MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXで知っておくべき鉄板チャートパターン【9選】 なかなか勝てない原因も解説

  • URLをコピーしました!

FXでよく出てくるチャートパターンは、どのようなものがあるのだろう?なんで、みんなチャートパターンを覚えるのかな?

相場は、【人間の心理】が作り出しているものです。

なので、必然と似たようなチャートパターンを形成することが頻繁にあります。

鉄板チャートパターンを知っておくことで、取引できる場面が増え、トレードの幅が広がります。

この記事では、FXの鉄板チャートパターンの形・注意点について解説していきます。

チャート分析におすすめ!FX会社【3選】
目次

チャートパターンとは

<img width=

相場には、人間の心理が働いているので、同じようなチャートの形を形成しやすくなります。

この人間の心理を現したものを、『チャートパターン』と言います。

例えば、相場が転換する時には、同じような人間の心理が働き、似たような形になりやすいです。

そのため、鉄板のチャートパターンを知っていることにより、事前に相場の変化を知ることができます。

チャートパターンは2種類ある

<img width=

↑のようにチャートパターンには【継続】【転換】の2種類があります。

なので、パターンを知っておくことで、トレード戦略を立てやすくなります。

FXで覚えるべき鉄板チャートパターン【9選】

<img width=
  1. トレンド
  2. レンジ
  3. ダブルトップ・ダブルボトム
  4. ヘッド&ショルダー
  5. 三角持ち合い
  6. フラッグ
  7. N字
  8. V字
  9. カップアンドハンドル

FXで覚えるべき鉄板チャートパターンは、上記の9つです。

詳しく解説していきます。

トレンド

<img width=
  • 上昇トレンド→高値・安値切り上げの形
  • 下落トレンド→高値・安値切り下げの形

トレンドの形は、上記の2パターンあります。

トレンドは、トレンドラインを引くことにより、分かりやすくなります。

トレンドラインの引き方については、↓の記事で詳しく解説しています。

レンジ

<img width=

レンジ相場とは、一定の値幅で値動きがあることを言います。

抵抗線の近くなど、相場が悩みやすい場所で頻繁に現れます。

相場の【8割】は、レンジ相場です。

レンジ相場の取引方法については、↓の記事で詳しく解説しています。

ダブルトップ・ダブルボトム

<img width=
  • ダブルトップ→高値を2回付けること
  • ダブルボトム→下値を2回付けること

ダブルトップ・ダブルボトムとは、上記の通りです。

このチャートパターンは、トレンド相場の転換期に起こることが多いです。

ダブルトップ・ダブルボトムについては、↓の記事で詳しく解説しています。

ヘッド&ショルダー

<img width=

ヘッドアンドショルダーとは、チャートの天井に現れやすい【トリプルトップ】のチャートパターンことを言います。

相場の転換点で、よく現れる形です。

下落トレンド時、トリプルボトムの【逆ヘッドアンドショルダー】も存在します。

ヘッドアンドショルダーについては、↓の記事で詳しく解説しています。

三角持ち合い

<img width=
  • アセンディング・トライアングル→上昇継続の可能性が高い
  • ディセンディング・トライアングル→下落継続の可能性が高い
  • シンメトリカル・トライアングル→どちらに抜けるか分からない

