MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。現在32歳です。趣味でリゾートバイトをして全国を巡りながらトレードをしている兼業トレーダーです。
FX会社ランキング
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
自動売買におすすめ

【必勝パターン】FXのダブルトップ・ダブルボトムの見つけ方!【だましを防ぐ方法】

FXのダブルトップ・ダブルボトムって何だろう?稼げるのかな?

実は、トレードで【ダブルトップ】【ダブルボトム】は超重要です!

なぜならば、トレンド転換の時に、『必ず』と言っていいほど現れるので、世界中のトレーダーが注目している形だからです。

この記事では、【ダブルトップ】【ダブルボトム】の見つけ方・だましの回避方法について詳しく解説していきます。

おすすめFX会社【3選】
  1. GMOクリック証券
    ↳FX会社ランキング【No.1】・スキャルピングOK

  2. ↳取引ツールが使いやすい
  3. DMM.com証券
    ↳取引に応じてポイントが貯まる
目次

ダブルトップ・ダブルボトムとは

<img width=

ダブルトップ・ダブルボトムとは、トレンド転換の合図です。

なので、世界中のトレーダーがこの形に注目しています。

使い方としては、利益が乗っていれば利食いのタイミングですし、逆張りのタイミングです。

また、過去のダブルトップ・ダブルボトムの高値・安値は抵抗に使われることも多いです。

そのため、ポジションを持ったら逆に行ってしまうことが少なくなります。

ダブルトップ・ダブルボトムの見つけ方・特徴

<img width=

ダブルトップ・ダブルボトムの形・特徴を詳しく解説していきます。

ダブルトップ・ダブルボトムの形

<img width=
  1. 前の高値・安値と同じぐらいでストップして下がる
  2. 高値を切り下げる・安値を切り上げる
  3. 前の高値を少し割ってから下がってくる・前の安値を少し割ってから上がってくる

ダブルボトム・ダブルボトムの形は、上記の3パターンあります。

ダブルトップ・ダブルボトムの見つけ方【実例】

ダブルトップ・ダブルボトムは、【相場転換の合図】なので、見つけ方は簡単です。

  • ダブルトップ⇒高値圏で起こると転換の確立が高い
  • ダブルボトム⇒安値圏で起こると転換の確立が高い
<img width=

↑のドル円チャートを見ていただければ分かりやすいと思いますが、ダブルトップをした後に反落しています。

また、ダブルボトムを作った後に今度は逆に反発しています。

<img width=

↑のポンド円のチャートでもしっかりと反発しています。

これ以外のチャートでも、ダブルボトム・ダブルトップという形が起こると、トレンド転換しています。

過去ダブルトップ・ダブルボトムは抵抗で使われる

<img width=

⇑青いラインを見ていただければ分かりやすいと思いますが、過去のダブルトップ・ダブルボトム等抵抗で使われたラインは未来でも使われる可能性が高いです。

なので、過去のダブルトップ・ダブルボトムも相場を考える際には必須となってきます。

ダブルトップ・ダブルボトムのエントリー方法

<img width=
  • 直近の安値・高値付近
  • 終わり足ベースで直近の高値・安値で反発している
  • 終わり足ベースのローソクの形
  • 短期移動平均線を終わり足ベース抜いたら

【ダブルトップ】【ダブルボトム】のエントリーパターンは、上記の4種類あります。

詳しく解説していきます。

前の安値・高値付近

<img width=

ポンド円のこのチャートは前の安値付近で、キレイに反発しています。

⇑しかしながら、ドル円のチャートは終わり足ベースで反発はしていますが、しっかりと前の安値を割ってきてから反発しています。

このようにキレイではないパターンもあります。

こういう一回安値・高値を割ってから反発パターンもありますので、ポジションは全力で持たないほうが良いです。

ナンピンする時は、短期足を見て反発をしたところ・抵抗があるところでナンピンした方が確立が高まります。(ex日足を見ていたら4時間とか1時間足)

終わり足ベースで反発している

終わり足の反発(陽線)を見てからエントリーした方が安全にトレードができます。

少し上がってしまうので、もったいない気がしますが、安値・高値を割ってズルズル価格が伸びて、大損する可能性もあります。

終わり足ベースで直近の安値・高値で反発したらエントリーする方が結果的には効率がいいです。

終わり足ベースのローソク足の形

終わり足ベースのローソク足の形を見るのも大事です!

特に、ローソク足の【ヒゲの長さ】には注意しましょう!

短期移動平均線をローソク足の終わり足ベースで抜いたら

<img width=

↑のチャートのように、一度反発しても短期移動平均線を抜けられずに下がるパターンもあります。

なので、慎重な方は終わり足ベースで短期移動平均線を抜いたらポジションを持つことがおすすめです。

ダブルボトムについて解説してきましたが、ダブルトップは、ダブルボトムの逆を考えればOKです!

損切りタイミング

損切りは、自分が立てたプランが崩れた時にします。

例えば、直近の安値を割らないと考えていた時は、直近の安値を割ったら損切りします。または、終わり足ベースで直近の安値を割ったら損切りします。

エントリー時点で、損切りポイントを決めておくようにしましょう!

ダブルトップ・ダブルボトムのだまし対策

<img width=
  • 長期足の流れに従う
  • 他の手法と組み合わせる
  • 優位性がある所でエントリー

【ダブルトップ】【ダブルボトム】のだまし対策は、上記の3つあります。

詳しく解説していきます。

長期足の流れに従う

<img width=

ダブルトップ・ダブルボトムは長期足の流れを見ながらトレードすると、だましに引っかかる可能性が低くなります。

上記のチャートでは、日足の流れは上昇トレンドなので、下位足の安値圏のダブルボトムは勝率が上がります。

また、この例で言うと、日足の直近の安値圏・移動平均線の抵抗(60SMA)・149.00の抵抗という根拠が重なっているので、このダブルボトムの勝率はかなり高いです。

しかも、損切りポイントは、149.00割れに設定すればいいので、デイトレードは、やりやすい場面です。

他の手法と組み合わせる

ダブルトップ・ダブルボトムは【相場の転換点】を現わすのですが、これだけの根拠では、だましに引っかかる可能性が高いです。

なので、他の【相場の転換を現わす手法】と組み合わせることにより勝率が上がります。

チャートの優位性のある位置

  • ダブルトップ⇒相場の高値圏
  • ダブルボトム⇒相場の安値圏

【ダブルトップ】【ダブルボトム】の優位性がある位置は、上記の通りです。

これ以外の場所で出ても優位性が低く、だましに合う可能性が高まります。

まとめ:ダブルトップ・ダブルボトムは【トレンド転換の合図】

<img width=

ダブルボトム・ダブルトップは【トレンド転換の合図】!!

ダブルトップ・ダブルボトムの3つのパターンは必ず覚えましょう!

  • ダブルトップ⇒相場の高値圏
  • ダブルボトム⇒相場の安値圏
  • 終わり足ベースで反発している
  • 終わり足ベースのローソクの形
  • 短期移動平均線を終わり足ベース抜いたら

優位性があるエントリーの目安は、上記の通りです。

損切りは、自分が立てたプランが崩れた時です。

ダブルトップ・ダブルボトムが出た時でも、長期足ベースで相場が強い場合は、ダマシに合うことが多いので、トレードはしない方が良いです。

相場の強弱の判断は、移動平均線のパーフェクトオーダーがおすすめです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる