説しています。

MACD以外の人気オシレーター【3選】

MACD以外 人気 オシレーター
  • RSI
  • RCI
  • ストキャスティクス

MACD以外で人気のオシレーターは、上記の3つです。

詳しく解説していきます。

RSI

チャートから一定期間の変動幅を抜き出し、それを1本の線に表示するオシレーターのため、【買われすぎ】【売られすぎ】の判断基準として使われています。

1本のRSIラインを元に考えるので、シンプルな作りになっています。

世界的に有名なオシレーターなので、ほとんどのFX会社のチャートに標準搭載されています。

RSIについては、↓の記事に詳しくまとめています。

RCI

RCIは短期・中期・長期の3本の線を使って【相場の流れ】【買われすぎ】【売られすぎ】を判断することができます。

日本では最近知られるようになってきましたが、国内のFX会社の中でも搭載していない会社は多いです。

RCIについては、↓の記事に詳しくまとめています。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、一定期間の高値・安値を使って【買われすぎ】【売られすぎ】を示すオシレーターです。

2本の線を使って判断しますが、他のオシレーターよりも敏感に反応するので、相場の初動をとらえることができる反面、ダマシにあいやすいというデメリットがあります。

MACDのよくある質問

MACD よくある質問
  • MT4でMACDを2本表示させるには?
  • 無料で使えますか?
  • スイングトレードでも使えますか?

MACDの上記のよくある質問について、解説していきます。

MT4でMACDを2本表示させるには?

MT4のデフォルト設定では、MACDは、1本しか表示されていません。

そのため、MACDを2本表示したいなら、2本表示できるMACDをインストールすることをおすすめします。

Google検索で「MT4 MACD 2本」で探せば、無料で提供しているサイトがあるので、そこでダウンロードしましょう。

ダウンロード後に、MT4にインストールすれば、MT4でMACDを2本表示することが可能になります。

MT4に外部インジケーターをインストールする方法は、↓の記事が参考にしてください。

無料で使えますか?

MACDは、国内すべてのFX会社で無料で使えます。

また、すべての会社に標準搭載されているので、搭載されている会社を探す必要はありません。

スイングトレードでも使えますか?

MACDは、スイングトレードでも問題なく使えます。

むしろ、短期トレードよりも長期トレードになる方が、だましも少なく安定したトレードが可能です。

設定値も変更する必要はありません。

まとめ:MACDは相場のトレンドを知りたい方におすすめ

まとめ MACD 相場 トレンド おすすめ
  • ゼロライン
  • ゴールデンクロス・デッドクロス
  • ダイバージェンス

MACDでは、上記の変化を見ていれば、OKなので、シンプルで分かりやすいオシレーターです。

相場のトレンドを考えるのに、最適なオシレーターなので、トレンドフォローの手法を使っている人と相性がいいです。

その他のオシレーターは、↓の記事で詳しく解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次