MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXトレンドラインの引き方・手法・注意点を徹底解説【トレンドラインだけで勝てる】

  • URLをコピーしました!

FXのトレンドラインとは、何だろう?引き方・使い方を知りたいな。

FXのトレンドラインとは、相場の高値や安値を結んで、斜めの線を引くことにより、上昇圧力が強い(上昇トレンド)・下落圧力が強い(下落トレンド)を視覚的に分かりやすくするものです。

トレンドラインを引くことにより、トレンドの継続・転換が分かりやすくなります。

以下の記事では、トレンドラインの引き方・使い方について詳しく解説しています。

おすすめFX会社【3選】
目次

トレンドラインとは

<img width=

トレンドラインとは、上昇相場・下落相場などの相場の傾向を視覚的に判断するためのものです。

右肩上がりの相場なら『上昇トレンド』・右肩下がりの相場なら『下落トレンド』という風に判断します。

また、トレンドラインを引いておくと、そのラインが抜けるまで同じような角度で相場が動きやすく、ラインまで価格が戻ってくると反発する可能性があります。

トレンドライン【3つのメリット】

<img width=
  • 相場のトレンドが分かる
  • トレンドラインの角度で相場の強さ分かる
  • トレンド転換が分かりやすい

トレンドラインを使う3つのメリットは、上記の通りです。

詳しく解説しています。

相場のトレンドが分かる

トレンドラインを引くことにより、相場のトレンドが視覚的に分かりやすくなります。

トレンドが視覚的に分かれば、トレンドに逆らった無駄なトレードは減り、戦略がブレなくなります。

また、トレンドラインは、サポートライン・レジスタンスラインとしての機能もあるので、割り込まない限りは、同じ戦略で闘うことができます。

トレンドラインの角度で相場の強さ分かる

<img width=
  • 急角度→強い相場
  • 緩やかな角度→弱い相場

↑トレンドラインの角度を見ることにより、相場のボラティリティの強さが分かります。

トレンド転換が分かりやすい

トレンドラインを抜けると、『相場転換した可能性がある』という明確な基準ができます。

なので、一旦ポジションを閉じて、様子見をすることができます。

しかし、トレンドラインなどの基準がないと、トレンド転換が分からずに、目線に固執してしまい、大損してしまう可能性があります。

トレンドライン【引き方】

<img width=

トレンドラインの引き方について詳しく解説していきます。

上昇トレンド

上昇トレンドの場合、トレンドラインは目立つ安値のヒゲを結びます。

下降トレンド

<img width=

下落トレンドの場合は、目立つ高値のヒゲを結んでいきます。

トレンドラインを引くコツ

<img width=

トレンドラインを引いていると、何パターンか引けて、どれが正解か分からなくなる時があります。

トレンドラインを引くコツは、反発している回数が多い意識されているラインに引くようにします。

何回も反発している分だけ、効果があるトレンドラインと判断することができます。

↑の画像でいうと、2番に引くのがおすすめです。

【補足】相場によっては引き直すこともある

トレンドラインを引いていると、途中でラインを引き直すことがあります。

↑の画像を見ていただければ分かりやすいと思いますが、下落トレンドが始まった最初の頃は、①でトレンドラインを引く人が多いです。

しかしながら、しばらくすると、相場が①のトレンドラインよりも、②のトレンドラインの方が意識されているのが分かります。

なので、途中で意識しているトレンドラインに引き直す必要があります。

トレンドライン【使い方・手法】

<img width=

トレンドラインの使い方・手法について詳しく解説しています。

上昇トレンド【押し目買い】

上昇トレンド時の戦略は、トレンドラインを基準にして、押し目買いを狙っていく方法です。

押し目買いをすることより、トレンド中の安値で買い、次の反発を狙うことができます。

押し目買いとは、上昇トレンド中に下がってきた時に買うこと(ロング)を言います。

下降トレンド【戻り売り】

下降トレンド時の戦略は、トレンドラインまで戻ってきたところを狙う戻り売り戦略が有効です。

トレンドラインまで戻ってきたところを売ることにより、次の下落を狙うことができます。

戻り売りとは、下落トレンド中に上がってきた所を売ること(ショート)を言います。

ラインブレイク手法

トレンドラインをブレイクした=トレンド転換の可能性が高いので、ブレイクした方向にトレードすることをラインブレイク手法と言います。

ラインブレイク手法では、ブレイクした瞬間は狙わず、リターンムーブ(戻り)を確認してからポジションを取っていくのがリスクが少なくおすすめです。

なぜならば、ラインブレイクした後は、一度抜けたラインを試しに来るという値動きがよくあるからです。

ラインブレイクしたと見せかけて、すぐにトレンドライン上に戻ってくるダマシという値動きもあります。

トレンドライン【注意点】

<img width=
  • 不要なトレンドラインは消す
  • 初動では引かない
  • トレンドラインを抜けたら損切りを徹底する

FXでトレンドラインを使う時の、注意点は上記の3つです。

詳しく解説しています。

不要なトレンドラインは消す

不要なトレンドラインはすぐに消すようにしましょう!

なぜならば、トレンドラインがたくさんあると、判断に迷いが生じることがあるからです。

また、無駄な取引が増えてしまうことにもつながるので、あまり効果がないトレンドラインは消すようにしましょう!

初動では引かない

初動でトレンドラインを引いてしまうと、角度が急になりすぎて、トレンドラインとしての意味がありません。

なので、しっかりとした押し目・戻りを確認してからトレンドラインを引くようにしましょう!

トレンドラインを抜けたら損切りを徹底する

トレンドラインを抜けたら、損切りを徹底しましょう!

なぜならば、トレンドラインを抜けたら、リターンムーブせずに、そのままトレンド転換をしてしまうことがあるからです。

もし、リターンムーブをしたら損切りという戦略を持っていたら、大損してしまいます。

まとめ:トレンドラインならトレンド継続・転換が分かりやすくなる

<img width=
  • トレンド継続
  • トレンド転換
  • 相場の勢い

トレンドラインを引くことにより、上記の3つが分かるようになります。

  • 上昇トレンド→押し目買い
  • 下落トレンド→戻り売り
  • ラインブレイクからのトレンド転換を狙う

トレンドラインを使った戦略は、↑の3つが挙げられます。

トレンドラインは、引き方にコツが必要ですが、少し練習すると簡単に引くことができ、トレンドラインのみで勝っているトレーダーもいるので、トレードには必要なテクニカル分析です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる