MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

【2022年】コスパ最強!初心者におすすめのデイトレード用ノートパソコンを徹底解説

FX デイトレード ノートパソコン 初心者
  • URLをコピーしました!

トレード用ノートパソコンを買おうと思うけど、どんなパソコンが良いのだろう?高いパソコンじゃないといけないのかな?

初心者がデイトレードで使うノートパソコンは、3~4万円の安い物でも問題ありません。

なぜならば、FXはスマホでもチャート分析・取引ができるくらい低スペックで操作が可能だからです。

しかしながら、「プロトレーダーのように複数の画面を使いたい」「トレードをしながら別の作業をしたい」など、PCに高負荷がかかることをする場合は、最低でも8~10万円ぐらいのパソコンが必要になってきます。

Macの購入を考えている方もいると思いますが、今から購入するなら、できるだけWindowsのノートパソコンを購入しましょう。

この記事では、Windowsノートパソコンが良い理由・用途別ノートパソコンの性能・金額について詳しく解説していきます。

目次

初心者のデイトレード用ノートパソコンは安いのでOK!

初心者 デイトレード ノートパソコン 安い

FXと言うと、リアルタイムでチャートが動くので、高性能なノートパソコンが求められているように感じてしまいますが、デイトレードだけに使うなら、3~4万円ぐらいの格安ノートパソコンで問題ありません。

実際に私も、初心者の時はの4万円のDellノートパソコンを使っていて、トレードは問題なくしていました。

必要スペック

スクロールできます
OSWindows 8.1
Windows 10
Windows 11
Mac OS 10.9以上
CPUWindows
2.33GHz以上のx86互換プロセッサ
(ネットブックではインテル®Atom™ 1.6GHz以上のプロセッサ)
Mac
64ビット Intelプロセッサ
メインメモリWindows
1GBのシステムメモリ以上
Mac
2GB以上
ディスプレイ解像度1024×768 色32ビット 以上

初心者に人気が高いGMOクリック証券で必要とされているノートパソコンのスペックを参考にすると、上記の通り低スペックでも問題なく動きます。

格安ノートパソコンに搭載されているCeleron・PentiumでもOKです。

他社でも似たり寄ったりなので、デイトレード専用のノートパソコンは安いので問題ありません。

しかしながら、数年前の格安ノートパソコンだと対応できない場合があるので、最新のノートパソコンを購入しましょう。

MT4を使いたい場合の必要スペック

スクロールできます
CPUPentium 1GHz
(推奨:2GHz以上)
メインメモリ512MB以上
(推奨:1GB以上)
ディスプレイ800x600以上
(推奨:1024x768)