三角持ち合いは、上記の3パターンあります。

三角持ち合いを抜けると、その後の相場は大きく動く可能性が高いので、非常に重要なチャートパターンです。

三角持ち合いについては、↓の記事で詳しく解説しています。

ペナントは、↓の記事でも解説しています。

フラッグ

  • 上昇フラッグ→上昇継続
  • 下降フラッグ→下落継続

フラッグとは、トレンドの途中で、相場が休止しているときに現れるチャートパターンです。

フラッグのラインを抜けると、前のトレンドを継続する場合が多いです。

ラインを抜けた直後の①でポジションを持つよりも、一回戻ってきた後ライン付近で反発した所②でポジションを持つ方が勝率が高くなります。

フラッグについては、↓の記事で詳しく解説しています。

N字

<img src=

チャートの形がNの形をしているので、【N字】と言われています。

エリオット波動では、【N波動】と呼ばれています。

N字は、『継続』を示します。

Nの最初のトレンドと、次のトレンドは同じぐらいの値幅になりやすいという特徴があり、利益確定の目安としても使われています。

N字については、↓の記事で詳しく解説しています。

V字

<img width=

FXのV字回復は、相場の転換点に起こる、急落したけど、すぐに戻ってくる形のことを言います。

V字回復をするのは、銀行の利食いが買い圧力になるからです。

その理由は、↓の記事で詳しく解説しています。

カップアンドハンドル

<img width=

カップアンドハンドル(カップウィズハンドル)とは、チャートの形が取手のついたコーヒーカップの形に似ていることから名づけられました。

相場の大底で発生しやすい形で、相場の転換を表すチャートパターンです。

カップアンドハンドルについては、↓の記事で詳しく解説しています。

FXでチャートパターンを使っても勝てない【3つの原因・注意点】

<img width=
  • 環境認識ができていない
  • 形が完成していない
  • 固執しすぎている

FXのチャートパターンを使っていても勝てない人は、上記の3つが原因です。

詳しく解説していきます。

環境認識ができていない

チャートパターン通りにしても、ダマシにあうことがあります。

例えば、長期足で強い上昇トレンドが発生している場合に、短期足でヘッドアンドショルダーが発生しても、上がってくる場合があります。

環境認識ができていれば、引っかからないダマシも多いです。

環境認識については、↓の記事で詳しく解説しています。

形が完成していない

チャートパターンを学んでいると、『この形になりそうだな』とか思い、チャートパターンが完成する前に、ポジションを持ってしまう場合があります。

成功する場合もありますが、再現性がないので、大抵の場合、失敗します。

昔から『待つのも相場』と言いますが、形が完成するまで待ってから入ることにより、長期的に勝てるようになります。

固執しすぎている

チャートパターンが完成した後、形に固執しすぎると、損切りのタイミングを逃すことがあります。

例えば、ヘッドアンドショルダーが形成しているからといって、必ず下がるとは限りません。

どんなチャートパターンでも、損切りポイントは、エントリー前に決めておきましょう!

チャート分析におすすめFX会社【3選】

<img width=
  • GMOクリック証券
    ↳スマホでチャート分析ができる
  • FXTF
    ↳MT4が使える
  • みんなのFX
    ↳Trading Viewが使える

チャート分析におすすめなFX会社は、上記の3社です。

詳しく解説していきます。

GMOクリック証券

<img width=
  • FX取引高世界1位
  • スマホアプリが使いやすい
  • スキャルピングOK

GMOクリック証券は、スマホのアプリが使いやすいので、PCがなくてもチャート分析が可能です。

大口の取引にも対応しているので、多くのプロトレーダーが使っています。

また、24時間サポートがあるので安心して取引ができます。

\ スマホアプリが使いやすい /

FXTF

<img width=
  • 1000通貨から取引ができる
  • MT4が使える(Mac対応)
  • 有名トレーダーのインジケーターが無料で使える

FXTFでは、世界中の多くのプロトレーダーが使っているチャートソフト【MT4】を使うことができます。

通常のMT4はWindows環境でしか使うことができませんが、FXTFのMT4はMacに対応しています。

また、多くの有名トレーダーが使っているインジケーターも【無料】で使うことができるので、おすすめです。

\ MT4が使える /

みんなのFX

<img width=
  • 1000通貨から取引ができる
  • Trading Viewが使える
  • 初心者に人気の会社

近年人気が出てきている【Trading View】を使いたい方は、みんなのFXがおすすめです。

Trading VIewは、MT4よりも細かい設定などができるという特徴があります。

みんなのFXは、無料のオンラインセミナーがあるなど、使いやすいので初心者に人気があるFX会社です。

\ Trading Viewが使える /

まとめ:鉄板チャートパターンは必ず覚えるべき

<img width=
  1. トレンド
  2. レンジ
  3. ダブルトップ・ダブルボトム
  4. ヘッド&ショルダー
  5. 三角持ち合い
  6. フラッグ
  7. N字
  8. V字
  9. カップアンドハンドル

FXのチャートで必ず出てくる鉄板チャートパターンは、上記の9つです。

鉄板チャートパターンを覚えることにより、取引できる場所が増えたり、戦略の幅が広がるので、必ずおぼえましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる