MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

ローソク足の十字線だけで相場を極めることができる【十字線は相場転換の合図】

  • URLをコピーしました!

ローソク足の十字線はどういう形のことを言うのだろう?知っていると稼げるようになるのかな?

ローソク足の十字線の種類は【5パターン】あります。

実は、十字線を見ることができれば、【相場の転換点】をいち早く知ることができます。

この記事では、ローソク足の十字線の見方・使い方について詳しく解説していきます。

ローソク足の十字線の使い方が分かれば、トレードの勝率が上がりますし、人よりも早くポジションを持つことが可能です。

目次

十字線とは

<img decoding=

ローソク足の十字線とは、1つのローソク足が始まった値段(寄り付き値)・1つのローソク足が終了した値段(引け値)が同値となるものです。

例えば、100.00円で1時間足が始まったら、1時間後に100.00円で終われば、十字線になります。

基本的に、十字線は【相場転換】として考えられています。

高値圏・安値圏の十字線に意味がある

高値圏・安値圏に出る十字線は相場転換の可能性が高いです。

しかしながら、その他の場面で出た十字線は『相場の悩み』を表しているため、あまり大きな意味はありません。

高値圏・安値圏は目立つ高値・安値を基準にすると良いです。

直近の目立つ高値・安値に水平線を引いておくと便利です。

ローソク足の十字線は5パターンある

<img decoding=

ローソク足の十字線は、上記の5パターンがあります。

以下で詳しく解説していきます。

①十字線

<img decoding=

上髭と下ヒゲが同じくらい長いものを言います。

これが出ると相場の転換を考えます。

上髭と下ヒゲが同じくらいということから、相場が悩んでいるのがわかります。

相場の転換点としてみますが、上昇相場なら上昇が加速することもあります。下落相場なら下落が加速する可能性もあります。なので、注意が必要です。

②トンカチ

<img decoding=

上髭がなく、下ひげが長いものを言います。

トンカチは安値圏で出ると反発し、高値圏で出ると反落します。

③トンボ

<img decoding=

上髭もあるが、下ヒゲが極端に長い形。

上髭があることから、少し上昇に対しての迷いが見て取れます。

安値圏で出ると反発、高値圏で出ると反落を考えます。

<img decoding=

高値圏では主に逆トンボの形を多く見ます。

④トウバ

<img decoding=

上髭が極端に長く、下ひげのない形。

買い手の心理として、失望感があります。

安値圏で出ると反発、高値圏で出ると反落になります。

⑤一本線

<img decoding=

ヒゲがまったくない。

寄り付き値が引け値の形。

相場は、完全に様子見の形です。

相場の転換点は近い。または、相場の加速の前によく出ます。

相場のパワーが溜まった形とも言えます。

十字線と相性がいい手法・理論

<img decoding=

十字線と相性がいい手法・理論について解説していきます。

十字線単体だと、ダマシなどにあう可能性が高いですが、その他の手法・理論を知っておくことで、ダマシに合う確率が減ります。

移動平均線

私は、移動平均線を使う手法なのですが、下髭の長いトンカチで底を特定し、移動平均線の流れを見ながらエントリータイミングを計ることができます。

利食いは同じように、トンボや上髭の長さで判断することが可能です。また、ここで逆張りをするという選択肢もあります。

簡単に判断できる手法は【パーフェクトオーダー】です⇓

ダウ理論

ダウ理論とは、6原則からなっている相場の理論のことです。

ダウ理論は『相場の本質』とも言われているぐらい重要な理論なため、世界中の多くのトレーダーが学んでいます。

ローソク足の十字線と組み合わせる事により、相場の転換点がより明確に分かりやすくなります。

ダウ理論については、↓の記事で詳しく解説しています。

グランビルの法則

グランビルの法則とは、移動平均線と価格の動きから、ロング(買い)・ショート(売り)を判断する理論です。

ダウ理論のエントリーポイントを探す際に役に立ちます。

グランビルの法則については、↓の記事で詳しく解説しています。

エリオット波動

エリオット波動とは、相場は、上昇も下落も『5波で推進し、3波動で修正する』という理論で、相場は『フラクタル構造』なので、大きな相場の中には、小さな同じエリオット波動を形成していると考えています。

エリオット波動を使うことにより、相場の流れ・利確目標などが明確になります。

エリオット波動については、↓の記事で詳しく解説しています。

十字線のダマシに注意

<img decoding=

十字線も必ず教科書通りになるわけではありません。

<img decoding=

上記のチャートのように、底だと考えていたところで、十字線が出たので、髭の下値を割ってくることもあります。

または、上昇途中で2つの十字線があるので、ダブルトップにみえてしまい、売り目線で考えるので、ダマシに引っかかることもあります。

上記のチャートは、上昇トレンドに見えますが、大きな目線でみたら下値圏でダブルトップが発生しています。なので、結果的にダマシになっています。

ダブルトップの勝率上げ方は↓の記事を参考にしてください。

まとめ: ローソク足の十字線は相場転換の合図

<img decoding=

ローソク足の十字線は【相場の転換】の合図です。

しかし、必ず転換の合図になるとは限りません!

十字線単体で考えるのではなく、他の根拠と組み合わせることで確立を上げていきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次