FXTFが提唱している、MT4を使いたい場合の必要スペックは、上記の通りです。

MT4とは、多くのプロトレーダーも愛用している、高性能な取引ツールのことです。

MT4は、Windows環境でしか使えないので、Macを使いたい人は、注意が必要ですが、のMT4は、Macでも使えるので、人気があります。

複数モニターを使いたいならスペックは重要

複数モニターを使いたいなら、格安ノートパソコンではスペックが足りません。

そのため、CPUは最低でもCorei 3以上・メモリ8GB以上必要です。

価格で言うと、6~8万円以上のパソコンを使う必要があります。

モニターは、1~2万円ぐらいで買うことができます。

私は、iPadをモニターとして使っています↓

スキャルピングもしたいなら高スペックノートパソコンを選ぶべき

スキャルピング 高スペック ノートパソコン 

スキャルピングもしたいなら、格安ノートパソコンでは性能が足りません。

スキャルピングの場合、数秒の遅れで損益が大きく変わってしまいます。

ティックチャートや1分足を見ながら取引をするため、リアルタイムで表示させなければいけません。

そのため、ノートパソコンのCPU・メモリは、最も重要なチェック項目になります。

  • CPU⇒パソコンの頭脳・性能が良いと処理スピードが上がる
  • メモリ⇒一時的に情報を貯める場所

また、トレードをしながら、同じパソコンで色々な作業をする人は、CPU・メモリーをこだわる必要があります。

スキャルピングに必要なスペック

スペックが足りていないと、頻繫に画面が止まってしまうので、CPUはcore i5・RYZEN 5ぐらいは必要になります。

予算を抑えたいならcore i3/RYZEN3でも問題ありませんが、なるべくPC上で他の作業をしないようにした方がいいです。

メモリは、8GB以上必要になります。

使っているパソコンで他の作業をしたいならば、16GBぐらいあった方が安心できます。

通信環境も整えるべき

スキャルピングでは、ノートパソコンの性能以上に、通信環境が大切です。

通信環境が悪く1秒チャートの更新が遅れただけで、損益は大きく異なってしまいます。

そのため、スキャルピングで取引したい場合は、不安定なWi-Fi環境よりは、安定していて早い有線環境でトレードすることがおすすめです。

もし、ノートパソコンに有線LANの差し込み口がない場合は、アダプターを使うことで解決することができます。

2022年デイトレード初心者におすすめ!最強ノートパソコン【5選】

FX デイトレード 初心者 おすすめ 最強 ノートパソコン
  • 20万円台
    ↳動画編集などの作業もしたい方
  • 10万円台
    ↳スキャルピングもしたい方
  • 7万円台
    ↳ストレスなくデイトレードしたい方
  • 3万円台
    ↳デイトレードのみしたい方
  • Mac
    ↳Appleユーザーの方
  • ゲーミングノートパソコン
    ↳ゲームもしたい方

デイトレードにおすすめのノートパソコンを、上記の目的別に1つずつ詳しく解説していきます。

FXだけをするなら、金額が高い高スペックなノートパソコンはいりません。

金額が高ければ、高性能ですが、目的を考えてノートパソコンを買わないと、宝の持ち腐れになって損してしまいます。

20万円台のノートパソコン

20万円台のノートパソコンは、トレード+動画編集などをしたい方におすすめです。

10万円台だと、動画編集などの高負荷をかけながらトレードすると、チャートが固まるなどのことがありますが、20万円台のノートパソコンなら問題なくトレードができます。

また、5年ぐらい使うことも可能なので、長期間、同じパソコンを使いたい方におすすめです。

10万円台のノートパソコン

スキャルピングもしたいなら、10万円以上のノートパソコンがおすすめです。

10万円を超えるノートパソコンは、ある程度の負荷に耐えることができるので、サクサク動きます。

YouTubeなど動画を観ながら、トレードしても問題ありません。

また、3年以上使っても問題がないので、コスパ的には最強です!

7万円台のノートパソコン

  • 別モニターを使いたい
  • トレード中に他の作業もしたい

上記に当てはまる方は、7万円台のノートパソコンを選びましょう!

7万円台のノートパソコンなら、Intel Core i5が使えるなど、スペック的に不自由なく、トレードをすることができます。

高負荷をかけなければ、トレードをしながら仕事もすることが可能です。

3万円台のノートパソコン

デイトレードだけなら、3万円台の格安ノートパソコンでもOKです。

格安ノートパソコンを購入する際は、型落ちではなく、1~2年以内に発売されたものを選ぶことが重要です。

5年以上前の古い機種だと、最新のトレードツールが正常に作動しない場合があります。

AppleユーザーにおすすめのMac

FXをしたいなら、Windowsがおすすめですが、Appleユーザーの方は、Macの方が便利なので、Macにしましょう。

性能的には、proの方が上ですが、FXをするならMac book airでも、十分すぎるほどの性能です。

Windows環境しか対応していない検証ソフト・取引ツールもあるので、parallels社のParallels Desktop for Macなどを使ってWindows環境を整える必要があります。

ゲーミングノートパソコン

ゲームもしたいという方には、ゲーミングノートパソコンもおすすめです。

値段も高いですが、スペックを考えると申し分がないので、近年人気があります。

しかしながら、ゲーミングノートパソコンは、大きく、重いので持ち運びしたいなら、おすすめはできません!

ノートパソコンで使える!おすすめモニター【3選】

ノートパソコン モニター FX
  • 画面が大きいサイズ
  • 画面が普通サイズ
  • 持ち運びができるタイプ

ノートパソコンで使えるおすすめのモニターをサイズ・用途別に解説していきます。

モニターは必須ではないですが、大きな画面でチャート分析ができるので、便利です。

画面が大きいサイズ

作業スペースが広く、大画面のモニターで、トレードをしたいなら27インチがおすすめ。

値段も2万円前後で買え、保証期間も長いので、HPの液晶モニターは評判がいいです。

画面が普通サイズ

家でトレードをする時に、モニターが別に欲しいとお考えの方は、21.5インチのモニターがおすすめです。

21.5インチなら場所も、広く取らないので、使いやすいです。

値段も1万円ぐらいで、作業効率が上がるので、コスパ的には最強!

持ち運びができるタイプ

外出先でも、モニターを使いたいなら、持ち運びができるタイプがおすすめです。

13.3インチなら、カバンにも入り、画面の小ささで不便に思うこともありません。

重さも560gなので、気軽に持ち運びができます。

FXのノートパソコンのよくある質問

FX ノートパソコン デイトレード よくある質問
  • 画面の大きさについて
  • WindowsとMacについて
  • 検証ソフトについて
  • 経費について
  • 中古のノートパソコンについて

デイトレード用のノートパソコンを買う際の疑問をまとめました。

詳しく解説していきます。

画面の大きさについて

ノートパソコンの画面の大きさは、13.3インチ以上は必要です。

チャート分析する際に、1つの画面に4つチャートを表示させる場合、11インチだと、1つ1つのチャートが小さくて、分析をするには、1回1回拡大しなければいけません。

トレード画面は、大きい方がチャートが見やすく、使いやすいです。

しかし、持ち運びをするのならば、15インチだと重いし、カバンに入らないこともあるので、13.3インチのノートパソコンがおすすめ。

WindowsとMacについて

もし今、アップルユーザーじゃないなら、MacではなくWindowsのノートパソコンを買うことをオススメします!

なぜならば、Macのノートパソコンだと少し制約があるからです。

  • Macに対応していない証券会社がある
  • Macに対応していない検証ソフトがある
  • 使えないインジケーターがある

上記のように、Macだと不便な面があります。

未だにWindowsユーザーの方が世界中では多いので、トレード用ノートパソコンを買うのならば【Windows】のノートパソコンを買うべきです!

検証ソフトについて

FXの検証ソフトは、上記の2つが有名ですが、FXのトレードができる環境なら、格安ノートパソコンでも検証ソフトを使うことができます。

しかしながら、検証ソフトの検証結果などの保存は、PCの容量を多くとるため、容量が少ないパソコンだと、すぐに重くなってしまうので、注意が必要です。

格安ノートパソコンの場合は、外付けハードディスクに保存することがおすすめです。

経費について

FXで使用するパソコンは経費になります。

経費は、自分で確定申告で申告する必要があります。

ノートパソコン代をすべて経費で落とせるわけではなく、使用状況に応じて、自分の判断で経費で落とす金額を変更する必要があります。

例えば、ノートパソコンの使用状況がプライベートとFXで半々だった場合、代金の50%を経費として計上します。もちろん、FX専用のノートパソコンなら、代金のすべてを経費で計上することができます。

中古のノートパソコンについて

中古のノートパソコンは、スペックなどを考えると安いので、選んでしまいがちですが、中古のノートパソコンは、セキュリティー面を考えると、おすすめできません。

なぜなら、中古のノートパソコンは、誰かの手に一度渡っているため、PC内に何か仕込まれている可能性があるからです。

特に、FXなどのお金の取引をするので、盗み見・パスワードの漏洩などのリスクにつながります。

そのため、中古のノートパソコンよりも、なるべく新品のノートパソコンを購入するべきです。

まとめ:安いノートパソコンでも取引できる

まとめ 安い ノートパソコン FX デイトレード

デイトレードだけしかしないなら、3万円台の安いノートパソコンでも問題はありません。(直近1年前後に発売された物がベスト)

しかしながら、デイトレードをしながら別の作業をしたり、別モニターを使ってトレード・スキャルピングなどをしたいなら高付加にも耐えられる7万円以上のノートパソコンにしましょう!

最初から、高スペックのパソコンを買ってもいいですが、自分の作業に応じて、高スペックのパソコンにグレードアップしていく方が、損することは少ないです。

ノートパソコン以外にFXで必要な物は、⇓の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次